ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Brooklyn Bridge - Wikipedia

ブルックリン橋: Google map

ブルックリン橋 (Brooklyn Bridge)

ブルックリン橋はニューヨーク市にあるケーブル支え橋と吊り橋の混血 (ハイブリッド) で、 米国で最も古い橋の 1 つである。 橋の建設は 1869 年に開始して、14 年後の 1883 年に完成し、 橋はイースト川 (East River) に架かって、 マンハッタンとブルックリンを接続している。 橋の主スパンは長さ 1,595.5 フィート (486.3 m) で、 始めて建設された鋼ワイヤーの吊り橋であった。 橋は元々 ニューヨーク・ブルックリン橋 (New York and Brooklyn Bridge) とも イースト川橋 (East River Bridge) とも呼ばれたが、 後に ブルックリン橋 と呼ばれた。 この名前は (建設が開始する) 前の 1867 年 1 月 25 日に、 ブルックリン・デイリー・イーグル紙 の編集者に宛てた手紙で使用され、 1915 年にニューヨーク市により公式にこのように命名された。 開通以来、橋はニューヨーク市の偶像となり、 1964 年に 「国の歴史的ランドマーク」 (National Historic Landmark) に指定され、 1972 年には 「国の歴史的土木技術ランドマーク」 (National Historic Engineering Landmark) に指定された。

ブルックリン橋
国の歴史登録財、 国の歴史的ランドマーク
ニューヨーク市ランドマーク
ロウアー・マンハッタンに
おける位置
  1. デザイン
  2. 歴史
  3. 歩行者進入路と車両進入路
  4. 文化的重要性
  5. ギャラリー
デザイン

ブルックリン橋は技術的には吊り橋であるが、 橋はケーブル支え橋と吊り橋のハイブリッド・デザインである。 塔は石灰岩、花崗岩、及びローザンデール・セメント (Rosendale cement、ローザンデールは地名) で建設されている。 石灰岩はニューヨーク州エセックス郡のクラーク石切り場 (Clark Quarry) で切り出された。 花崗岩のブロックはメイン州バイナルヘイブン島 (Vinalhaven Island) で切り出されて形を整えられた。 これは ボドウェル花崗岩会社 (Bodwell Granite Company) との契約で実施され、スクーナー (schooner) でメイン州からニューヨーク州まで輸送された。

橋のアンカーには無数の通路と区画が建設された。 ニューヨーク市は橋に資金提供するために、 橋のマンハッタン側のアンカーの下にある大きな地下貯蔵室を借りた。 貯蔵室は 1876 年に開設され、 ワインの貯蔵庫に使用された。 というのは貯蔵庫は常に 16°F (16°C) であったからである。 これは 「青い岩屋」 (Blue Grotto) と呼ばれた。 というのは入口の開口部の横には聖母マリアの聖堂があったからである。 雑誌の ニューヨーク が 102 年後に貯蔵庫の 1 つを訪問した時に、 壁に 「消えかけている銘文」 を見つけた。 次のように書かれていた。 「ワイン、女性、そして歌を愛さない者は全生涯を通じ、愚かしいことになる」

歴史
建設

橋の建設は 1869 年に開始した。橋はドイツ人の移民のジョン・オーガスタス・ローブリング (John Augustus Roebling) によりデザインされ、 彼はそれ以前に、より短い吊り橋をデザイン・建設していた。 これにはペンシルバニア州ラッカワクセン (Lackawaxen) の 「ローブリングのデラウェア水道橋」 (Roebling's Delaware Aqueduct)、 ウェーコ吊り橋 (Waco Suspension Bridge)、 オハイオ州シンシナティとケンタッキー州コビントン (Covington) の間の 「ジョン A. ローブリング吊り橋」 (John A. Roebling Suspension Bridge) があった。 ローブリングは橋のプロジェクトの測量を実施している最中に、 足がフェリーと杭の間に挟まれてクラッシュ外傷を負った。 つぶれたつま先を切除後に破傷風を患い、動きがとれなくなり、 まもなく 1869 年に死に至ることになった。 これは彼が 32 才の子息のワシントン・ローブリングにプロジェクトの計画をゆだねてから間もなくのことであった。

