ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Magere Brug - Wikipedia

マヘレ橋: Google map、 フォトスフィア: 斜め横

マヘレ橋 (Magere Brug)

マヘレ橋 (やせこけた橋) はアムステルダム中央のアムステル川 (river Amstel) にかかる橋である。 橋はカイゼルスグラハト (帝王運河、Keizersgracht) とプリンセングラハト (プリンセス運河、Prinsengracht) の間でケルク通り (教会通り、Kerkstraat) において川の堤防を接続している。


マヘレ橋

マヘレ橋の中央区間はバスキュール橋で、 これは木造で白く塗られている。 現在の橋は 1934 年に建設された。 この場所における最初の橋はケルク通り橋 (Kerkstraaatbrug) として 1691 年に建設され 13 基のアーチがあった。 この橋は非常に狭かったので地元の人は マヘレ橋 (Magere Brug) と呼んだ。 これは逐語的には やせこけた橋 (Skinny Bridge) という意味である。 1871 年に橋の状態が非常に悪化したので、取り壊されて 9 基の木造アーチ橋で交換された。 50 年後、この橋も交換する必要になった。 建築家の Piet Kramer は鋼と石による幾つかのデザインを作ったが、 市は以前の橋と同じように見える新しい橋で交換する決定をした。 このデザインはほんのわずかに大きかっただけである。 1934 年に橋は取り壊されて、Piet Kramer がやり直したデザインで交換された。 最後の重要な修復は 1969 年に実施された。 1994 年までは橋は手動で開放したが、今や自動的に開放する。


マヘレ橋とその周り

橋の使用は 2003 年以来、歩行者と自転車に制限されている。 しかしながら、橋は河川交通を通すために 1 日に何度も開放されている。 観光客のために使用される遊覧船は十分に低いので、橋が閉鎖されたままでも下をくぐることができる。 橋は 1200 個の電球で飾られ、夕方に点灯される。


マヘレ橋、アムステルダム、やせこけた橋 1988 年

1961 年版の橋の起源に関して、観光客に語られる話では橋は裕福な 2 人の姉妹によって建設され、 彼らはアムステル川の反対側に住み、毎日会うことを望んだ。 (そして恐らくはあまりに忙しかったか、健康状態がよくなかったのか、 別の橋を経由する長い道のりを利用できなかった。別の橋は少なくとも 1 つは確実にあったはずである。) この話の 1 つのバージョンでは姉妹は豊かではあったが、それほど豊かではなく、 一般的な用途にするほど適切な橋の資金がなかった。 その結果、とても狭い橋を造り、ここから名前が生まれた。 別のバージョンでは姉妹の苗字が Mager であり、これが橋の名前となった。 その狭さの理由からではなかった。

橋は幾つかの映画で見ることができ、例えばジェームス・ボンドの 1971 年の ダイヤモンドは永遠に で見ることができる。

アムステル川から見た
橋の南側
冬のマヘレ橋 「歌う」絵葉書の
マヘレ橋の写真
マヘレ橋の
夜の写真