ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Richard Reynolds (ironmaster) - Wikipedia
リチャード・レイノルズ (鉄の名匠)
(Richard Reynolds (ironmaster))

リチャード・レイノルズ (1735 年 11 月 - 1816 年 9 月 10 日) は鉄の名匠で、 シュロップシャー州コールブルックデールの鉄工場の共同事業者であった。 彼はクエーカー教徒で博愛主義者であった。

  1. 初期の経歴
  2. コールブルックデールにおける新考案
  3. 後年
初期の経歴

リチャード・レイノルズは 1735 年にブリストルに生まれ、 鉄商人のリチャードと妻のジェーンの間のただ一人の子息であった。 彼はバークシャーのファーリンドン (Faringdon) の初期のクエーカー教徒であるマイケル・レイノルズのひ孫であった。 彼は教育を受けた後、 1749 年にブリストルの食料雑貨商のウィリアム・フライ (William Fry) の見習いとなった。 見習いを務めた後、1756 年に事業でコールブルックデールに派遣され、エイブラハム・ダービー II の友となった。彼は、ダービーの娘のハンナ (Hannah) と 1757 年 5 月 20 日にシュルーズベリーで結婚した。


1758 年のコールブルックデール

彼はコールブルックデールの近くにあるケットリーのエイブラハム・ダービーの鉄工場を任され、 1762 年にケットリー工場の半分の株を購入した。 彼の義理の父が 1763 年に亡くなった時に、彼はコールブルックデールに移住して、 そこの鉄工場の責任を取った。 これはエイブラハム・ダービー III が 1768 年に成人になるまで続き、 この時、彼はケットリー鉄工場の経営に復帰した。

コールブルックデールの新考案

レイノルズはコールブルックデール工場を発展・拡張するために多くのことをした。 彼の指揮の下で、初期の蒸気エンジンのシリンダーがそこで鋳造された。

新しい精製方法

1766 年に、彼の援助の下に、 クラネージ兄弟が鉄の精製方法に関しての特許を取った。 トーマス・クラネージはブリッジノースのフォージで働き、彼の兄弟のジョージがコールブルックデールで働いた。 鋳鉄を錬鉄に変換する新しい工程は精製炉で石炭を使う代わりに、 反射炉で石炭を使用し、木材の供給に依存しなかった。 レイノルズはその重要性に気が付き、それがコールブルックデールで実用的に実施されたようである。 この工程は後にヘンリー・コートが発展させた。

鉄製のレール

1767 年に、彼は工場のある場所から別の場所に鉄と石炭を移動するために使用していた木製のレールを鋳鉄製のレールで置き換え、 これは鉄がこの目的に使用された初期の実例であった。

後年

1768 年にエイブラハム・ダービー III が経営を引き継いだが、 彼は事業に関わりを持ち続け、使用人たちの利益のために工場を随分と改善した。 1785 年には全英製造業会議所 (United Chamber of Manufactures of Great Britain) を結成するのに加わり、 彼自身、鉄交易の代表となった。 1788 年には、彼と他の何人かがシュロップシャー運河の建設のための議会法を獲得した。 この運河は石炭と鉄を工場に供給するためのものであった。 1789 年頃に、彼は事業から引退した。 この頃にはコールブルックデールの工場と関連した石炭と鉄鉱石の鉱山は英国で最も大きな製鉄事業の一つとなっていた。

1804 年の 4 月に、ブリストルに定住した。 彼は自分自身の遺言執行人になることを決意し、 慈善団体に目立たないように分配することに専念し、民間の医療福祉係を経由したが、大規模であった。 彼は通常、少なくとも年間 £10,000 を与えたと思われている。 しかも、この上に、ブリストルの慈善団体のためにマンマスシャー (Monmouthshire) の土地に投資するために受託者に £10,500 を与えていた。彼は健康の理由からチェルトナム (Cheltenham) を訪れていた 1816 年の 9 月 10 日に亡くなり、 9 月 17 日にブリストルのフライアースに葬られた。

1762 年に亡くなった彼の最初の妻との間には娘のハンナ・マリー (Hannah Mary) と息子のウィリアム・レイノルズ (1758 年 - 1803 年) がおり、レイノルズはケットリーとその近辺の工場と炭坑のマネージャーになった。 彼の二人目の妻のレベッカは彼よりも先に亡くなり、二人の間には 3 人の息子 -- マイケル、リチャード、ジョセフ -- がいた。