ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Cheboygan Bascule Bridge - Wikipedia

シボイガン・バスキュール橋: Google map アップされた写真

シボイガン・バスキュール橋
(Cheboygan Bascule Bridge)

シボイガン・バスキュール橋はステート・ストリート橋 (State Street Bridge) とも呼ばれ、 ミシガン州シボイガンの二枚リーフのバスキュール橋で、 US ハイウェイ 23 (ステート・ストリート) を通し、シボイガン川を横断している。 橋は第二次世界大戦が終了する前にミシガン州で建設された最後のバスキュール橋である。 これは 1877 年建設の古くなった旋回橋の代わりであった。 この橋は 「国の歴史登録財」 に登録されている。


シボイガン・バスキュール橋
薄暮の時の橋、西を向く
  1. 歴史
  2. デザイン
  3. 開放予定
歴史

シボイガン・バスキュール橋の建設前には錬鉄製の旋回橋がこの場所でシボイガン川を横断していた。 この旋回橋は 1877 年に建設され、1940 年までには、その古さと交通量の多さから危険になっていた。 ミシガン州道路局長の G. ドナルド・ケネディ (G. Donald Kennedy) によると、 橋はうるさく振動し、固定していない端で、錆びて古い構造が台の上で上下に飛び跳ねていた。 シボイガン・バスキュール橋はこの以前の橋よりも重くて広い。

交換の橋は 1940 年初頭にミシガン州道路局によりデザインされ、 助言技術会社 Hazelet & Erdal がバスキュール・スパンのデザインで援助した。 契約は最低入札者の W. J. ストーレン会社 (W. J. Storen Company) に入札額 $187,511.98 で与えられ、 機械は R. C. マホーン会社 (R. C. Mahon Company) が提供した。 建設は 1940 年 5 月に始まり、秋の終わりに完成予定であった。 橋は 1940 年 12 月に $206,000 の経費で完成し、わずかに予定より遅れ、これは請負業者が死亡したことによっていた。 橋は 1940 年 12 月 7 日に公的な儀式で落成した。 G. ドナルド・ケネディ (G. Donald Kennedy) が落成式で挨拶をし、橋を 「州全体にとって重要な偉業」 と述べた。 これが第二次世界大戦の終了前にミシガン州で建設された最後のバスキュール橋であった。 シャールボイ (Charlevoix)、ホートン (Houghton)、セント・ジョセフ (St. Joseph) で計画された他の可動橋は 戦争が終わるまで遅延した。

橋は 1999 年 12 月 9 日に 「国の歴史登録財」 に登録された。 これが的確だったのは保存状態とミシガン州のバスキュール橋の主流デザインであったからであった。


夕方の橋

2003 年にミシガン州輸送局 (MDOT) は歴史的完全性と安全を維持するために、 橋に修復工事を計画した。プロジェクトの経費は $210万 かかり、 「ミシガン建設第二プログラム」 (Build Michigan II program) と TEA-21 (Transportation Equity Act for the 21st Century、21 世紀交通平衡法) によって資金がまかなわれた。 重要な工事が 2004 年 1 月に始まり、6 月下旬に完了した。 路面と歩道が交換され、リーフの平衡が取られた。 元々の手すりが新しく作られ、歴史的に正確なもので交換され、 衝突に耐える 2 本のパイプの柵が内側に追加導入された。 住民の要望から、照明はダウンタウンで使用されているデザインと調和が取れたものに変更された。 工事は冬に集中し、水上交通への妨害を最小にした。 2011 年現在では、橋は機能的に時代遅れと評価されているが、 構造的な欠陥はない。

デザイン

橋はバスキュール橋でシェルツァー・ローリング・リフト型式である。 橋の 3 スパンは鋼のデッキ・ガーダーで、 中央スパンは深さが変化するガーダーで、進入スパンは深さが一定のガーダーである。 中央のバスキュール・スパンは 70 フィート (21 m) の長さで、 これに隣接する 42 フィート (13 m) の長さの進入スパンがある。 進入スパンの路面はアスファルトとコンクリートの混合物で、中央スパンの路面は鋼の金網である。 40 フィート (12 m) 幅の道路の両側に 5 フィート (1.5 m) 幅の歩道があり、 標準的で現代的なガードレールがある。 北の橋脚の下流側に 1 階建ての橋の管理人の家がある。 橋を持ち上げると 60 フィート (18 m) 幅の航行水路が船舶に利用可能となる。 コンクリートの橋台は木の杭を基礎にし、 2 つのコンクリートの橋脚はコンクリートの足場に設置され、 コンクリートの足場は川底の下 27 フィート (8.2 m) 下の固められた砂利で支えられている。 橋脚は (上流に) 尖ったカットウォーター (angled cutwater) と円柱状のフェンダー (衝突防止装置) で守られている。 橋は安全の造作の理由から顕著である。 6 つの街灯 (light standard) が照明用に並んでいる (一方の側に 3 つ)。 遮断機と信号機が、船舶のために橋が持ち上がる時に警告を与える。

訳注
  1. カットウォーターは橋脚の一部が上流側に尖っているものです。 この橋とおなじミシガン州の復員軍人記念橋 ストリートビューで見られます。流木が橋に引っかからないようにするものです。 日本の橋では単に上流に丸く作られていると思います。ひょっとしたら尖っているものがあるかもしれません。
  2. 英和辞典では light standard を照明基準とふざけた訳を書いてあるものがあります。 ただの街灯のことです。(Street light - Wikipedia を参照) 恐らく light standard の用語が使用された時には street light の用語がなかった。 設置された時に light standard と呼ばれたものは現在でも light standard と呼ばれている可能性がある。

シボイガン橋は 1930 年代と 1940 年代のミシガン州におけるバスキュール橋の主流であった。 このバスキュール橋は二枚リーフであるが、この場所では 「恐らくは一枚リーフで十分であったであろう」 と指摘されている。

開放予定

5 月 16 日から 9 月 15 日までは橋は AM 6:00 から PM 6:00 まで、 毎時 15 分と 45 分に開放する。 橋は 4 月 1 日から 5 月 15 日までと、9 月 16 日から 12 月 14 日までは信号で開放する。 1 年のこの残りの 12 月 15 日から 3 月 31 日までは橋の管理人が任務についておらず、 24 時間前の事前の通報がなければ橋は開放されない。 公共の船舶、商用船、および遭難している船に関しては出来る限り早く開放する。 開放予定が 2001 年 6 月に変更され、変更前には 12 月 15 日と 3 月 15 日の間は 24 時間前の通報が必要であったが、 MDOT (ミシシッピ州輸送局) は水上交通が全然ないか、ほとんどない冬期間に人員を削減するために、 12 月 15 日かあ 4 月 15 日まで 24 時間前の通報を要望した。 第 9 沿岸警備隊の司令官はこの要望ができる限り早く操業を始めるフェリー事業に抵触すると決定した。 1998 年、1999 年、2000 年には 12 月 15 日から 3 月 31 日までは橋の開放がなかったが、 何隻かは 4 月 15 日に通り抜けていた。そのため、要望は 12 月 15 日から 3 月 31 日までに修正された。