ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Whitby Swing Bridge - Wikipedia

ウィットビー旋回橋: Google map

ウィットビー旋回橋 (Whitby Swing Bridge)

ウィットビー旋回橋は歩道用かつ道路用の橋でイングランド、ノースヨークシャー州 ウィットビーでエスク川 (River Esk) にかかっている。


ウィットビー旋回橋
  1. 歴史
  2. 現在の橋
歴史

エスク川には、この場所に何世紀もの間に (複数の) 橋があった。 1351 年のエドワード 3 世の認可により、 橋を保守するために通行料を課すことが許された。 1550 年代中ごろには通行料は平均して年間 £6 (2015 年では £2,053) 程度であった。

1629 年にノース・ライディング (North Riding) の裁判官によって、 可動部を含む木造の橋で交換する同意が得られた。 これは後に可動橋で置き換えられ、最初の旋回橋は Francis Pickernell によりデザインされ、 1833 年に開通した。

現在の橋

20 世紀初頭までに、1835 年の 45 フィート (14 m) の限られた上方余地は、橋の上流で建造される船の大きさを制限していた。 代わりの橋はウィットビー都市型行政地区議会 (Whitby Urban District Council) により依頼された。 これはミッチェル・モンクリーフ (Mitchell Moncrieff) -- 後の構造工学協会 (Institution of Structure Engineers) の会長 -- によりデザインされた。 開通式はメイベル・テリーサ・ダンクーム (Mabel Theresa Duncombe) -- ヘルムスリー子爵 (Viscount of Helmsley) の娘で、 地元選出の国会議員サー・ジャーヴァス・ベケット (Sir Cervase Beckett) の妻 -- が挙行した。 橋は 2 つのリーフ (leaf) から構成され、電動モーターで動く。 もっとも一般的には片方のリーフのみが開放される。

訳注
前の段落では 1833 年にできたとしているが、ここでは 1835 年にできたとしており、 どちらかがミスタイプをしていると思われます。

この橋は元々 A171 道路を通していた。 町の中心の渋滞を避けるために、A171 道路は 1980 年に建設されたエスク峡谷にかかる 高い橋 (high level bridge) に迂回した。

この橋は車がすれ違うのに広くないので橋に進入する車は信号機で制御されている。

2011 年までは橋は 17 トンまでの重量制限があった。 これはノース・ヨークシャー州政府 (County Council) により、2011 年に 7.5 トンまで減少した。