ジョン・オーガスタス・ローブリング ブルックリン橋の 1 つの塔
の初期の計画、1867 年

橋の 2 基の塔は 2 つの浮かぶケイソンで作られ、 ケーソンはサザン・イエロー・パイン (Southern Yellow Pine, 南黄色松) で作られた巨大な箱をひっくり返したもので、 イースト川に作られ、ケーソンの上に石の塔の建設が始まり、 ケーソンが川底に沈むまで続いた。圧縮空気がケーソンに注入され。労働者は中に入ってケーソンが岩盤に達するまで泥を掘った。 橋の全重量は泥の下の厚さ 15 フィートのサザン・イエロー・パインの材木の上にいまだにのしかかっている。

多くの労働者はこの工事で 減圧症で病気になった。 この病気は当時は知られておらず、プロジェクトの医者であるアンドリュー・スミス (Andrew Smith) により、 「ケーソン病」 (caisson disease) と呼ばれた。 1870 年 1 月 3 日のブルックリン塔の起工式の後間もなく、 ワシントン・ローブリングも減圧症の結果、麻痺症状に陥った。 ローブリングの衰弱により、工事を直接監督することが肉体的に不可能となった。

主任技術者として、ローブリングは工事現場が見える彼のアパートから全計画を監督し、 ケーソンなどの装置のデザイン、デザインのやり直しをした。 彼は妻のエミリー・ウォーレン・ローブリング (Emily Warren Roebling) に助けられた。 彼女は夫と現場の技術者の間の重大な文字による連絡を担った。 夫の指導の下で、エミリーは高等数学、懸垂線の計算、材質の強度、橋の仕様、 及びケーブル建設の複雑なことを学んだ。 彼女はその後 11 年間ワシントン・ローブリングを助け、 橋の建設の監督をする手助けをした。 マンハッタン塔の下で、鉄の探針 (iron probe) により、 岩盤が予期したよりも深い所にあることが判明した時に、 ローブリングは工事を停止させた。 これは減圧症の危険が増えるためであった。 彼は後に岩盤の上の 30 フィート (9.1 m) の厚さの骨材が塔を支えるのに十分に堅固であると考え、 工事が継続した。

ブルックリン橋の建設を詳しく述べているのはデイビッド・マッカラー (David McCullough) による 1972 年の本 「偉大な橋」 (The Great Bridge) とケン・バーンズ (Ken Burns) による PBS ドキュメンタリー映画 「ブルックリン橋」 (1981 年) である。 バーンズは映画のためにマクロウの本をひどく利用し、彼をナレーターに使用した。 橋は 「産業世界の 7 つの驚異」 でも詳しく述べられ、 これは BBC のドキュメンタリー・シリーズとそれに付随した本であった。

開通

橋 -- 元々ニューヨーク・ブルックリン橋とかイースト川橋と呼ばれた -- は 1883 年 5 月 24 日に開通した。 何千人もの人が開通式に参加し、多くの船がこの機会に、イースト川に停泊した。 チェスター A. アーサー大統領 (Chester A. Arthur) と フランクリン・エドソン市長 (Franklin Edson) は祝砲に向けて橋を横断し、ブルックリン側の塔に到着した時にブルックリン市長セス・ロウ (Seth Low) に迎えられた。 祝賀会の後で、アーサーはワシントン・ローブリングの自宅で彼と握手した。 ローブリングは祝賀会には出席できなかった (実際、橋にはほとんど訪れることがなかった)、 しかし橋の開通式の日に彼の自宅で祝宴が開かれた。 もっと続いた祭りには楽団の演奏、船からの祝砲、花火の打ち上げがあった。

新聞の大見出し、
橋の開通を知らせる。
動画 (音声なし)
トーマス A. エジソン社:"ブルックリン橋を経由してニューブルックリンからニューヨークまで", 1899 年

初日には、全部で 1,800 台の車両と 150,300 名の人が橋を横断し、 橋は当時、マンハッタンとブルックリンを接続する唯一の陸上の接続であった。 エミリー・ウォーレン・ローブリングは橋を横断した最初の人であった。 イースト川にかかる橋の主スパンは 1,595 フィート 6 インチ (486.3 m) であった。 橋は 1883 年の $15500万 (今日の価格では $385,554,000) の建設経費がかかり、 27 名が建設中に亡くなったと見積もられている。

