ページの最終校正年月日 :
可動橋

以下、実に多くの可動橋が登場しますが、可動橋が多いというよりは、 欧米では第二次世界大戦が終了するまでは 蒸気ボートによる内陸の水運がとても盛んであったととらえる方が正解です。

注意: 蒸気ボートでは煙突が上に突き出ており、しかも初期の蒸気ボートのエンジンも上に突き出ているため (海洋蒸気エンジンを参照の事)、 今日では遊覧船がくぐることができる橋でも、 蒸気ボートのためには可動橋にする必要がありました。実例にはシカゴの無数の可動橋がある。

戦後のトラック輸送は欧米では鉄道輸送のみならず水運も食ったことになる。 しかし欧米の水運 (現在はディーゼル) はまだすべてトラックに食われたわけではない。 (だから欧米の可動橋は本当にまだ生きているものがあり、可動橋を通過する船舶が実に頻繁なものがある。 例えば米国のミシシッピ川の可動橋はまだ完全に生きている。これが壊れると米国経済が破綻する。)

可動橋、あるいはより一般に鉄の橋の建設に関して、ずっと重要なことは 産業革命と密接に結びついていることがあります。

注意: ここで言及している産業革命は日本の場合には明治時代に起きた事ではなく、 日本の GDP が増加し始める 1960 年代の高度成長期のことです。富国強兵 (アヘン帝国)、及び 鉄の橋と産業革命 を参照。

米国で鉄の橋が建造され始めるのは、米国が 「産業革命」 に 突入する 1850 年代のことで、米国で可動橋が多く建設されるようになるのは、 産業革命の結果、米国でとりわけ鋼が安くなる 1870 年代後半以後の話です。 鉄の橋と産業革命を参照。

一般に可動橋は多い場所にはとりわけ沢山あり (偏在している)、例えばシカゴ、ニューヨークにとりわけ沢山あります。 (シカゴは橋がとても多い場所で、その大半が跳開橋です。しかしシカゴの可動橋は大半がほとんど休眠状態に近い。) ヨーロッパでは水運の要衝であるベルギーのアントワープにたくさんあります。 (バスキュール橋/ベルギーを参照。これはまだ生きている。) それとロシアのサンクトペテルブルクにあります。

  1. シカゴのバスキュール橋の地図の kml ファイル (昇開橋 (=vertical lift bridge) も含まれているが大多数は跳開橋 (= バスキュール橋) です、たくさんありすぎて数えられない。)
  2. ハーレム川の可動橋の地図の kml ファイル (旋回橋が多い。ニューヨーク市マンハッタン。)
  3. ロシアのバスキュール橋の地図の kml ファイル

(GoogleEarth がインストールしてあれば、kml ファイルをこれで表示できます。)

バスキュール橋のリストに昇開橋が含まれることが多く、これは英語でどちらもリフト橋 (lift bridge) と呼ぶことがあり、 名称のみでは区別がつかない場合があるためです。

旋回橋はかなり古くからありますが、旋回動作をする機械に風車があり、 風向きが変化する場所では、風車は回転軸の周りに回転して風向きに向ける必要があります。 元々は手動で建物を軸の周りに回転させていましたが、 リム・ベアリング (円筒の周囲に円周に沿って車輪が並ぶもの) で回転させるものがあり (柱風車/パルトロック風車を参照)、 これは多くの旋回橋の回転方法と同じものです。 つまり、リム・ベアリングによる旋回方法は旋回橋よりも歴史が古いと思われます (1600 年頃からあることになる)。

また可動橋は完全に平衡状態を保って動かすことが前提ですが、これは可動橋に始まるのではなく、 これ以前に風車の回転に適用されていた考えと思われる (随分古くからある)。 また可動橋で歯車が使用されますが、この歯車 (動力伝達用) の使用も水車、風車における使用が先行している。 (最初は木造ですが、英国産業革命の時に鋳鉄製の歯車が始めて登場する。)

  1. ドローブリッジ (跳ね橋, Drawbridge)
  2. バスキュール橋 (天秤ばかり橋, 跳開橋, Bascule bridge)
  3. 旋回橋 (スイング・ブリッジ, Swing bridge)
  4. 垂直リフト橋 (昇開橋, Vertical-lift bridge)
  5. 運搬橋 (Transporter bridge)