ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

John A. Roebling Suspension Bridge - Wikipedia

ジョン A. ローブリング吊り橋: Google map

ジョン A. ローブリング吊り橋
(John A. Roebling Suspension Bridge)

ジョン A. ローブリング吊り橋は元々シンシナティ・コビントン橋 (Cincinnati-Covington Bridge) と呼ばれ、 オハイオ州シンシナティとケンタッキー州コビントンの間でオハイオ川に架かっている。 最初の歩行者が 1866 年 12 月 1 日に横断した時には、 この橋は世界で最長のつり橋で 1057 フィート (322 m) の主スパンがあった。 歩行者は橋を利用してシンシナティのスポーツの開催地 ( ポール・ブラウン・スタジアム (Paul Brown Stadium)、 グレート・アメリカン・ボール・パーク (Great American Ball Park)、 US バンク・アリーナ (U.S. Bank Arena)) とケンタッキー州北部のホテル、バー、レストランそして駐車場を利用する。 ケンタッキー側の橋のたもとにあるバーとレストランの地区はローブリング・ポイントと呼ばれている。

コビントン・シンシナティ吊り橋
米国、国の歴史登録財
米国、国の歴史的ランドマーク
ケンタッキー州における位置

ランプ (ramp, 坂道) が路面電車のために直接橋からディキシー・ターミナル (Dixie Terminal) に建設された。 これらはコビントン・シンシナティ路面電車にダウンタウンの中心まで、高さで分離されたルートが提供され、 ターミナル・ビルディングは元々は地下の歩行者通路を経由して、悪名高いシンシナティ地下鉄の ファウンテン広場駅 (Fountain Square Station) と接続することになっていたが、この駅は決して建設されることはなかった。 1950 年代に路面電車の運行が終了した時に、ターミナルはディーゼル・バスのターミナルに変更された。 ランプは 1998 年にバス・ターミナルとして使用されなくなった時に取り除かれた。

  1. 計画と認可状
  2. 建設
  3. 変更と指定
計画と認可状

1856 年前の数 10 年間に、オハイオ川を横断する通行の望みと必要性が明らかとなった。 オハイオ州とケンタッキー州のトレードは自然の気まぐれに左右されないなんらかの接続方法がなければ 継続することはなかったであろう。 岸から岸への距離が随分大きく、蒸気ボートの交通は随分混雑していた。 川の交通を制限しない唯一の解決はフランスの技術者が開発した型式のワイヤー・ケーブルの吊り橋であった。 幾人かの米国の技術者は吊り橋のデザインと建設を始めた。 これらの 1 人がペンシルバニア州サクソンバーグ (Saxonburg) のジョン A. ローブリングであった。 しかしながら、オハイオ川はフランスで橋をかけたどの川よりも随分と広かった。

シンシナティ吊り橋の
名刺写真 (carte de visite)
(裏面に切手) コビントン
からシンシナティを見る。
1870 年頃
1907 年のローブリング吊り橋

コビントン・シンシナティ橋梁会社 (Covington and Cincinnati Bridge Company) が 1846 年 2 月に法人化され、会社はローブリングに橋の計画を尋ねた。 彼の考えの手短な概要は高水位時に 100 フィート (30 m) の余地がある 1200 フィート (370 m) の橋であったが、川の中央に巨大な塔があった。 蒸気ボートと渡し舟 (フェリー) の関係者は寸法を信用せずに、この計画に反対する運動をした。 彼等が恐れたことは、 水路の妨害、渡し舟市場の喪失、資産価値の下落であった。 これは 30 年後にニューヨーク市で聞かれたブルックリン橋の反対にとてもよく似ていた。 オハイオ州議会は橋の認可状を拒否した。 9 月にローブリングは 36 頁の報告を出版し、これは確かな技術的議論を含み、 上述の問題の鮮明な分析があった。 彼は、蒸気ボートの操業者が大きすぎる煙突を使用して、 将来の商的利益のために投機していると攻撃し、 西部の川に橋をかける重要性を (色々な証拠から) 推考した。 ローブリングは川沿いに橋を設置することに関する決定に関しては会社には 自治権があるべきであると明示した。 しかし、認可状はなお与えられなかった。

上流のバージニア州 (後のウェスト・バージニア州) のホイーリングで吊り橋が建設されるのを見てから、 議会は態度を和らげて認可状を通過させたが、 主スパンを 1,400 フィート (430 m) にする過大な長さを要求し、 特別な自治を拒否した。 この後者の条項は関係者すべてにより後悔された。 シンシナティとコビントンの道路は一列になるように作られ、 橋が将来に建設されることを望んだ。 オハイオ州議会が橋の場所を自分で決めようとした時、 競合するケンタッキー州の都市であるニューポートやコビントンよりも、 シンシナティの卓越性を守れると考え、明らかな場所を選択しそびれた。 橋自身はほとんど完全にケンタッキー州に属していた。 というのは州の境界は川の北岸であったからである。 これによりシンシナティから、この大陸で最も素晴らしく、立派な通りの一つが永久になくなった。

