ページの最終校正年月日 :
可動橋

以下、実に多くの可動橋が登場しますが、可動橋が多いというよりは、 欧米では第二次世界大戦が終了するまでは 蒸気ボートによる内陸の水運がとても盛んであったととらえる方が正解です。 戦後のトラック輸送は鉄道輸送のみならず水運も食ったことになる。 しかし欧米の水運はまだすべてトラックに食われたわけではない。

それと、もう一点重大なことがあります。 日本の鋼は 1960 年代中頃までは欧米の鋼には性能で太刀打ちできず、また価格も非常に高いものでした。 そのため、戦前に製造された可動橋はとても小さなものしかできず、また価格も非常に高価になったはずです。 以下登場する可動橋は一般に非常にでかいものです。 とりわけ米国のものは経済ベースで製造しながら、非常に大きなものが多いです。

第二次世界大戦前の日本と欧米の鋼の性能の違いはそのまま第二次世界大戦前の 可動橋の大きさの違い -- 月とスッポン -- に表れていると言ってよいと思います。 「戦艦大和」 のことに関しては迷信が世に溢れている。かっての日本の戦車はすぐに穴だらけになったので「ブリキ細工」の異名があった (とても貧弱な鋼であった)。日本の戦艦にもこれが当てはまり、ミッドウェー海戦では日本の戦艦は 1, 2 発の魚雷ですべて撃沈している。 (これでは鋼と言えない。) ミッドウェー海戦は日本の 「ボロ負け」 であったのに、日本の報道は常に 「激戦」 と称している。

  1. ドローブリッジ (跳ね橋, Drawbridge)
  2. バスキュール橋 (天秤ばかり橋, 跳開橋, Bascule bridge)
  3. 旋回橋 (スイング・ブリッジ, Swing bridge)
  4. 垂直リフト橋 (昇開橋, Vertical-lift bridge)
  5. 運搬橋 (Transporter bridge)