ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Joseph Strauss (engineer) - Wikipedia
ジョセフ・シュトラウス (技術者)
(Joseph Strauss (engineer))

ジョセフ・ベルマン・シュトラウス (1870 年 1 月 9 日 - 1938 年 5 月 16 日、Joseph Baermann Strauss) はアメリカの構造技術者で、 バスキュール橋のデザインに革命を起こした。 彼は金門橋 - 吊り橋 - の主任技術者であった。


サンフランシスコのジョセフ・シュトラウスの記念像
2010 年 3 月
  1. 人生、始まりと死
  2. 初期の経歴とバスキュール橋
  3. 橋のデザイン
人生、始まりと死

彼はオハイオ州シンシナティでドイツ系ユダヤ人の芸術家の家庭に生まれ、 母はピアニストで、父親のラファエル・シュトラウス (Raphael Strauss) は作家で絵描きであった。 彼の母親に不幸な事故があり、これによりコンサートの仕事が終わりとなった。 彼は 1892 年にシンシナティ大学を卒業した。 彼は 「クラスの詩人」、級長を務め、 シグマ・アルファ・イプシロンの フラタニティ (fraternity) のメンバーであった。 シュトラウスは土木技術者の学位を取って卒業した。

ジョセフ・シュトラウスは多くの趣味があった。 この一つに詩があった。金門橋の完成後に彼は詩の熱情に復帰し、 彼の最も著名な詩 「大きな仕事がなされた」(The Mighty Task is Done) を書いた。 彼は畏敬の念を起こさせる 「レッドウッド」 (The Redwoods) を書いた。彼の感動させる詩の 「セコイア」 (Sequoia) はカリフォルニアのレッドウッドを訪れる旅行客によりいまだに購入されている。 彼は金門橋の完成後の丁度 1 年後に亡くなった。 彼の彫像は金門橋のサンフランシスコ側で見ることができる。 彼は大霊廟 (Great Mausoleum) にある フォレスト・ローン記念公園 (グレンデール) (Forest Lawn Memorial Park (Glendale)) のサンクチュアリー・メディテーション (Sanctuary of Meditation、瞑想の聖所)、 聖堂地下室 (crypt) 6281 に埋葬されている。

初期の経歴とバスキュール橋

彼は大学生の時に入院し、 彼の病室はジョン A. ローブリング吊り橋 (Joh A. Roebling Suspension Bridge) を見下ろしていた。 これで、彼は橋に興味を持った。 シンシナティ大学を卒業後、シュトラウスはラルフ・モジェスキーの事務所で働いた。 この事務所は橋の建設を専門にしていた。 当時、バスキュール橋は高価な鉄製のカウンターウェイトで建設されていた。 彼は鉄の代わりに、廉価なコンクリート製のカウンターウェイトを使用することを提案した。 彼のアイデアが拒絶された時に、彼は自分の会社 -- シカゴのシュトラウス・バスキュール橋会社 -- を始め、ここで彼はバスキュール橋デザインの革命を起こした。

橋のデザイン

シュトラウスがデザインした橋には: オレゴン州ポートランドのバーン・サイド橋 (1926 年)、 コロンビア州でワシントン州ロングビューとオレゴン州レーニエを接続するルイス・クラーク橋 (1930 年) がある。 シュトラウスはドミニオン橋梁会社と共同でトロントの チェリー・ストリート・シュトラウス・トラニオン・バスキュール橋を建設した。 1912 年にはヒューストンのバッファロー・バイユー (Buffalo Bayou, 川の名) にかかる HB&T 鉄道バスキュール橋を建設した。 (この橋は現在ではヒューストンのダウンタウンで州間道路 69 の橋の下に隠れている。) 彼のデザインはノルウェイにも輸出され、スカンセン橋は今でも毎日使用されている。

金門橋

シュトラウスはカリフォルニア州サンフランシスコの金門橋の主任技術者として、 多くの問題を克服した。 彼は市民や米国軍隊からも橋の資金と支援を仰がなければならなかった。 橋の建設法に新機軸があった。 橋の長さはかって作られた橋の中でも最大なものの 1 つであり、 今まで見たことがない高さに到達することになり、 海からの力にも持ちこたえなければならなかった。 南側のケーブル支え場所に、コンクリートが注がれる前に 彼の母港のシンシナティ大学で取り壊されたマクミケン・ホール (McMicken Hall) のレンガを置いた。

シュトラウスは労働者の安全も心配した。 彼は建設中に金門橋の下に網を設置することを要求した。 これにより全部で 19 名が救われた。

実際にはチャールズ・アルトン・エリス (Charles Alton Ellis) が金門橋の構造デザインで主に責任を取った。 しかしながら、シュトラウスとの論争により、橋が 1939 年に開通した時に、 エリスの仕事は認められなかった。 エリスを讃える銘板が 2012 年に初めて登場することになる。