ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

William Reynolds (industrialist) - Wikipedia
ウィリアム・レイノルズ (産業家)
William Reynolds (industrialist))

ウィリアム・レイノルズ (1758 年 4 月 14 日 - 1803 年 6 月 3 日) はイングランド・シュロップシャー州のコールブルックデールの鉄工場の鉄の名匠で共同事業者であった。 彼は科学と産業の進展に興味を持ち、運河のインクラインを発明した。

  1. 初期の生活
  2. 新考案
  3. レイノルズ家とダービー家
初期の生活

彼はコールブルックデールの近くのケットリーでリチャード・レイノルズの子息として生まれた。 リチャード・レイノルズはエイブラハム・ダービー II のケットリーにおける鉄工場を担当していた。 1777 年頃、彼はそこの鉄工場の経営を引き継いだ。

ウィリアム・レイノルズの教育には医者で化学者の ジョセフ・ブラック (Joseph Black) の下で勉強した時期が少々含まれている。 レイノルズは生涯を通して、科学の多くの分野に興味を維持し、 これには化学、地質学、鉱物学が含まれ、ケットリーの自宅には実験室があった。 彼は産業における科学の応用に興味を持っていた。 エイブラハム・ダービーと共に、ライセンスを手に入れて、 工場のために幾つかのボウルトン・ワットの蒸気エンジン -- 蒸気エンジンの初期の型式 -- を建造した。

新考案

レイノルズは 3 つのタブ・ボート運河を建設し、 石炭と鉄鉱石を地元の鉱山から鉄工場までの短距離を運んだ。 これらの運河は 1787 年から 1788 年まで建設された: ケットリー運河ワムブリッジ運河シュロップシャー運河である。 この運河にはレイノルズの発明 -- インクライン -- が含まれていた。 インクラインとは運河の 1 つの水平区間から別の水平区間にボートを昇降する方法である。

訪れる技術者

この期間に、コールブルックデールの名声は訪れる技術者を勇気づけ、彼らは新しいアイデアを試みた。

トーマス・テルフォードはコールブルックデール会社を知っており、 これは彼が 1787 年に「シュロップシャー公共事業測量技師」 (Surveyor of Public Works for Shropshire) になって以来のことであった。 レイノルズはテルフォードのために 1796 年に鋳鉄製の水道橋を建設・組み立てて、 これによりシュルーズベリー運河がロングドン=オン=ターンでターン川を越えた。 (テルフォードはこの成功に勇気づけられ、 ポントカサルテ水道橋に鋳鉄を使用した。)

ロングドン=オン=ターンにある
鋳鉄製の水道橋
コールブルックデール機関車
の挿絵

1802 年の 1 月にリチャード・トレビシックがコールブルックデールを訪れ、 蒸気エンジン用のボイラー・プレートがある時期ここで製造された。 彼は一台の固定式エンジンを建造・テストし、これは前代未聞な高いボイラー圧の 145 psi で動作した。 トレビシックはコーンウォールで道路機関車 (パッフィング・デビルと呼ばれる) を建設したが、 恐らくはレイノルズと共同でコールブルックデールで機関車を建造し、これはレールの上を走った。 この実験の詳細は知られてはいないが、機関車がレールの上を走った最初の時であると思われている。

レイノルズ家とダービー家

1789 年頃、リチャード・レイノルズはケットリー鉄工場の彼の所有する株式を ウィリアムとウィリアムの異母兄弟であるジョセフ・レイノルズ (1768 年 - 1859 年) に手渡した。 1796 年にダービー家とレイノルズ家の利権が複雑となったため分離され、 ケットリー鉄工場はレイノルズ家のものとなり、コールブルックデール鉄工場はダービー家のものとなった。

レイノルズは 1803 年 3 月に重病となり、 同年の 6 月 3 日に (コールブルックデールに隣接する) ブローズリー (Broseley) で亡くなった。 彼はコールブルックデールのクエーカー教徒の埋葬地に埋葬された。 彼のケットリー鉄工場の利権は異母兄弟のジョセフに手渡された。