ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Wombridge Canal - Wikipedia
ワムブリッジ運河 (Wombridge Canal)

ワムブリッジ運河はイングランドのシュロップシャー州にあった タブ・ボート運河であり、 この地帯の石炭と鉄鉱石を溶鉱炉に運び、ここで鉄が抽出された・


ロックワーディン・ウッドの埋められた
運河にかかる橋の残骸、1963 年
  1. 歴史
  2. 凋落
歴史
シュロップシャー・タブボート運河網

鉄鉱石と石炭はワムブリッジの教会の近くで採掘された。 これをドニントン・ウッド (Donnington Wood) の溶鉱炉に輸送するために、 ウィリアム・レイノルズは 1787 年にタブ・ボート運河の建設を始めた。 これは 1788 年に £1,640 のコストで完成し、 長さが 1.75 マイル (2.82 km) で、溶鉱炉とドニントン・ウッド運河の両方に接続した。 運河の奇妙な造作は教会の近くで建設されたトンネルである。 建設するための明白な理由がなく、 地元の地主たちを慰めるために建設されたと思われている。 別の特徴は鉄の橋で、部品に分けて建設され、この橋の上でティーグス・ブリッジ・レーンが 運河を越えていた。

1792 年に議会法により、シュルーズベリー運河会社が創設され、 ワムブリッジからシュルーズベリーまでの運河を建設する権力が与えられた。 会社は 1,848 ヤード (1.690 km) の運河の用地を £840 のコストで購入した。 この経費は建設のコストよりもずいぶん少なかったが、 レイノルズは新しい会社の株主で、理事でもあった。 議会法は彼自身による内的な交通の通行料を明確に免除していた。

新しい会社はワムブリッジ運河から シュルーズベリー運河に降下するタブ・ボートを輸送するための インクラインを建設した。 インクラインは長さが 243 フィート (74 m) で、75 フィート (23 m) 降下し、 二基の鉄道軌道から構成され、各軌道には一台のクレードル (かご, cradle) が用意され、 1 隻のタブ・ボートを運んだ。 動力はコールブルックデール会社によって供給されたエンジンを使用した。 このエンジンは 1842 年に新しいエンジンと交換され、 交換されたエンジンは 79 年間存続し、1921 年の 8 月 31 日のインクラインの最後の消滅の日まで続いた。 輸送の大半はインクラインが降下する方向に動き、 空のタブ・ボートが釣り合いをとってインクラインの上端に戻ってきた。 このインクラインは英国で最後に動作可能なインクラインであった。

訳注
ウィリアム・レイノルズはエイブラハム・ダービー III と共にボウルトン・ワットの蒸気エンジンを ライセンス生産したことが ウィリアム・レイノルズに書かれています。
凋落

1919 年に、新しい溶鉱炉がワムブリッジで建設され、残りのそれ以外の運河はそれ以降凋落した。 運河は 1921 年に見捨てられ、この時インクラインが閉鎖された。 1968 年にインクラインの盛土やドックを使用して、ベイスンが埋められ、残されていたものが破壊された。