ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Cranege brothers - Wikipedia
クラネージ兄弟 (Cranege brothers)

トーマス・クラネージとジョージ・クラネージ (Cranege は Cranage ともつづる) 1760 年代に製鉄産業で働き、 鋳鉄から錬鉄を製造する新しい方法を導入したことにより有名である。

1766 年の実験

鋳鉄から錬鉄 (板鉄とも呼ばれる) に変換する工程は、 当時は木炭を燃料とする精製炉で実施された。 木炭は資源が有限で、 石炭はもっと広く利用可能であるが、使用することができなかった。 というのは、石炭の中の硫黄が錬鉄の品質に不利に影響するからであった。

ジョージ・クラネージはシュロップシャー州コールブルックデールの エイブラハム・ダービー I が設立した鉄工場で働き、 彼の兄弟のトーマスはシュロップシャー州のブリッジノースのフォージ (炉) で働いていた。 彼らはコールブルックデールの工場のマネージャーをしていたリチャード・レイノルズに提案したことは 変換工程は反射炉で可能であり、反射炉では鉄は石炭と混ざらないからであった。 レイノルズは懐疑的であったが、兄弟がアイデアを実験することを許可した。


反射炉

リチャード・レイノルズは 1766 年 4 月 25 日付けの同僚のトーマス・ゴルドニー (Thomas Goldney) に宛てた手紙で、 クラネージ兄弟との会話と実験について次のように述べている:

私が彼らに言ったことは、 私が会話を交わしたことがあるすべての人と共有している考えと両立することで、 それは不可能であろうと思う点であった。 何故ならば、木炭の中の植物の塩分はアルカリで、鉄の中の硫黄の吸収剤として作用するからで、 鉄の中の硫黄は時々赤欠損 (red-short quality) を生じ、硫黄をふんだんに含む石炭はこれを増大させる...... 彼らは次のように答えた: 彼らの観測と、互いに何度も交わした会話から、 鋳鉄から板鉄への変更は単に熱よるものだけであると固く信じることになった。 仕事をやめろというのであれば、いつの日か実験をすることになるであろう.... この実験は今週実施された。これは成功で、最も楽観的な予測を超えるものであった。 かってなされた最も重要な発見の一つと見なしている。

クラネージ兄弟の名前で、1766 年 6 月 17 日付で、この工程の特許が取られた。 明らかに兄弟の生活にはほとんど変化がなかったようである。 この工程はこのすぐ後に改良されからで、ピーター・オニオンズ (Peter Onions) によるものは 1783 年に特許が取られ、 ヘンリー・コートによるものは 1783 年と 1784 年に特許が取られた。