ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Jackson Street Bridge - Wikipedia

ジャクソン・ストリート橋: Google map、 ストリートビュー: 橋の上 斜め横。

ジャクソン・ストリート橋
(Jackson Street Bridge)

ジャクソン・ストリート橋はパセーイク川 (Passaic River) にかかる橋で、 ニューアーク市とハリソン町 (Harrison) を接続している。 この旋回橋はニューアーク湾の河口から 6 番目の橋で、河口から 4.6 マイル (7.4 km) 上流にある。 1903 年に開通し、1991 年に随分と修復され、 ニュージャージー州の歴史登録財に登録され (ID#1274)、 国の歴史登録財に適格である。 橋は 2012 年に照明をつけ直した。

ジャクソン・ストリート橋 位置

90 マイル (140 km) の長さのパセーイク川のダンディー・ダム (Dundee Dam) の下流 17 マイル (27 km) は潮の影響を受け、航行可能であるが、 沿海交通が限定されているため、橋は頻繁には開けることが要求されない。 これは市内に三基ある車両・歩行者用の動作する旋回橋の一基で、 他のものはクレイ・ストリート橋とブリッジ・ストリート橋である。 1998 年以来、可動橋の規則により、橋を開けるには 4 時間前に通報することが必要である。

橋の横断箇所は、かっての産業地帯が商業、住宅、リクリエーション用の開発に 道を譲った箇所である。 米国工兵隊は川の改修を担い、これには環境改善と護岸の再建が含まれる。

1954 年の光景
背景にかっての PSEG のガスタンクとニューアークのスカイライン
訳注
PSEG (Public Service Enterprise Group、公益企業グループ) はニュージャージーにあった電気・ガス会社。 現在は名称が変更されている。

橋はニューアークのアイアンバウンド地区 (Ironbound、地名、かって金属加工産業のあった場所) の北端にあり、レイモンド・ブールバード (Raymond Boulevard) を越えている。レイモンド・ブールバードはプラスキー・スカイウェイと ニューアークのダウンタウンを接続している。 橋は河岸に沿って開発さえた リバーバンク公園 (Riverbank Park) と 「ジョセフ G. ミニッシュ・パセーイク川水辺公園」(Joseph G. Minish Passaic River Waterfront Park) に隣接している。 橋の北端からフランク E. ロジャーズ (Frank E. Rogers) の名前が付けられた通りが開始している。 ロジャーズはかって米国で最も長く市長を務めた人の一人であった。 水辺沿いのこの場所は、かっての産業用の建物が取り除かれ、 レッドブル・アリーナになっている。