ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Skansen Bridge - Wikipedia

スカンセン橋: Google map (衛星写真) フォトスフィア ストリート・ビュー

スカンセン橋 (Skansen Bridge)

スカンセン橋 (ノルウェイ語: Skansen jernbanebro) は長さ 52 m の鉄道用のバスキュール橋で、ノルウェイ、トロンヘイム (Trondheim) のスカンセンにあり、 スカンセン駅のそばにある。 橋は 1918 年 3 月 22 日に開通し、列車がドブレ駅 (Dovre Line) からトロンヘイム中央駅に行くことを可能にし、 一方で船がトロンヘイム運河でトロンヘイム湾に行くことを可能にしている。 これが建設された時に同時にドブレ線は 1,067 mm (3 フィート 6 インチ) の狭軌から、 1,435 mm (4 フィート 81/2 インチ) の標準軌道に建設し直され、 マリェンボルグ (Marienborg) とトロンヘイム中央駅の区間が複線となった。


スカンセン橋

橋はジョセフ・シュトラウスによりデザインされ、彼が建設した仕事には米国、サンフランシスコの金門橋が含まれる。 2006 年に橋は 「ノルウェイ歴史遺産局」 (Norwegian Directorate for Cultural Heritage) により、保存された。 というのはスカンセン橋はノルウェイではユニークで、世界に残されている数少ないものの一つである。 保存は橋全体を含み、建設装置、技術装置、橋の管理人の小屋と変電所を含んでいる。 保存は鉄道軌道、信号装置や頭上架線を含まない。