ブルックリン橋の
マンハッタン側の銘板
空からの光景、塔を見下ろす。

開通の 6 日後の 1883 年 5 月 30 日に貴婦人が階段を落ち、これにより群衆が殺到して、 少なくとも 12 名が押しつぶされて死亡した。 1884 年 5 月 17 日に P. T. バーナム (Barnum) は橋の安定性に関しての疑念を払しょくする助けをした。 この時、有名な彼のサーカスの宣伝をするために、 彼の最も有名なジャンボが 21 匹の象のパレードを引き連れてブルックリン橋を横断した。

橋の開通時とその後何年間は橋は世界で最長の吊り橋であり -- これ以前に建設されたものよりは 50% 長かった -- 橋は大事なランドマークになった。 1980 年代以来、橋は夜間に投光照明され、建築的な造作が明るく照らされている。 建築様式は ネオ・ゴシック (Neo Gothic) で、 石の塔を通り抜ける通路の上には尖りアーチが付いている。 ペンキの配色は 「ブルックリン橋の渋色 (tan)」 と 「シルバー」 である。 もっとも元々のペンキは 「ローリンズ・レッド」(Rawlins Red, ローリンズ=地名) であったという議論がある。

橋が建設された時には技術者は橋建設の空気力学 (aerodynamics) を発見していなかった。 橋は 1950 年に至るまで風洞実験をされなかった。 これは元々のタコマ・ナロウズ橋 (Tacoma Narrows Bridge) -- ギャロッピング・ガーティ (Galloping Gertie) と呼ばれた -- が崩壊した随分後のことである。 従って路面を支える開放トラス構造がその性質上、空気力学的問題にさらされにくいことは幸運なことであった。 ローブリングは彼が必要として強度の 6 倍の強度を持つように橋とトラスをデザインした。 この理由から、ブルックリン橋は今なお健在で、 同じ頃に建設された多くの橋は歴史に消え失せ、交換されているのである。 これは請負業者の J. ロイド・ヘーグ (J. Lloyd Haigh) が供給したケーブルが低品質の代替品であったにも かかわらずのことであった。 -- これが発見された時には、遅すぎて、すでに建設されたケーブルは交換できなかった。 ローブリングは貧弱なワイヤーにより橋は必要とされる強度の 6 倍ではなく、 4 倍の強度しかないことを決定した。 そこで間もなく 250 本のケーブルを追加してそのままにした。 対角ケーブルが塔から路面に設置され、橋を硬化した。 これらは不必要であることが分かったが、特有な美しさから保持された。

修復

ミネアポリスにおける 2007 年の I-35 W 基幹道路橋の崩壊後、 増大した公衆の注意が米国中の橋の状態に向けられた。 ニューヨーク・タイムズ はブルックリン橋の進入ランプがその前年の検査時点で 「貧弱」の評価を 受けたことを報道した。 ニューヨーク市輸送局のスポークスマンによると 「貧弱」 の評価は危険な状態を示すのではなく、 修復が必要であることを意味する。 進入路を修復する $50800万 (2016 年では $55800万に等価) のプロジェクトは 2010 年に始まり、 橋の完全修復は 2011 年春に開始し、元々 2014 年まで続くことが予定されていたが、 2015 年 4 月まで完成しなかった。

ブルックリン橋の修復が進行中

工事に含まれたものは新しいプレハブのランプに白線を描き直して、1 車線から 2 車線に幅を広げること; 2 階建てのブルックリン=クイーンズ高速道路上で、ヨークストリート (York Stree) の場所で、 東向きの州間道路 278 の上方余地を拡大すること;耐震化、 さび付いた柵と安全障壁の交換、 路面の再舗装であった。 工事の性質上、4 年間の迂回が必要であった。

訳注
英語では道路名とルート名は別に扱っている。 ブルックリン=クイーンズ高速道路は道路名で州間道路 278 はルート名です。 州間道路 278 がブルックリン=クイーンズ高速道路を通っている。

2016 年 8 月に、橋の修復が完了してから、ニューヨーク市輸送局が表明したことは、 7 ヶ月間で $370,000 の調査をして、拡張した自転車道と歩道から構成される、より重い 2 階の路面を橋が支えることが できるかどうかを確認することであった。 2016 年現在では、週日平均して、およそ 10,000 名の歩行者と 3,500 台の自転車が利用している。 ブルックリン側の歩行者の入口が 2017 年 5 月に建設中であった。