1854 年にニューポートのリッキング川 (Licking River) で小さな吊り橋が崩壊した。 この事件により、投資家が思いとどまり、会社は建設を開始するための十分な資金を集めることができなかった。 アモス・シンクル (Amos Shinkle) は 1856 年に受託者の委員に選ばれた。 彼はもっと必要とされる活気を持ち合わせていた。 シンクル (Shinkle) は直ちに新しい投資家を何とかして見つけ、 オハイオ州とケンタッキー州の州政府からもっと多くの支持を得た。 この頃に橋の認可状は修正され、橋の長さは最小 1000 フィート (300 m) に 縮小されていた。 この時までにローブリングは名声を勝ち得ていた。 橋梁会社の社長のラムソン (Ramson) はローブリングに会うために旅行をした。 ローブリングはアイオワ州におり、橋を建設するための契約が確実なものにされた。 9 月にローブリングはシンシナティに到着し、彼がむかついたことに何も準備されていなかった。 最近の事件は橋梁会社には不意打ちであった。

建設

コビントン塔の基礎の掘削は 1856 年 9 月に開始し、 円滑に進んだ。 基礎は 13 層のオークの梁から構成され、各層は直下の層に垂直に設置され、 鉄の部品でボルト付けされ、最後にセメントで定位置に設置した。 シンシナティ側では工事は最初から遅れた。 建設労働者は掘削孔から十分に速く水を汲み出すことができなかった。 彼等は流れる川の真中で川床を掘ろうとした。 何ヶ月も行き詰った後で、ローブリングはポンプ用に値段の高い機械、 あるいは大きなエンジンを購入することに反対し、全く最後に 四角い容積型ポンプ (positive displacement pump) を 3 インチ (76 mm) の松の板からデザインした。 彼は 48 時間以内に地元で建造させ、アモス・シンクル (Amos Shinkle) の引き船の 1 隻である 「チャンピオン No. 1」 から操作した。 自家製のポンプはサイクル毎に泥と粘土を 40 ガロン汲み上げた。

ローブリング吊り橋がオハイオ川に架かる。
夜間にコビントンからシンシナティを見る。

労働者がオハイオ川の引き締まった砂利の床に到達した時、 ローブリングはシンシナティ塔の基礎として十分であると決定した。 オークの材木が敷かれ、コビントン塔の基礎と同じになり、 3 ヶ月以内にどちらの塔の石造建築も水面上に登場した。 (水面は、この時は秋で、記録的に低かった。) 工事は氷点下と水位の上昇により停止した。 これは橋が完成するまで季節的に継続した。この時までに、改定された契約が結ばれ、 工事が避けようがない惨事を除き、1858 年 12 月までに完成することになった。

1856 年 - 1857 年の厳しい冬と雨がちな春の後で、建設は 1857 年 7 月に再開した。 塔の各基礎の最初の垂直な 25 フィート部分は砂岩が使用された。 石灰岩がこの砂岩を包み込み、常に流れる水と、船舶との事故による衝突から砂岩を守った。 各塔のそれ以上の残りの部分は粗削りで大きなデザインの砂岩で建設された。 ローブリングは、これが塔に 「巨大な外見を与え、機能として全く適切である」 とした。

1857 年の 7 月から 8 月の工事で、会社は流動資金がなくなり、 1857 年恐慌で問題がひどくなった。 工事はプロジェクトの支払いが不可能なため停止した。 1858 年 7 月に少ない労働力で操業を再開した。 この時には 1 つの塔のみ工事ができた。 社長のラムソンがまもなく亡くなり、1859 年 - 1860 年には工事はされなかった。

1860 年 11 月に、エイブラハム・リンカーンが米国大統領に選ばれ、1861 年 1 月に南北戦争が宣言された。 シンシナティが南軍によって包囲される恐れがあったため、 ポンツーン・ブリッジ (ありあわせの船で作った臨時の橋) がオハイオ川にかけられ、 北軍が横断して陣地が建設された。 このすぐ後で (恒久的な橋が重要であることは明らかであった)、 投資家からの資金が流れ込んだ。 債権が売られ、1863 年の 1 月には建築資材が到着し始めていた。 もっと早く建設するために、主スパンの高さは 100 フィート (30 m) に下げられた。 工事を再開する準備がされた。 機械が注文され、新しいデリック (derrikc, 起重機) が建設されたが、 侵略の恐れが新たになったため、 一時的に進展が停止した。 終に 1863 年の春に工事が再開し、その年の末まで工事が継続した。

1864 年の春に、工事が再開した。 ローブリングはニュージャージー州トレントン (Trenton) に自分のワイヤー工場を持っていたが、 橋梁会社はイングランド、マンチェスターのリチャード・ジョンソン (Richard Johnson) から 100万ポンドのワイヤーを購入し、これが川に架けられた。 ローブリングは彼の他の橋の 1 つで、ジョンソンのワイヤーを使用していた。 ローブリングはジョンソンのワイヤーを米国製のワイヤーよりも好んでいた。 というのはその優れた品質と伸張の強さ (tensile strength) にあった。 両側のアンカレッジ (anchorage) は石灰岩を基礎にして作り、 フリーストーン (freestone, 軟石、きめの細かい石で、どちらの方向にも切れる) で仕上げた。 11 トンの鉄のアンカーが各ブロックに埋め込まれ、 ローブリングの特許をとった錬鉄の鎖の接続でケーブルを固定した。 これらの接続は彼の子息のローブリングがブルックリン橋の建設で使用したものとほとんど正確に類似している。 南北戦争はプロジェクトの労働力を奪い、最後まで速度と効率を邪魔した。

