ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Bridge Street Bridge - Wikipedia

ブリッジ・ストリート橋: Google map、 ストリートビュー: 橋の上 斜め横。

ブリッジ・ストリート橋 (ニューアーク)
(Bridge Street Bridge (Newark))

ブリッジ・ストリート橋はパセーイク川にかかる旋回橋で、 ニュージャージー州のニューアークとハリソンを接続している。 この橋はニューアーク湾の河口から 10 番目の橋で、 河口から 5.7 マイル (9.2 km) 上流にある。道路は車両通行を通し、 郡道 508 に指定されている。

ブリッジ・ストリート橋 位置

橋はリム・ベアリング (rim-bearing) の通り抜けトラス旋回橋で、コンクリートをかぶせた切石の下部構造によって 支えられ、元々 アメリカン・ブリッジ社 (American Bridge Company) により建設された。 橋は 1913 年に開通し、1981 年に随分修復された。 この橋はニュージャージー州の歴史登録財に登録されている。 橋の電気モーターは 2012 年のハリケーン・サンディ (Sandy) により、被害を被り、交換の必要があった。

訳注
リム・ベアリング旋回橋の説明: 旋回橋には軸の周りに円形の回転部があり、この縁 (rim) に沿って ローラーベアリングが設置されているものが (設置されているのは旋回部の支えの部分)、 リム・ベアリング旋回橋 (rim-bearing swing bridge) です。 ローラーベアリングは通常は上に載った物資を直線状に移動するために円筒の形をしていますが、 リム・ベアリング旋回橋は旋回部を円の形に動かすために円筒ではなく、 回転の中心に近い方が細くなっています。

他のニューアーク市の車両用の旋回橋と同様にジャクソン・ストリート橋とクレイ・ストリート橋は川の航行可能が 潮汐区間を横断し、橋を開けるには 4 時間前に通報する必要がある。 2015 年にパセーイク川の大規模な清浄化で、川底から浚渫した汚染された泥 (sludge) をハシケで運ばせるために、 ニューアークのこの旋回橋は 1 日にほとんど 10 回も開放する必要があり、機械の信頼性が懸念される。 2016 年の調査から交換することが調査されている。

歴史

ブリッジストリート橋の場所は植民地時代から川の横断点であった。 1979 年に州議会 (state legislature) は 「公的な物資を運ぶために、ポールス・フック (Paulus Hook, ジャージー・シティのハドソン川沿いの場所) からニューアークの裁判所まで 64 フィート (20 m) 幅の道路を作ること」 を決定した。 1795 年までにハッケンサック川を越える長さ 950 フィート (290 m) の橋と、 パセーイク川を越える長さ 492 フィート (150 m) の橋が建設され、 途切れのない有料道路が作られた。 この道路は 「ニューアーク有料道路」 (Newark Turnpike) と呼ばれた。

ブリッジ・ストリート橋の入口、
東を向く。