ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Johnson Street Bridge - Wikipedia

ジョンソン・ストリート橋: Google map 3D

ジョンソン・ストリート橋
(Johnson Street Bridge)

ジョンソン・ストリート橋はバスキュール橋で、 ブリティッシュ・コロンビア州のビクトリア港を横断している。 橋は一般に 「青い橋」 (Blue Bridge) と呼ばれ、 これは特色のある青い色をしているからである。


ジョンソン・ストリート橋

バスキュール・スパンは 「シュトラウス・バスキュール会社」 (Strauss Bascule Company Limited) によりデザインされ、オンタリオ州で組み立てられた。 下部構造はビクトリア市の技術局 (Engineering Department) により建設され、 9,144 m3 (11,960 立方ヤード) のコンクリートが必要であった。 橋は 1924 年 1 月に $918,000 (カナダ・ドル) の経費で完成した。 橋には元々道路スパンの中央に路面電車の軌道が走っていたが、 使用されることはなく、数年後に取り除かれた。 元々の木造の路面は 1966 年に鋼の格子で交換され、 鋼構造は 1979 年に広範な修復の一部として再塗装された。

橋には 45 m (148 フィート) の 2 つの開口スパンがあった。 これは独立に動作し、重さ 350 トンの 3 車線の道路スパンと 150 トンの鉄道スパンがあった。 進入路は固定ガーダーで、東側は 34 m (112 フィート)、 西側は 22 m (72 フィート) である。 カウンターウェイトは中空なコンクリート製で全部で 780 トンである。 2010 年の毎日の交通には、ピーク時に、一日 30,000 回の通り抜けがあり、 このうち 4000 回が歩行者で、3000 回が自転車で、23000 回が車両であった。 2011 年に至るまで E&N の鉄道スパンは VIA 鉄道のデイライナー (Dayliner) により一日 2 度島の北に向かう旅に使用され、 ダンカン (Duncan)、ナナイモ (Nanaimo)、コートネイ (Courtnay) に向けて走った。 鉄道スパンとカウンターウェイトは現在は取り除かれている。


VIA 鉄道のデイライナーがジョンソン・ストリート橋を横断
これはビクトリア・コートネイ間の往復を終了する時である。
2008 年 5 月 13 日
  1. 歴史
  2. 将来
歴史

ジョンソン・ストリート橋は 1920 年に市の技術者である F.M.プレストン氏 (F.M.Preston) の監督の下でデザインされた。 これはバスキュール型式の橋で、 カウンターウェイトが一方の端を押し下げると、他方が上昇する。 橋が建設された時に、ジョンソン・ストリート橋は 2 つの分離したバスキュール -- 鉄道区間と道路区間 -- があった。鉄道スパンは 2012 年に取り除かれた。 これは橋は修理するにはあまりに貧弱な状態で、 橋を使用する歩行者と自転車に危険を及ぼし、橋の下を通る水上交通に危険を及ぼすと考えられたからである。 VIA 鉄道の乗客輸送が 2010 年に中止されてから、 鉄道は使用されなかった。


ジョンソン・ストリートの記録写真

デザインに関して特許を保持するシュトラウス・バスキュール会社はバスキュール・スパンと動作機械のデザインを提供し、 ジョセフ・シュトラウスは後に金門橋のデザインをすることになった。 橋の上部構造はオンタリオ州ウォーカービル (Walkerville) で製造され、 100 トンの鋼を含んでいる。 ビクトリア市の技術課は橋の下部構造を建設した。 これには 7,600 m3 (10,000 立方ヤード) のコンクリートが必要であった。 主開放スパンは長さ 45 メートル (148 フィート) で、開放された時に 14 メートル (45 フィート) の固定スパンの上で均衡をとる。 東の進入路は 34 m (110 フィート) の固定ガーダーで、 西の進入路は 22 m (73 フィート) の固定ガーダーである。

道路スパンのカウンターウェイトはコンクリート製の中空な構造で、 幾つかの小さなコンクリートの重りを含み、 780 トン以上で均衡を取らせた。 これは 350 トンの開放スパンと平衡を取った。 接続部は 2 つの大きな歯板で動き、歯板は 2 台の 50 kw (75 馬力) の電動モーターで駆動した。

ジョンソン・ストリート橋は $918,000 の経費で完成し、 1924 年 1 月に開通した。 元々の橋の路面は木材で建設された。 木材は雨天に滑りやすい上に、水を吸収した木材は重くなり、 平衡に影響し、開放機械に過剰な負荷を与えた。 1966 年に木材は重さが一定の鋼格子の路面と交換された。