注目に値する出来事

1915 年、ニューヨーク市は公式に橋の名称をブルックリン橋にした。 この名称は 1867 年 1 月にブルックリン・デイリー・イーグル紙 の編集者に宛てた手紙で言及された名称で、 手紙は新聞紙上に掲載された。

1919 年、ジョルジョ・ペッシ (Giorgio Pessi) は当時世界で最も大きな飛行機の 1 つであったカプロニ Ca.5 (Caproni Ca.5) を操縦して、橋をくぐった。

1964 年に、橋は 国の歴史的ランドマーク (National Historic Landmark) に指定され、開通以来のニューヨーク市の偶像となり、 1972 年には 国の歴史的土木技術ランドマーク (National Historic Civil Engineering Landmark) に指定された。

1983 年 5 月 24 日の 100 周年記念祭には橋を横断する車のパレードがあり、 ロナルド・リーガン大統領が率いた。 小型船隊が港を訪れ、パレードがあり、夕方には橋の上空はグルッチの花火 (Grucci Fireworks) で照らされた。 ブルックリン博物館は橋の建設で描かれたオリジナルな絵画を選択展示し、 これにはワシントン・ローブリング自身のものがあった。 100 周年記念祭の報道は Inc. による 「1983 年の広報活動の勝利」 であると言明された。

1993 年 6 月に、ティエリー・ディヴォー (Thierry Devaux) は金属構造の内部を 13 回偵察し、山岳ガイドの助けを借りた後で、 ブルックリン側の橋脚に近い場所からイースト川に向けて 8 回曲芸的なバンジー・ジャンプを (違法に) 実施した。 曲芸間で、彼は電動ウィンチを使用した。

1994 年 3 月 1 日にレバノン生まれのラシード・バズ (Rashid Baz) はハバド・ルバヴィッチ・ユダヤ教正統派運動 (Chabad-Lubavitch Orthodox Jewish Movement) のメンバーを載せたバンに発砲し、車に乗っていた 16 才の学生アリ・ハルバースタム (Ari Halberstam) とそれ以外の 3 名を攻撃した。 ハルバースタムは 5 日後に負傷から死亡した。 バズは明らかに バルーク・ゴールドステイン (Baruch Goldstein) による 29 名のパレスチナ人イスラム教徒のヘブロン虐殺の報復から行動したようで、 この虐殺は数日前の 1994 年 2 月 25 日に起きていた。 バズは殺人で有罪となり、懲役 141 年の判決を受けた。 司法省は最初殺人を路上逆上 (road rage) と分類していたが、 2000 年にテロとして再分類した。 マンハッタン側の進入ランプ (坂道) は 犠牲者の追悼のために、 アリ・ハルバースタム記念ランプと命名された。

2003 年にトラック運転手のライマン・ファリス (Lyman Faris) は アル・カイーダに物資支援を提供したことにより懲役 20 年の判決を受けた。 これに先立ち、米国国家安全保障局がアル・カイーダのメンバーの電話の盗聴と尋問により探し出した情報により、 ガス・バーナーで支持ワイヤーを切断して橋を破壊するアル・カイーダの計画が阻止された。

2006 年に、労働者がマンハッタンの進入路の下の構造検査の最中に冷戦時代の核シェルターを発見した。 石のアーチの 1 つにある見捨てられた空間はソビエト連邦による攻撃に備えて緊急用の補給が残っていた。

5 日間の祭典が 2008 年 5 月 22 日に始まり、 橋開通の 125 周年を祝った。 イベントはエンパイア=フルトン・フェリー州立公園の ブルックリン=フィルハーモニック (Brooklyn Philharmonic) の生演奏で始まり、 その次に橋の塔の特別な照光と花火の打ち上げが続いた。 他のイベントが 125 周年の祝賀で催され、 祝賀は 戦没将兵追悼記念日の週末 (Memorial Day weekend) と一致し、 連続映画の上映、歴史散策 (historical walking tour)、 情報テント (information tent)、 一連の講演と読書、ブルックリンの自転車ツアー (bicycle tour)、 ブルックリンの偶像 (icon) を呼び物にしたミニチュアのゴルフ・コース、 そしてこれ以外の音楽とダンスの上演があった。 125 周年の祝賀が始まる直前に芸術家のポール・セント・ジョージ (Paul St George) がテレクトロスコープ (Telectroscope) -- ニューヨークとロンドンの間のビデオ接続 -- を橋のブルックリン側に設置した。 これは数週間設置され、 ニューヨークでのぞき込む人が、 ロンドンのタワー・ブリッジ近くのそろいのテレクトロスコープをのぞき込む人を見ることができる。 ダンボ (DUMBO) 近辺との新しい修復された歩行者用の連絡路が 125 周年祝賀祭の前に除幕した。

