ページの最終校正年月日 :

以下の文書はポルトガル語版の Wikipedia の英訳の日本語訳です。

レサ可動橋: Google map 3D、 アップされた写真: その 1 その 2 その 3

レサ可動橋 (Ponte móvel de Leça)

レサ可動橋はレイションイス港 (porto de Leixões) にあり、港の堤防をつなぐことを目的にしている。 もっと具体的にはマトジニョシュ (Matosinhos) をレサ・ダ・パルメイラ (Leça da Palmeira) に接続し、 No. 4 ドックに進入できるようにしている。 しかし、橋を持ち上げれば船舶はここを通り抜けることができる。 これは重要な接続手段で、これがなければ港を簡単に横断できないからである。

2007 年 7 月 30 日に落成し、 橋は建築家のジョアン・モータ・ゲヂス (João Motta Guedes) によりデザインされ、Proman と JNA の会社の技術者も参画した。

これを可能とした共同の努力は幾つかの国内と国際的な賞を勝ち得ることを可能とした。

新しい橋の主な目的は次であった:

新しい構造の特徴は:

この新しい橋の主な利点の 1 つはボートの通過時間が短縮されることである。

一方で、高さを増大したことで、もはや橋を頻繁に持ち上げる必要がなく、 道路交通が中断されることがない恩恵がある。 他方で、新しい電気油圧システムの使用から、開閉がずっと効率的になり、 古い橋との関連では 6 分短縮された。 このプログラムを実施したのは: Mota Engil (建築エンジニアリング)、 POAT (アクセスと輸送に関しての運用プログラム、Programa Operacional de Acessibilidades e Transporte) に支援された SA、 CPTP (港湾工事・建設のポルトガルの会社、Companhia Portuguesa de Trabalhos Portuários e Construções)、 SA そして EU による 50% の資金援助。

この橋は世界で 4 番目に大きな可動橋で、バルセロナ、バレンシア、マイアミに次ぐものである。

工事の全経費はおよそ 1400万 ユーロであった。

次のグーグル・マップのリンクで橋を仮想的に訪れることができる。 橋の訪問

橋に関しての一般情報:

位置レイションイス港
橋の型式バスキュール橋
開通2007 年 7 月 30 日
依頼者APDL (ドゥエロ港・レイションイス港の港湾局、
Administration of Ports of Douro and Leixões SA)
建築家João Motta Guedes
責任
エンジニア
Correia de Araújo and Campos e Matos (ante-project);
PROMAN - Centro de Estudos e Projectos, SA;
JNA - Nunes de Almeida Engenharia e Projectos, Unipessoal, Lda. (Project)
ヨーロッパ鋼デザイン賞 2007 年
ECCS (鋼建設ヨーロッパ大会、 European Convention for Construction Steelwork)
路面幅10.7 m (以前のものより 1.3 m 広い)
可動スパン
重量
290 トン
水路幅77.5 m (以前のものより 19 m 増加)
訳注
  1. SA は英語の Ltd., Inc. に相当するポルトガル語で英語と違い単独使用されることがある。 (SA translation English | Portuguese dictionary | Reverso)。
  2. LDA はポルトガル語の Limitada (英語の Limited Liability に類似) の意味。 ( LDA - Limitada)
  3. Unipessoal は single-member company の意味です。