ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Kaiser Wilhelm Bridge - Wikipedia

カイザー・ヴィルヘルム橋: Google map フォト・スフィア, アップされた写真

カイザー・ヴィルヘルム橋 (Kaiser Wilhelm Bridge)

カイザー・ヴィルヘルム橋 (独語:Kaiser-Wilhelm-Brücke、ヴィルヘルム皇帝橋) はドイツ、 ヴィルヘルムスハーフェン (Wilhelmshaven) にある旋回橋で市のランドマークである。

  1. 位置
  2. 歴史
  3. 仕様
  4. 切手
位置

カイザー・ヴィルヘルム橋は浜辺 (Südstrandpromenade, ジュートシュトランドプロメナード、南海岸プロムナード) と市の南部を接続している。

歴史

190 年に建設が開始し、1907 年に完成した時にはヨーロッパで最も長い旋回橋であった。 デザイン計画はエルンスト・トロシェル (Ernst Troschel) により造られ、 MANが建設した。

1998 年に橋の南端にある回転機構が、 タグ・ボートがフリゲート艦に衝突した時に損傷を受けた。 2003 年に貨物船が激しくぶつかり、橋に少々被害を与えた。

2010 年 9 月から 2013 年 9 月まで、修理のために橋が閉鎖された。

仕様

橋は長さ 159 m (522 フィート)、」幅 8 m である。 2 つの橋脚は高さ 20.4 m である。 通過できる最大の高さは港の中間水位 1.10 m の時に 9.00 m であり、 通過できる最大の幅は 58.60 m である。

橋の上では、道路交通は同時には一方通行である。 橋は信号機で制御されている。 旋回する前に、橋は信号灯と遮断機で全交通が遮断される。

切手

2007 年に ドイツポストは橋の 100 周年を記念して 1.45 ユーロの切手を発行した。