ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Swing Bridge (Belize) - Wikipedia

セール旋回橋: Google map、アップされた写真: 、 フォト・スフィア: 橋の上

旋回橋 (ベリーズ) (Swing Bridge (Belize))

ベリーズ旋回橋は ベリーズ ベリーズ市のダウンタウンにある旋回橋である。 橋はベリーズ市の北側と南側を接続し、ベリーズ川の支流であるハウルオーバー川にかかっている。

2015 年のベリーズ市の旋回橋 ベリーズ市の南北を接続していた元々の橋 (1859 年)

橋は観光客のお目当ての 1 つで、歴史的なランドマークであるが、 中米で最も古い旋回橋で、いまだに使用されている世界で数少ない手動の旋回橋の 1 つである。 ベリーズの海洋博物館がこのそばにある。

  1. 歴史
  2. 修理
  3. 操作
  4. 映画において
歴史

橋が英国リバプールで建造され、 ニューオーリンズの米国企業がベリーズに持ち込み、設置した。 これにより、高いマストを持つ漁船が橋を通り抜けて川を遡上し、 市に魚を提供した。 この新しい橋は幾つかの木造の橋に取って代わり、 古い橋は 19 世紀の中頃に地元の人々によって建設されたものであった。

ハウルオーバー川は実の所ベリーズ川の入り江であるが、 こう呼ばれるのは牛飼いが牛に川を横断させるために牛をロープで牽引 (haul over (ハウル オーバー)) する必要があったからである。 橋は 1922 年に建造され、1923 年に設置が完了した。 橋は 4 名により、手動でクランクを回転して開放する。 かって橋は 1 日に 2 度旋回し、1 度は朝で、もう 1 度は夕方で、 これによりボートが通り抜けた。

修復

橋は市を襲った 1931 年のカテゴリー 5 のハリケーンで被害を被った。 ハリケーンは通りの中に移動してきたと言われている。 1961 年のハリケーン・ハッチ (Hattie) と 1998 年のハリケーン・ミッチ (Mittie) により再び被害を被り、 ミッチが去った後に修理され、更なる修復が 21 世紀の最初の 10 年間に実施された。 橋を自動化する話があったが、地元の人はこの話に難色を示した。 というのは、こうすれば市の主な主な観光客のお目当ての 1 つを取り去ることになるからであった。

操作

橋には最低 4 名が必要で、手でクランクを回して橋をハウルオーバー川に平行になるようにする。 (河川) 交通が通り過ぎた後に、手でクランクを回して、橋を川と直角の位置に戻す。 この行程が終了するまで交通は 1 時間以上も足止めを食らう。 2007 年以来、特別な要請によって手動で開放するだけとなった。 これはハウルオーバー川の (河川) 交通が以前ほど頻繁でなくなったからである。

映画において

ベリーズ市旋回橋は クリストファー・ウォーケンが主演した 1980 年の映画 「The Dog of War」 (戦争の犬) で登場した。 虚構のアフリカの国ザンガロ (Zangaro) のシーンがベリーズ、ベリーズ市で撮影された。 映画の中で橋は川に平行な位置に置かれ、 次に手動で旋回して定位置に戻った。