2011 年 10 月 1 日に、警察は 「ウォール街を占拠せよ」 運動の 700 名以上の抗議者を逮捕した。 彼らは道路を行進して橋を渡ろうとした。

2014 年 7 月 22 日の早朝に各塔のポールに取り付けた 2 つの米国旗が、 白く漂白した米国旗で交換されているのが見つかった。 数人が旗を照らすライトを覆い、2 つの橋の塔の頂上までよじ登ったと思われた。 当局者は監視カメラの記録と橋から見つかった DNA サンプルなどを良く調べ、 2014 年 8 月 1 日に 9 人の容疑者 (person of interest) を見つけ、 大麻合法活動が動機であるとした。 しかしながら、2014 年 8 月 12 日に 2 人のベルリンの芸術家が 2 つの白い旗を掲揚し、警備の恐慌とニューヨーク警察の捜査を引き起こしたことの責任を認めた。 ミーシャ・ラインカウフ (Mischa Leinkauf) とマチアス・ヴェルムケ (Mathias Wermke) が旗は 「公共の場の美しさ」 とドイツで生まれて有名な橋をデザインしたジョン・ローブリングの 命日を記念するためのものであると言った。 2 人の芸術家は 2 つの旗を手で縫製し、全白の米国旗のレプリカを作ったと述べ、 元の旗を返却する用意があると述べた。 「これ反米国の主張ではなかった」 とヴェルムケが述べた。

橋からの有名な飛び込みもあった。 橋から飛び込んだ最初の人はロバート・エメット・オドラム (Robert Emmet Odlum) で、 女性の権利の活動家 (woman's right activist) であるシャーロット・オドラム・スミス (Charlotte Odlum Smith) の兄弟で、 飛び込んだのは 1885 年 5 月 19 日であった。 彼は角度を持って水面にあたり、内臓損傷からその後すぐに亡くなった。 スティーブ・ブロディ (Steve Brodie) は 1886 年 7 月に橋の下から飛び込んだが、 これには少し疑念がある。 ラリー・ドノヴァン (Larry Donovan) は 1 ヶ月後に手すりから少し高い飛び込みをして、 橋からの飛び込み (ブリッジ・ジャンピング) の国際的な経歴を続けた。 漫画家のオットー・エッパーズ (Otto Eppers) は 1910 年に飛び込んで生き延び、 ついで裁判にかけられ、自殺未遂 (の罪) で無罪になった。 飛び込みでそれほど知られていない人に アイルランドのキャバン州 (County Cavan) のジェームズ・ダフィー (James Duffy) がいる。彼は 1895 年 4 月 15 日に、橋から飛び込むところを見ていて欲しいと何名かの人に依頼した。 ダフィーは飛び込んだが、あとは誰の目にも触れなかった。

オドラムが橋から飛び込む。
歩行者進入路と車両進入路

橋は元々馬車鉄道を通し、これにセンター・ラインに沿って分離した 2 階の歩道があり、 歩行者用と自転車用になっていた。 1950 年以来、主要路面は 6 車線の自動車交通を通している。 道路の高さ制限 (11 フィート (3.4 m) の掲示) と重量制限 (6000 ポンド (2,700 kg) の掲示) から、商用車両とバスは橋を使用することが禁止されている。 2 つの内側の車線はかって BMT の高架鉄道を通し、 ブルックリンの各地点から、サンズ・ストリート駅 (Sands Street) を経由して、パーク・ロウ (Park Row) の終着駅に至っていた。 路面電車は現在の 2 つの中央車線を (他の交通と共有して) 走っていたが、 1944 年に高架鉄道が橋の使用を停止すると、路面電車は鉄道の軌道に移った。 1950 年に路面電車も走行を停止して、 橋は 6 車線の自動車交通を通すために再建された。