1979 年に、上部構造は広範に修理された。 これはひどく腐食していたからであった。 今や橋の塗料に青が選択された。 というのは、塗料が酸化しても同じ色で、色あせが起きないためである。

1995 年に異常な高温により、 橋の路面が拡張し、橋が正常に開閉しなかった。 これにより路面を 25 mm (1 インチ) 短くする必要があった。

将来

2009 年 4 月 2 日に、ジョンソン・ストリート橋の全体的状態の予備報告がビクトリア市議会 に提出され、市議会は 2009 年 4 月 23 日に出来てから 85 年を経るジョンソン・ストリート橋の交換を原則として 承認した。

デクラン社 (Declan) の報告が結論したことは:

この調査で発見されたことに基づき、 修復あるいは交換の選択肢は経費の見通しから正当化される。 しかしながら、我々の考えでは、橋の交通が激しく、 橋がカナダで最も地震が活発な都市にあることを考えれば、 既存の橋が地震にもろいことを処理する必要がある。 この報告で我々が提案することは、このもろさを 2,3 年以内に既存の橋を耐震化するか、 橋を交換することにより処理すべきである。

市の技術課の職員とデクラン社の助言技術者の詳細なプレゼンテーションと議会の長い議論の後で、 橋の交換で進めることが原則として承認された。

今日の決定はダウンタウンへの重大な輸送路を随分と改良する刺激的な第一歩である。 行く手には非常に多くの仕事があるが、 我々はこの手順を前進するにつれ、よく考え、慎重な決定をし続けるであろう。
市長 ディーン・フォーティン (Dean Fortin)

2009 年 7 月 9 日に、ビクトリア市議会は職員に依頼して、 デザインのモデルを作り、 「ジョンソン・ストリート橋交換プロジェクト」 に参加する共同体の代表からなる 諮問委員会への委託事項を検討させた。

2009 年 7 月 24 日に、広域ビクトリア市 (Greater Victoria) の 7 名が 「ジョンソン・ストリート橋市民諮問委員会」 (Johnson Street Bridge Citizen Advisory Committee) に任命され、 市議会は 「所有者の代表」 (Owners's Representative) の契約を MMM グループ (MMM Group Limited) と交わし、85 年を経たバスキュール橋の交換プロジェクトを管理させた。

2009 年 9 月 8 日に、 ビクトリア市議会に新しいジョンソン・ストリート橋の 3 種類のデザインの発想が提示された。

2009 年 9 月 24 日に、 市議会は一般からの意見、市民諮問委員会からの勧告、技術課からの忠告を見直した後で、 新しいジョンソン・ストリート橋のデザインをローリング・リフト・バスキュール橋に決定した。

2009 年 11 月 19 日に、 市議会は対立請願 (counter petition) のある 「交互承認プロセス」 (Alternate Approval Process) に賛成した (8 票のうち、賛成 4、反対 2、棄権 2)。 住民の 10% (6400 名) 以上が借金条例に反対すれば、問題は住民投票 (referendum) されることになる。

2009 年の 10 月と 11 月の間に、ブリティッシュ・コロンビア州は橋のプロジェクトに資金提供することを 断った。数週間後、連邦政府は交換計画に $2100万 の資金援助を承認した。 連邦政府の資金は 「カナダ建設資金」 (Build Canada Fund) のものであった。

2009 年 12 月に 「対立請願」 が開始し、 全資金 $6300万 のうち $2100万 が連邦政府の資金で賄われ、 残りの $4200万 を借り入れるための条例 No.09-057 の承認を得るための住民投票をさせようとした。 請願の文面は:

下に署名する私は、選挙権を持つか、ビクトリア市に不動産を所有するもので、 最初に有権者の同意 (住民投票) なしに、 ビクトリア市議会が (ジョンソン・ストリート橋) 借金承認条例 No.09-057 を採用すること に反対する目的で名前をここに提示するものです。

署名は 2010 年 1 月 4 日までに集められることになった。

2010 年 1 月 4 日に、主催者は成功裏の対立請願を市役所に提示し、 9872 名の有効なビクトリア市の有権者の署名があった。 橋プロジェクトの借金条例は今や住民投票にかけられることになった。

2010 年 2 月に、市は交換と修復の比較できる選択肢に関しての完全なクラス C 報告を 用意するように MMM グループに依頼した。

2010 年 5 月 27 日にイプソス・レイド社 (Ipsos-Reid) の調査報告の結果があった。 住民にとり、橋の決定の要因は (重要度の順番から) 歩行者専用路、橋の寿命、経費、自転車専用路、 他の使用者にも使用できること (車イス、スクーター、ベビーカー、視覚障碍者)、 そして歴史遺産よりも安全性、鉄道があること。 事業者は選択肢間の利点を見ることはなく、 経費の懸念と、閉鎖されるかもしれない建設問題が考えの中心にあった。

