ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Charles Berry Bridge - Wikipedia

チャールズ・ベリー橋: Google map 3D、 アップされた写真: その 1 その 2

チャールズ・ベリー橋 (Charles Berry Bridge)

チャールズ・ベリー橋はオハイオ州ロレーン (Lorain) の US ルート 6 (US 6) にあって、 世界で 2 番目に大きなバスキュール橋である。 1988 年の 「復員軍人の日」 (Veterans Day) に橋の落成式があった。 橋は 1930 年代末に建設され、おおよそ 48 年間使用された。 橋は徹底的に修復されて、ロレーン生まれのチャールズ・ベリーの栄誉を讃えて改名された。 彼は海兵隊員で硫黄島における小規模な手榴弾戦の最中の行動により名誉メダル (Medal of Honor) を授与されていた。


チャールズ・ベリー橋

オハイオ州輸送局 (ODOT) は 1989 年に橋の資金を負担することに同意し、 これによりロレーン郡は年間 50万ドル 近くを節約できた。 チャールズ・ベリー橋は ODOT が現在の所、資金提供しているオハイオ州の中の 3 つしかない橋の 1 つである。

ロレーン郡でブラック川 (Black River) の東西を結ぶ主要な輸送路の 1 つがチャールズ・ベリー橋で、 これに付け加え ロフトン・ヘンダーソン記念橋 (Lofton Henderson Memorial Bridge) がある。この橋もまたロレーン生まれの人にちなんで名付けられ、 彼は歴史的なミッドウェイ海戦で英雄的な行為により海軍十字 (Navy Cross) を授与された。