歩行者道路からの光景
橋のケーブルの配置は
特徴的な蜘蛛の巣状
1885 年のロウアー・マンハッタン
とブルックリンのダウン・タウンの
通りの地図、ブルックリン橋の
完成の 2 年後

橋の路面の断面図

ブルックリン橋のブルックリン側の車両の進入路は: ティラリー・ストリート/アダムズ・ストリート (Tillary/Adams Streets) の入口、 サンズ・ストリート/パール・ストリート (Sands/Pearl Streets) の入口、 ブルックリン・クイーンズ高速道のの東向き線の 「出口 28B」(Eixt 28B) である。 マンハッタン側では次の通りでどちら向きでも進入できる: FDR ドライブ、パーク・ロウ (Park Row)、チェインバース・ストリート/センター・ストリート (Chambers/Centre Streets)、 パール・ストリート/フランクフォート・ストリート (Pearl/Frankfort Streets)。 ブルックリン側の歩行者と自転車の入口はティラリー・ストリート/アダムズ・ストリート (車両の出入り口の間), もしくはプロスペクト・ストリート (Prospect Street) の階段で、 キャッドマン・プラザ・イーストとキャッドマン・プラザ・ウェストの 2 つの通り (Cadman Plaza East and West) の間にある。 マンハッタンで歩行者道に入るには、 センター・ストリートの終端から入るか、あるいは ブルックリン・ブリッジ-シティ・ホール/チェンバーズ・ストリート駅の南側の無料の階段を通り抜ける。

ブルックリン橋には橋の中央に、自動車道路よりも上に、広い歩道があり、歩行者と自転車に開かれている。 1971 年にセンター・ラインが引かれ、自転車が歩行者から分離され、 ニューヨーク市の最初の自転車専用道ができた。 毎日 4000 名以上の歩行者と 3100 台以上の自転車がブルックリン橋を横断する。 橋はいつでも歩行者の通行が許可されているが、 何千人もの人を横断させる役割は、イースト川を横断する通常の手段がない困難な場合には特別な重要性を持つ。

1980 年と 2005 年の米国運輸労働者組合 (Transport Workers Union) による 交通機関のストライキの最中に、 通勤して仕事をする人たちに、コッチ市長 (Koch) と ブルームバーグ市長 (Bloomberg) が加わり、彼らは影響を受けた公衆への意思表示として橋を横断した。

1965 年、1977 年、2003 年の停電の時に、 そしてもっと有名な世界貿易センターへの 9 月 11 日の攻撃の後に、 MTA の地下鉄が不通となったため、マンハッタンから出る人は橋を使用した。 2003 年の時には、橋を横断した多くの人は揺れたことを報告した。 通常より多くの歩行者の負荷が、歩行者の歩調を同期する傾向と重なって、 揺れを引き起こし、揺れが増大した。 幾人かの技術者はこれが橋に与える影響を懸念した。 もっとも他の技術者は橋が実際にこれに耐えたことを述べ、 橋の冗長性 -- 3 つの支持システムがあること -- 吊り橋、ケーブル支え、硬化トラス -- が橋を 「そのような動きが制御を喪失することに対して、恐らく最も安全な橋」 であると述べた。 以前に、橋のデザイナーのジョン・ローブリングが述べたことによると、 よしんば、このような構造システムの 1 つが全く壊れるようなことがあっても、 橋はたわむだろうが、落ちることはない。

車両進入路

橋への車両の進入路はマンハッタン側とブルックリン側の双方の一連の複雑なランプで提供される。

マンハッタン側の複数のランプ
位置 マイル km 接続路 注意
キングズ ブルックリン
ハイツ
0.00 0.00 ティラリー・ストリート/
アダムズ・ストリート
平面交差;
内側の車線からの
右左折禁止
0.30 0.48 サンズ・ストリート 北向きの入口のみ
0.40 0.64 I-278 (ブルックリン・
クイーンズ高速道路)/
キャッドマン・プラザ・
ウェスト
南向き出口
北向き入口:
I-278 の出口 28B
イースト川 0.70-
1.00
1.13-
1.61
吊り橋区間
ニューヨーク ツー・ブリッジズ 1.30 2.09 FDR ドライブ/
パール・ストリート
北向きの出口と
南向きの入口;
FDR ドライブの出口 2
ファイナンシャル・
ディストリクト
1.40 2.25 パーク・ロウ・サウス 北向きの出口
南向きの入口
1.50 2.41 チェインバー・ストリート・
ウェスト
センター・ストリート、
北へ向かうと州道 9A
 