2010 年 6 月 11 日の Banjar Management 社の 「経済影響査定」 では 経済効果は 「プロジェクトが完成するまでの 4, 5 年間で 代替の修復では $4800万 から $5400万、橋の交換では $4700万 から $5300万」、 負の経済効果は次のように査定された。 事業の損失、完全閉鎖 $1030万、一車線開通 $510万、二車線開通 $260万、 車両の迂回による時間の損失、完全閉鎖 $160万、一車線開通 $100万、二車線開通 $40万、 バスの迂回による損失一年、二年、 輸送経費 $50万、 $100万、乗客の時間の損失 $100万、 $200万

2010 年 6 月 14 日に MMM グループは修復と交換の選択肢に関しての報告を議会で プレゼンテーションをした。 これには最新の経費の見積もり、改定された予定表、 閉鎖の可能性による経済への影響の調査、 ことなるレベル (マグニチュード 6.5 と 8.5) の耐震化の選択肢、 マグニチュード 8.5 に耐震化することが勧められた。 そして第 3 に、橋を多用途にすると $10300万 かかること。 既存の橋を交換し、付随する進入路も含め、 車両、歩行者、自転車の複数の利用者に重点を置けば $8900万 かかること。 MMM グループのグループの調査はビクトリア市のスタンテック・コンサルティング社 (Stantec Consulting Inc.) により査読された。 スタンテック社は提案された橋を 「技術的に適切」 とし、 修復と交換の計画された経費は 「合理的と思われる」 とした。

6 月 17 日に市議会は鉄道接続を維持するための経費の資金提供を他の自治体に求めることを決定した。 これで、修復の場合に $2300万、交換の場合に $1200万 の経費が節減できる。 もしも鉄道線がビクトリア市のダウンタウンまで横断することがなく、ビクトリア市の西部で停止すれば、 西の自治体との通勤鉄道の長期計画が影響を受ける。

2010 年 7 月 8 日に案内書と番号付き調査がビクトリア市民全員に送られた。 市は 8 月 12 日の締め切りまでに回答を求めた。

2010 年 7 月にビクトリア市は 2 回の現地説明会を開き、 市民にプロジェクトの情報を提供した。 市の職員、技術者、プロジェクトの管理者が質問に答えた。

2010 年 8 月 12 日に、ビクトリア市議会は既存の橋を修復するのではなく、 ジョンソン・ストリート橋を交換することを投票で決めた。 ジェフ・ヤング (Jeoff Young) 以外のすべての議員が橋の交換を支持した。 投票は現地説明会とビクトリア市民からの回答のあとでなされた。 イプソス・レイド社の調査で、ビクトリア市民、事業者のそれぞれ 64%、 68% が新しい橋に交換することを望んでいることがわかった。 それにもかかわらず、住民投票が 2010 年 11 月 20 日に行われ、 市が新しい橋の経費のために、資金を借り入れることを支持するか否かを問うことになっていた。

2010 年 11 月 20 日に、 新しい橋の経費のために資金借り入れを支持する住民投票は 61%:39% で通過した。 新しい橋は 2015 年に完成予定で、この時点で古い橋が取り除かれることになっていた。

2011 年 3 月 31 日に、検査で支持構造に腐食が見つかり、橋の鉄道交通が閉鎖された。 ビクトリア・コートネイ間 (Victoria-Courteney) の列車が 3 月 19 日以来停止し、1 次的な駅を設置する必要がある。

プロジェクトは通信ケーブルを新しい橋の邪魔にならない、より北に移動する間、6 ヶ月間遅延した。 2012 年 2 月 10 日に取り壊しが架台の鉄道側の重要な場所の支えで始まり、 鉄道側のカウンターウェイトを取り外す工事が始まった。

ビクトリア市のホームページはプロジェクトの支援をし、 ロス・クロックフォード (Ross Crockford)、Yule Heibel、 マット・ライト (Mat Wright) は保存のページを作っている。 ダウンタウンの住民と事業所の所有者が作る地元グループ -- JSB グループ -- もあり、新しいジョンソン・ストリート橋を支援している。

ジョンソン・ストリート橋が閉鎖 ジョンソン・ストリート橋が開放 港から見たジョンソン・ストリート橋