ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Roebling's Delaware Aqueduct - Wikipedia

ローブリングのデラウェア水道橋: Google map

ローブリングのデラウェア水道橋
(Roebling's Delaware Aqueduct)

ローブリングのデラウェア水道橋ローブリングの橋とも呼ばれ、 米国で現存する最古のワイヤー吊り橋である。 橋はデラウェア川の上を 535 フィート (175 m) 走り、 ニューヨーク州ミニシンク・フォード (Minisink Ford, Ford=浅瀬) からペンシルバニア州ラッカワクセン (Lackawaxen) に至っている。 橋は 1849 年に水道橋として開通し、 デラウェア・ハドソン運河 (D&H 運河、Delaware & Hudson Canal) の 2 つの部分を接続し、 それ以来、自動車交通と歩行者を通すように改造された。

ローブリングのデラウェア水道橋
2011 年に復元された橋
ペンシルベニア州における位置
  1. 建設
  2. 建設後の歴史
建設

橋は D&H 運河の 4 基の水道橋の 1 基として 1847 年に開始した。 この D&H 運河はペンシルバニア州北部の石炭地帯とハドソン川の市場を接続するための輸送システムであった。 運河は 1828 年に開通し、1840 年代に拡張され、1898 年に閉鎖された。

ラッセル F. ロード (Russell F. Lord) とジョン A. ローブリング (John A. Roebling) は橋をデザインして建設を監督した。

2 つの重要な地元の産業 -- 運河の交通と材木イカダ -- が矛盾する必要性から、 ローブリングのデラウェアとラッカワクセンの水道橋の建設が引き起こされた。 18 世紀中頃以来、デラウェア峡谷の材木は材木イカダでトレントン (Trenton) とフィラデルフィアの造船所と産業まで運んだ。 D&H 運河のデラウェア川のラッカワクセンでのロープ渡しはネックとなり、 下流に下る材木イカダと多くの衝突があった。 1846 年、D&H 運河会社 (D&H Canal Company) は 問題を軽減するために、ロープ渡しの代わりに、 2 基の新しい水道橋で置き換える ラッセル F. ロードの計画を承認した。

ロードは幾つかの選択肢を評価した後で、 ジョン A. ローブリングにより提出されたデザインを推薦した。 ローブリングは 1845 年ピッツバーグでワイヤー吊り水道橋をすでに建設していた。 運河が浮氷の通過と河川交通を十二分にスムースにするために、 ロードの計画では東側に 3 基の水門を建設する必要があった。

デラウェア水道橋 -- 建設費 $41,750 -- とラッカワクセン水道橋 -- 建設費 $18,650 で、(現在は) 橋台のみ残る -- はすぐにも成功し、運河の所要時間を丸 1 日短くし、 年間何千ドルも節約した。

建設後の歴史

運河が 1898 年に閉鎖されてから、水道橋は排水されて車両用の橋に改造された。 間もなく運河の側壁と曳舟道 (ハシケを引くための人の歩道) は取り除かれた。 橋は荷馬車用の有料橋として操業し、 後には 1979 年に至るまで自動車用となった。

復元前の橋。吊りケーブルは
復元された水道橋下は運河の
側壁で隠されている。

D&H 運河の部分は、デラウェア水道橋のものも含め、1968 年に国の歴史的ランドマーク (National Historic Landmark) となった。 デラウェア水道橋は国の土木技術ランドマーク (National Civil Engineering Landmark) にも指定されている。

国立公園局 (National Park Service) は 1980 年にこの橋を購入した。 公園局はローブリングの元々の図面と仕様書から橋の上部構造を 1986 年に再建し、 1995 年に木造の砕氷装置 (icebreaker)、曳舟道、そして水道橋の壁が再建され、 水道橋としての元々の外見を復元した。 橋は今では 「景勝且つリクリエーションのデラウェア川上流」 (Upper Delaware Scenic and Recreational River) の一部となっている。

ギャラリー
1 車線の橋を見下ろした光景 橋の中身
吊り橋の目で見えるケーブル 橋の橋脚は下流に流れる
氷を砕くようにデザインされている。