1.000 マイル=1.609 km; 1.000km=0,621 マイル
日中のブルックリン橋のパノラマ、
マンハッタン橋が後方に見え、更にずっと後方にウィリアムズバーグ橋が見える。
文化的重要性

同時代の人は技術が可能とすることに驚嘆し、 橋はその時代の楽観性の象徴となった。 ジョン・ペリー・バーロウ (John Perry Barlow) が 20 世紀末に書いたところよると、 「文字通りの、本当の信念の飛躍」がブルックリン橋に具現化された。 -- 「ブルックリン橋は技術を制御する能力における建設者の信念を必要とした。」

開通の日の夜の
大ニューヨーク、ブルックリン橋
と大花火大会の空からの光景
アルバート・グレーズ、
1915 年のブルックリン橋、
ソロモン・R・グッゲンハイム美術館
これは今日に至るまで
もっとも抽象的な橋の絵画

「ブルックリン橋の売却」 への言及が米国文化に随分あり、 時々これは田舎の騙されやすさの実例にもなるが、 もっと頻繁には信じやすさを張りつめさせる考えとの関連でなされていた。 例えば 「これを信じれば、あなたに売る橋がある」。 ジョージ C. パーカー (George C. Parker) とウィリアム・マクローディ (William McCloudy) は観光客を操って詐欺に成功した (と言われている)。 1949 年のバックス・バニーの漫画 Bowery Bugs でもバックスが騙されやすい観光客にブルックリン橋を売る話への 冗談めいた言及がある。

青銅の銘板が橋のアンカーの 1 つに取り付けてあり、 このアンカーは邸宅 -- マンハッタン、チェリー・ストリート 1 のオスグッド・ハウス (Osgood House) -- に占有されている地所に建設されている。 これは最初の大統領の邸宅となり、 ジョージ・ワシントン、家族、そして使用人たちが 1789 年 4 月 23 日から、 1790 年 2 月 23 日まで使用し、この間ニューヨークが国の首都であった。 邸宅の所有者のサミュエル・オスグッド (Samuel Osgood) -- マサチューセッツ州の政治家で弁護士 -- はマリア・バウン・フランクリン (Maria Bowne Franklin) と結婚し、 彼女はニューヨークの商人であるウォルター・フランクリンの未亡人で、 フランクリンが邸宅を 1770 年に建設していた。 居住区以外にオスグッド・ハウスには大統領の私的な事務所と公的な事務所があり、 連邦政府の最初の行政部門の場所になった。

「愛の南京錠」 はカップルが日付と彼らのイニシャルを南京錠に彫り込み、 橋に取り付けて、彼らの 「永続する愛の証」 として川にキーを投げ捨てる慣習のことである。 この慣習の起源は知られていないが、ヨーロッパではもっと人気があり、20 ヵ国以上に 類似な状況の市が少なくとも 1 つある。 報告されている所では、これは橋によっては被害を及ぼし、ニューヨーク市では公的には違法である。 労働者が定期的に橋から南京錠を取り除いている。

ブルックリン橋の愛の南京錠
ポピュラー・カルチャーにおいて
ギャラリー
建設中
1872 年頃 - 1887 年頃
ブルックリン橋
ブルックリン
から西を見る。
1899 年 7 月
ブルックリン橋
マンハッタン
から東を見る。
1899 年 7 月
1914 年 10 月の塗装作業
(Eugene de Salignac)
ブルックリン塔の基底部 橋の頂上の旗 歩行者用通路
塔の間の歩行者用通路 ブルックリン橋の道路上の支持構造 西向きの路面、東を向く。
ブルックリンからの光景 マンハッタンからの光景 ブルックリン橋の上に鳥が飛ぶ。
夜間のブルックリン橋とロウアー・マンハッタンのパノラマ
日中のブルックリン橋のパノラマ
ブルックリン橋、後方にロウアー・マンハッタン