ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Cherry Street Strauss Trunnion Bascule Bridge - Wikipedia

チェリー・ストリート・シュトラウス・トラニオン・バスキュール橋: Google map 3D

チェリー・ストリート・シュトラウス・トラニオン・バスキュール橋 (Cherry Street Strauss Trunnion Bascule Bridge)

チェリー・ストリート・シュトラウス・トラニオン・バスキュール橋は カナダ、オンタリオ州トロントのバスキュール橋でウォーレン・トラスである。 橋はポート・ランズ産業地区に属し、チェリー・ストリートを通し、 トロント・ハーバー船舶水路を横断している。 橋が開くと、船は水路とその向こうの U-ターン・ベイスンに進入できる。 チェリー・ストリートには 2 つのバスキュール橋がある。 もう一つの、より小さな橋はキーティング水路を横断し、 一方、この橋は船舶水路を横断している。


チェリー・ストリート・シュトラウス・トラニオン・バスキュール橋

この橋はジョセフ・シュトラウスの会社とドミニオン橋梁会社により 1930 年に建設された。 橋の北側には 750 トンのコンクリート製のカウンターウェイトがあり、 これにより橋が軸の周りに回転して開放する。 橋は、その建設で 500 トンの鋼を使用した。 橋は 2 車線の交通を通すようにデザインされている。 建設費は CA$500,000 (2017 年では $773万) であった。 1931 年 6 月 29 日に、トロント市長のウィリアム・スチュワートにより、 開通式が挙行された。 橋はオンタリオ州歴史遺産法の下で、1992 年にトロント市により、歴史的建造物として登録されている。

市は 2007 年に橋を一新するために、CA$250万 を使用した。 トロント港湾局は 2012 年 12 月から 2013 年 9 月までに CA$200万 で橋を更に修理した。