ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

La Crosse Rail Bridge - Wikipedia

ラ・クロス鉄道橋: Google map 衛星写真 (3D)

ラ・クロス鉄道橋は L4B とも呼びます。以下では最初を除きもっぱらこの名称が使用されています。

ラ・クロス鉄道橋 (La Crosse Rail Bridge)

ラ・クロス鉄道橋は旋回橋でミネソタ州ラ・クレセントとウィスコンシン州ラ・クロスの間でミシシッピ川にかかっている。


ラ・クロス鉄道橋

元々の橋はミシシッピ川を横断した最初の 15 基の橋の 1 つである。 これはシカゴ・ミルウォーキー・セントポール・太平洋鉄道 (Chicago, Milwaukee, St. Paul and Pacific Railroad) により 1876 年にデザイン・建設された。

旋回橋が 1 基でも建設される前には、 ミシシッピ川は国の南北を接続したが、東西に向かう者には障害であった。 鉄道は渡し舟に依存し、これにより川を横断して、車両を輸送した。 これは随分と金と時間を費やした。 付け加えるに、多くの渡し舟は信頼できず、予定が決まっていなかった。 18 世紀初頭には橋を建設することは困難であった。 というのは川に随分いた蒸気ボートに頭上余地を提供しなければならなかったからである。 冬季に川が凍り付いてボートの交通が停止した時には、 鉄道は氷の上に一時的な鉄道を敷設し、春までに取り除いた。

その後 1856 年にミシシッピ川にかかる最初の旋回橋が、 イリノイ州ロック・アイランドに建設され、 問題が解決した。 橋の開通後ほんの数日後に一隻の蒸気ボートが橋に衝突した。 ある人たちはこれが意図的であったと考えている。 というのは蒸気ボートはこのような橋を気に留めなかったからである。 ボートと橋は火事になり、 蒸気ボートの所有者は損害補償を求めて訴え、橋が航行に危険であると主張した。 鉄道にとって幸運なことに、 法廷ではイリノイ州の弁護士であるエイブラハム・リンカーンが弁護した。

リンカーンは裁判で鉄道に勝利をもたらし、 ある人には川を上り下りして移動しなければならないのと同様に、 別の人には川を横断するために橋を建造する権利があると議論した。 裁判の勝利により、更にもっと多くの旋回橋の建設につながり、これには L4B が含まれている。

何年もの間に、 L4B に多くの変更が加えられ、 1902 年には重要な更新があり、この時鉄で補強された。 L4B の最初の建造は 1876 年 6 月に始まり、4 ヶ月後の 11 月に完了した。 その時、橋の建設費は $500,000 であったが、数年で償還した。 というのは鉄道は川の通行料で年間 $90,000 を節約できたからである。

橋はショア・エイカーズ (Shore Acres) に近いミシシッピ川の西の水路にあり、 ミネソタ島に接続している。第 2 の橋がブラック・リバーを横断してミネソタ島とウィスコンシン州の岸を接続している。 しかしながら、L4B は完全に川のミネソタ州側にあり、長さが 1,050 フィート 11 インチである。

旋回スパンにはハンプバック・トラス (猫背トラス, humpback truss) があり、一方隣接する 2 つのスパンは 上端が平らな固定通り抜けトラス (flat-top fixed through truss) である。 アムトラックの エンパイア・ビルダー (Empire Builder) がこの橋を渡っている。

訳注
ハンプバック・トラスの用語は一般的でなく、 パーカー・トラスの用語が一般的です。

L4B を特異なものとしているのは旋回の造作である。 橋の 1 部分が軸の周りで旋回し、2 つの 150 フィート幅の航路を開き、 ここを河川交通が通り抜ける (門に類似)。

橋は塔から操作し、元々は蒸気力で動いていた。 旋回橋の開閉にはおよそ 5 分かかる。これにより鉄道は川を越えてラ・クロスに至る恒久的な軌道を建設でき、 ミシシッピ川を上り下りする引き船やハシケに干渉することがない。

川の交通に優先権があり、 旋回橋は個人所有のプレジャー・ボートにも、開口しなければならない。 そうしないと沿岸警備隊に罰金を科せられる。 もっとも鉄道はしばしば列車を止める経費よりも罰金を選んだと思われている。

L4B は何年もの間に随分と虐待されている。 L4B は 22 州、7500 マイルの鉄道、1200 基の橋の中でボートに関連した衝突の多さでは 4 番目である。 1 つの事件は、つい最近の 2011 年 7 月 22 日にあり、 この時、ハシケが橋の側面を切り取り、川の交通を停止させた。

  1. 提案された変更
  2. ギャラリー
提案された変更

沿岸警備隊は L4B の変更を提案した。 提案された計画は旋回橋を取り除き、リフト・スパン (昇開スパン、lift span) を設置して、 ボートに 65 フィートの頭上余地と 300 フィート幅の高炉を作るものであった。 沿岸警備隊は橋の変更計画を取り消した。

ギャラリー