ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Pamban Bridge - Wikipedia

パンバン橋: Google map (衛星写真) フォトスフィア

パンバン橋 (Pamban Bridge)

パンバン橋は鉄道橋でパンバン島のラメスワラム (Rameswaram) の町をインド本土に接続している。 橋は 1914 年 2 月 24 日に開通し、 インドで最初の海の橋となり、 バンドラ・ワーリ海接続 (Bandra-Worli Sea Link) が 2010 年に開通するまではインドで最長の海の橋であった。 この鉄道橋はその大半が普通の橋で、コンクリートの橋脚に設置されているが、 中間に二枚リーフのバスキュール区間があり、持ち上げて船とハシケを通過させることができる。


パンバン橋
  1. 位置
  2. デザイン
  3. 計画と建設
  4. 保守
  5. 鉄道
位置

橋はインド本土とパンバン島の間 2 km の直線にかかっている。 島の本土側の終端は 9°16′56.70″N 79°11′20.12″Eである。 橋はフロリダ州に次いで世界で 2 番目の腐食性の環境にある。 この場所はサイクロンに襲われやすくい、強風地帯である。

デザイン

鉄道橋は海面上 12.5 m (41 フィート) にあり、長さ 6,776 フィート (2,065 m) である。 橋は 143 基の橋脚とシェルツァー・ローリング・リフト型式の二枚リーフのバスキュール区間があり、 これにより船を通過させることができる。 各持ち上げスパンは重さ 415 トン (457 英トン) である。各リーフは手動でレバーを使用して開放する。


小さなボートは持ち上げスパンの下をくぐれる。
計画と建設

本土と接続するための計画は 1870 年に提案され、 これは英国政権がセイロンとの貿易を増大する方法を求めたからである。 建設は 1911 年 8 月に開始し、1914 年 2 月 24 日に開通した。 隣接する道路橋は 1988 年に開通した。

保守

橋は 1964 年のラメスワラム・サイクローン (Rameswaram cyclone) の最中に被害を受け、 修理工事が必要であった。 強化工事が 2009 年に E. スリードハラン (E. Sreedharan) の監督の下で橋に実施され、 貨物列車を通すことが可能となった。 海軍のハシケにより、些細な被害を被ったため、 2013 年 1 月 13 日に橋に修理工事をする必要があった。 2016 年に、鉄道省は ₹250,000,000 (US$370万) を承認し、 既存の長さ 65.23 m (214.0 フィート) のローリング形式スパンを長さ 66 m (217 フィート) のシングル・トラス・スパンで 置き換えることになり、これは自動的に開くことになった。

鉄道

鉄道はメートル・ゲージ (幅 1 メートルのゲージ) でインド本土のマンダパム (Mandapam) とパンバンを接続した。 インド鉄道は統一ゲージ計画 (Unigauge Project) の一部として橋を広軌に上級化し、 工事が 2007 年 8 月 12 日に完了した。 パンバンから鉄道は 2 又に別れ、 1 本は 25 マイル (10.06 km) 先のラメスワラム (Rameswaram) に向かい、 もう 1 本の 15 マイルの支線はダナッシュコディ (Dhanushkodi) で終了した。 ボート郵便急行がチェンナイ・エグモア (Chennai Egmore) からラメスワラムに向けて走る。 列車は 1964 年までダナッシュコディまで走っていたが、 1964 年にパンバンからダナッシュコディへのメートル・ゲージ支線がダナッシュコディ・サイクローンの最中に破壊された。

訳注
「ボート郵便急行」 は乗客が途中で船に乗り換える急行で、セイロン (現在のスリランカ) まで続いていた。