ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Berkley–Dighton Bridge (1896) - Wikipedia

バークレー・ダイトン橋: Google map

バークレー・ダイトン橋 (1896 年)
(Berkley Dighton Bridge (1896))

3 番目のバークレー・ダイトン橋はマサチューセッツ州のバークレーとダイトンの町を接続する舗装された一車線の旋回橋であった。 これは 1896 年に建設され、この場所で 3 番目の橋で、2010 年の 9 月と 10 月に取り壊された。

有効期限の終わりの頃の 1896 年の橋 マサチューセッツ州における位置

この場所の橋はフォール・リバー市 (Fall River) の「復員軍人記念橋」(Veterans Memorial Bridge) とトートン市 (Tauton) の 「ウィアー・ストリート橋」 の間でトートン川にかかる唯一の橋である。

訳注
veteran とは実際に戦争に従事した軍人のこと。 現在、米国の軍人の大多数が戦争を経験していない。
  1. 歴史
  2. 橋の開放
  3. 4 番目の橋
歴史

この場所の最初の橋は 1801 年に建設された。 1853 年から 1873 年まではこの場所に橋がなかった。

3 番目の橋が 1896 年に任に就き、 ルーサー・ディーン (Luther Dean) が技術者となり、 下部構造はマサチューセッツ州フォール・リバー市のビートル・ウィルコックス社 (Beatle and Wilcox) が建設し、 上部構造はマサチューセッツ州スプリングフィールド市の R. F. ホーキンズ社 (R. F. Hawkins) が建設した。

ある時期には橋に 2 車線あった。 しかしながら、構造が劣化したため、耐荷重性能が削減し、交通が一車線に制限された。 橋の交通は両端の信号機により制御され、 これにより一車線が交互に東向きと、西向きの交通に変化した。 ダイトンからの橋への進入路 (東向き) はセンター・ストリート (Center Street) と呼ばれ、バークレーからの進入路 (西向き) はエルム・ストリート (Elm Street) と呼ばれる。

1986 年の橋は 21.3 フィート (6.5 m) の広さで、高潮の平均の高さよりも、7 フィート上方にあった。 (橋が) 有効な時期の最後には荷重制限は 3 米トン (2.7 トン) であった。

トラスの詳細、劣化が見える 西の入口、信号が見える 1896 年の橋の労働者を讃える標識

橋を取り換える提案は何年も議論され、1975 年よりも前から始まっていた。 マサチューセッツ州道路局 (MHD, Massachusetts Highway Department) がバークレー・ダイトン橋を交換したのは構造的に深刻な欠陥があったからで、 歯車が開放状態でしばしば詰まり、 横断しようとする人は北か南へ何マイルも迂回することを余儀なくされ、 橋は緊急車両も処理できなかった。 MHD は毎日 6200 台の車が橋を横断していると見積もった (2001 年データ)。 橋を上級のものと置き換える (update) 計画は色々な理由から反対があり、 とりわけ地元の交通への影響に対する懸念があった。 商用トラックはこの橋を使用することが許可されていなかった。 信号機は車が道路の停止線に停止することで反応した。 これは橋に不慣れな人にはとても問題があった。

橋の開放

ダイトンとバークレーの両市は橋の世話人に賃金を支払い、 必要な時に橋を開放させた。 元々、橋は大きなクランクで開放した。 ダイトン道路局は 1960 年代にモーターを設置したが、 橋の世話人はまだ必要とされ、 歯車にグリースを注入したり、 機械を操作するために安全装置をはずし、ピンを抜いて、幾つかのスイッチを入れる必要があった。

4 番目の橋

現在の橋は固定構造で、2015 年 8 月 28 日に開通した。