橋の工事は戦争後、どんどん進展した。 1865 年 9 月に、最初の 2 本のワイヤー・ロープが設置された。 ワイヤーはハシケのスプール (spool, 糸巻き) から繰り出され、 川底に沈み、同時に川底から持ち上げられた。 木造の横桁がワイヤー・ロープから一定間隔で設置され、 単純な歩道橋が労働者のために建設された。 オハイオ川が張り渡され、プロジェクトの完成のために 洪水と凍えるような気温のさなかに、最後の 1 押しがあった。 橋のケーブル張りは熱狂的なペースで進み、一日におよそ 80 本が川に架けられた。 何百名もの人が両側から蜘蛛のような工程を眺めた。 1866 年 6 月 23 日に、最後のワイヤーが横断し、全部で 10,360 本のワイヤーが横断した。 これらは、間もなく互いに圧縮されて、 外側の覆いで包まれて各々 5,180 本のワイヤーから成る 2 本のケーブルになった。 サスペンダー (吊り具) が 8 月末までに吊り下げられ、600,000 フィート (180,000 m) のオークの 材木が 300 本の吊り下げ梁を横断して床として設置された。 路面電車の 2 つの軌道が敷設された。 斜め支柱が追加されて、荷重容量を増大し、床を強化して、振動を制限した。 錬鉄製のトラスが追加されて橋の全長にわたった。

1866 年 12 月 1 日に、地元の人に 「吊り橋」 と呼ばれたこの橋を、 歩行者が始めて横断した。 最初の 2 日間で 166,000 名以上の人が橋を歩いて横断した。 最後の仕上げが、続く数ヶ月の間に橋に施され、 建設は 1867 年 7 月に公的に終了した。 建設時には 2 名が亡くなったのみである。 ローブリング橋が 1867 年 1 月 1 日に公式に開通した時に、 軽装馬車 (horse + buggy) は通行料として 15 セントを徴収され、 3 匹の馬と荷馬車は 25 セントを徴収された。歩行者は 1 セントを徴収された。

橋の空からの写真 ローブリング吊り橋の光景
国内 地下鉄道自由センター
の 3 階から、シンシナティ
変更と指定

橋の元々の路面は南北戦争のインフレにより、できる限り安い経費で建設されたが、 石の塔は元々要求されたよりも、ずっと重い荷重を運ぶようにデザインされていた。 1896 年に第二セットの主ケーブル、広い鋼の路面、そしてより長い北の進入路が設置された。 この再建は橋の外見を随分と変更したが、新しい 30 トンの重量制限は 橋の有効性を 20 世紀、そしてそれ以上に延長した。 1967 年に、200 年祭に敬意を表して、橋は (茶色ではなく) 青色に塗装された。

コビントン・シンシナティ橋梁会社 -- 私的会社 -- はケンタッキー州が 1953 年に $420万 で購入するまでは橋を操業していた。 州は 1963 年までは通行料を徴収し、 この時ブレント・スペンス橋 (Brent Spence Bridge) が州間道路 75 で開通した。 この橋はローブリング吊り橋の西、およそ 0.6 マイル (0.97 km) の下流にある。

橋は 1975 年に国の歴史登録財 (Ntional Register of Historic Places) に登録され、1983 年に国の歴史的土木技術ランドマーク (National Historic Civil Engineering Landmark) に指定された。 橋はシンシナティで 4 基ある高速道路でない道路、あるいは歩行者用道路で最も多忙な橋のままである。 当初は 「コビントン・シンシナティ吊り橋」 あるいは 「オハイオ川橋」 と呼ばれたが、 1983 年 6 月 27 日に (橋の) デザイナー且つ建設者に敬意を表して改名された。

ケンタッキー州は 2006 年 11 月 13 日に橋を閉鎖して、橋に広範囲な修理をした。 2007 年 4 月 22 日に再開通する予定であったが、予定より 1 ヶ月前の 3 月末に再開通した。 しかしながら、橋は再びすぐに閉鎖され、2008 年の大半で再塗装された。 2007 年 9 月 11 日にケンタッキー州は重量制限を 11 トンに引き下げた。 これはケンタッキー大学の分析に基づいて将来の構造被害を防止したのである。 新しい重量制限でバスが橋に進入できなくなった。

ケンタッキー州は 2010 年 4 月 7 日の AM 9 に完全塗装のために橋を閉鎖した。 橋は 2010 年 11 月に再開通した。 橋の閉鎖は車両交通のみに影響しただけで、1 本の歩行者通路は開放したままであった。

2013 年 1 月に砂岩の大きな塊が北の塔から落下し、橋はラッシュ時のおよそ 4 時間閉鎖した。 この時間に破片を取り除いて、塔に更に被害がないかを調査した。