ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Burnside Bridge - Wikipedia

バーンサイド橋: Google map 3D

バーンサイド橋 (Burnside Bridge)

バーンサイド橋は 1926 年に建設されたバスキュール橋で、 米国オレゴン州ポートランドのウィラメット川 (Willamette River) を横断し、バーンサイド・ストリートを通している。 この橋は、この場所における同じ名前を持つ 2 番目の橋である。 これは 2012 年 11 月に 「国の歴史登録財」 に追加された。


バーンサイド橋
  1. デザイン
  2. 歴史
デザイン

橋はアイラ G. ヘドリック (Ira G. Hedrick) とロバート E. クレマーズ (Robert E. Kremers) によりデザインされ、ジョセフ・シュトラウスによりデザインされたバスキュール持ち上げ機構を組み込んでいた。


橋はほとんど完全開放

進入路を含めると、バーンサイド橋は全長 2308 フィート (703 m) で 251 フィート (77 m) の中央スパンがある。 降下時には、中央スパンは通常、水面上 64 フィート (20 m) にある。 路面はコンクリートで製造され、これが米国で最も重いバスキュール橋の 1 つとなることの原因であった。 カウンターウェイトは 2 つの橋脚の中に格納され、重さは 1,700 米トン (1,524 トン) である。 (橋の) 持ち上げは通常、ホウソーン橋 (Hawthorne Bridge) の操作員により、制御されるが、 川が高水位の時には操作員が西の塔に配置される。

橋は当初認可されていなかったバーンサイド・スケートパークの屋根を提供し、 これは橋の東端にある。 [訳注:スケートパーク = スケートボードパーク] 週末にはポートランド土曜市が長年にわたって、ほぼ橋の西端の下で開かれていた。 市 (いち) は 2009 年に場所を少し変えたが、市 (いち) の北端にある少々の露店の屋根となっている。


バーンサイド・スケートパーク
歴史

1891 年に、バーンサイド・ストリートは 「"B" ストリート」 から ダン・ワイマン・バーンサイド (Dan Wyman Burnside) -- 地元の事業家で 1866 年のウィラメット川の浚渫を提案した人の 1 人 -- にちなんで改名された。 元々のバーンサイド橋の建設は 1892 年の 11 月に開始し、1894 年 7 月 4 日に開通した。 橋は旋回橋で、錬鉄と鋼で建設された。

この橋の交換は $450万 の債券の一部で、これにはロス・アイランド橋 (Ross Island bridge) とシェルウッド橋 (Shellwood bridge) も含まれていた。 公衆が後に知ったことは契約が最低入札者よりも多額な $500,000 で落札されたことであった。 3 人のマルトノマ郡 (Multnomah County) の委員がこのスキャンダルにより解任され、 新しい技術会社がプロジェクトの遂行の任にあたった。

橋は 1926 年 5 月 28 日に開通し、最終経費は $450万 で、これには進入路も含まれていた。 これはポートランドのウィラメット川にかかる橋で、建築家の考えをデザインに取り込んだ唯一の橋である。 これにより、イタリア、ルネッサンス風の塔と装飾的な金属製の手すりになった。 バスキュール・システムはジョセフ・シュトラウスによりデザインされた。 橋建設の当初の主任技術会社はヘドリック & クレマーズ の会社 (firm of Hedrick & Kremers) であった。 この次に橋はギュスターヴ・リンデンソール (Gustav Lindenthal) により完成され、 この会社は建設の監督もした。

路面電車は 1950 年まで、バーンサイド橋を横断し、サンディ・ブールバード (Sandy Blvd.、サンディ大踊り) のルートの任にあたった。 トロリーバスは 1936 年から 1958 年までこの橋を横断した。 現在の所、トライ・メット (TriMet) の3 つのバスルートが橋を使用している。

訳注
トライ・メット (TriMet) の正式名は Tri-County Metropolitan Transportation District of Oregon (オレゴン州 3 郡都市圏輸送地区) で、ポートランド都市圏の大半の地域の大量輸送をまかなう公的機関 (public agency) のこと。 (TriMet)

橋の装飾的な 2 つの塔の 1 つ。

1990 年代にバーンサイド橋は地域緊急輸送路 -- 緊急車両に使用される高速道路でない橋 -- に指定された。 1995 年に 6 車線の 1 つが取り除かれ自転車レーンになった。 2002 年の 3 月から 11 月までに、橋は $210万 の耐震化工事を行い、 マルトノマ郡 (Multnomah County) が操業する橋で耐震工事を受けた最初の橋になった。

橋は 2006 年に工事が実施され、路面が取り換えられた。 1950 年に見捨てられた路面電車の軌道が工事中に見ることができた。 このプロジェクトは $900万 の予算で、工事の大半は 2007 年 12 月 9 日に完成した。 橋は 2012 年 11 月に 「国の歴史登録財」 に追加された。

東岸遊歩道 (Eastbank Esplanade) は 2001 年に開通し、 遊歩道の建設時に、階段により橋と接続された。 しかしながら橋の古さから余分な重さを支えることができないため、 階段は分離した杭で支えなければならなかった。