ページの最終校正年月日 :

以下は

Henry Cort - Wikipedia

の翻訳です。

ヘンリー・コート (Henry Cort)

ヘンリー・コート (1741 年 ? - 1800 年、3 月 23 日) は英国の鉄の名匠 (ironmaster) である。 英国の産業革命の時代にコートは革新的な生産システムで銑鉄を錬鉄 (あるいは板鉄) に精錬することを 始めた。 1783 年に鉄鉱石を製錬するための パドル工程の特許を得た。 ヘンリー・コート・コミュニティ・カレッジ[1] (Henry Cort Community College) が 彼の名を残している。これはイングランド、 ハンプシャー (Hampshire) の南部の大きな町である フェアラム[2] (Fareham)にある。


ヘンリー・コート

訳注

  1. ヘンリー・コート・コミュニティ・カレッジの Google マップ
  2. フェアラム (Fareham) の Google マップ
  1. 伝記
  2. 個人の生活
  3. 残されたもの
伝記
初期の人生

コートの初期の生活に関して知られていることは、 イングランドの ランカスターで生まれ、レンガ積み職人で建築業者の子息である点のみである。 彼が生まれた日は伝統的には 1740 年とされているが、 1764 年にエリザベート・ブラウンとの最初の結婚の時の証拠から 彼が 1741 年の 4 月か 5 月に生まれていることが示唆される。 1765 年までに、コートは王立海軍の支払代理人となり、 ロンドンのストランド通りから入った所にあるサリー通り[1] (Surrey Street) に事務所を構え、 海軍将校の生存者に支払うべき年金の収集の業務をまかされていた。 間もなく、 彼は海軍の購買代理人に昇進し、 錬鉄の信頼できる購入先を確保するために、調査の選択肢に責任を取ることとなった。 その当時は、高炉に木炭の代わりにコークスを使用するエイブラハム・ダービーの改良にもかかわらず、 これによる生産物は 錬鉄を製造するために使用される精製炉の供給材料として不適切であった。 この結果、錬鉄は随分高値でロシアから輸入しなければならなかった。 1768 年に スタッフォードシャー (Staffordshire) の事務弁護士で ポートランド伯爵 (Duke of Portland) の執事の娘である エリザベート・ヘイシャム (Elizabeth Heysham) と結婚した。 エリザベートの叔父である ウィリアム・アトウィック (William Attwick) が 1774 年に 死んだ時に、彼女は ハンプシャーにある財産を相続し、 これには ゴスポート (Gosport) の近くの ファントリー[2] (Funtley) にあった Fontley 鉄工場が含まれ、 更には 係留用のチェーンや、それ以外の鉄製の海軍の備品を供給するためのポーツマス海軍造船所 (Portsmouth Dockyard) との契約も 引き継いだ。


訳注

  1. ストランド通りとサリー通り (Surrey Street) の Google マップ
    通りが交差するあたりに目印が表示
  2. Google マップの目印のあたりがファントリー (昔の村)、 右下にゴスポートが見える。
サミュエル・ジェリコ (Samuel Jellicoe) との共同経営

1779 年に、王立海軍食料供給委員会 (Royal Navy's Victualling Commisioners) は コートに近づき、樽に使用するタガ鉄の製造契約を申し出た。 但し、これには現行の供給者よりも価格を下げる必要があった。 コートは多額の投資をして、Fontley の工場にローラーを新設した。 しかし、スウェーデンの鉄の価格の上昇から損失を被った。 資金不足となり、アダム・ジェリコ (Adam Jellicoe) に接触した。 アダム・ジェリコは当時、王立海軍財務 (Royal Navy treasury) の支払い部門の主任職員であり、 コートに £27,000 の資金を提供し、その見返りにコートの特許の譲渡と利益の半分を抵当にした。 取引の一環として、ジェリコの子息のアダム (Adam) が Fontley 鉄工場の共同経営者となった。 この取引は後にコートにとって不運な影響を及ぼした。

ローラーとパドル炉

海軍との契約を守るためにコートは Fontley の鉄工場でアイデアを発展させ、 1783 年に溝が付いたローラーの特許を取り、 1784 年のボール炉ないしはパドル炉の特許を取った。 これにより、未加工な錬鉄の標準的な形態を製造することが可能となった。 彼の仕事が基礎としたものは、 クラネージ兄弟の既存のアイデアと彼らの反射炉 (ここでは空気が下から強制的に送り込まれるのではなく、熱が上部から加えられる)、 及びピーター・オニオンズ (Peter Onions) のパドル工程 (ここでは 不純物を分離するように鉄をかき混ぜ、高品質の錬鉄を抽出する) であった。 溶鉱炉は、充填された鋳鉄の炭素成分を酸化により効果的に引き下げ、 パドル屋はかき混ぜ棒 (rablling bar) を使用して、鉄の塊を抽出した。 抽出された金属のボールはハンマー打ちをするシングルの工程を経て、 ローラーで処理された。

アダム・ジェリコの死

アダム・ジェリコが 1789 年の 8 月 30 日に突然に死亡した時に、 コートに貸与された £27,000 は王立海軍の公金であることが判明した。 これにより、国王はジェリコが抵当としていた 2 つの特許を差し押さえた。 しかし、その結果 £100 の価値が査定されたのみであった。 コートはジェリコの負債に責任があるとされ、破産を宣告された。 国王はサミュエル・ジェリコに Fontley の鉄工場を所有させ、 ここで彼は「その後何年もの間、何事にも煩わせずに .... 暮らした」 とされ、鉄の名匠の特許を理解する努力は一切払わなかった。 (しかし) 特許に関してはコートは主張できず、 消失されるままとなった。

特許と勅許使用料

鉄製造のコートの改良は 1786 年にまでにシェフィールド伯 (初代シェフィールド伯ジョン・ベイカー=ホルロイド、John Baker-Holroyd, 1st Earl of Sheffield) によって認められ、彼は ジェームス・ワットによる蒸気エンジンと共に、 アメリカの喪失よりもずっと重要であると見なしていた。 1787 年にコートはサウス・ウェールズの鉄の名匠である Richard Crawshay と契約を結び、 コートの特許による鉄の製造により、1 トン当たりで 10 シリングの特許使用料を得ることとなった。

個人の生活

コートのエリザベート・ヘイシャムとの結婚により 13 人の子供が生まれた。 彼の事業の冒険は富をもたらさなかった。 もっとも、彼が開発したパドル炉はまもなく非常に多く使用された (1820 年までに 8200 基) が、 これらは彼の工程を修正したものを使用し、従って特許使用料を支払わずに済んだ。 彼は、後に政府の年金を受領するようになったが、破綻した人間として死を迎え、 ロンドンのハムステッドの教会の墓地に埋葬されている。

残されたもの (legacy)

コートの死後 50 年後に、ロンドンのタイムズ紙は彼を「製鉄の父」とほめたたえた。 彼の子息の、リチャード・コートは 1825 年 - 1826 年に、ブリティッシュ・アイアン・カンパニーの 出納係となり、間もなく会社の経営のことをひどく批判するパンフレットを幾つか書いた。 彼はまた幾つかの初期の鉄道会社のことも攻撃した。