ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Van Brienenoordbrug - Wikipedia

ファン・ブリーネンオールト橋: Google map、 アップされた写真: その 1 その 2 フォトスフィア

ファン・ブリーネンオールト橋
(Van Brienenoordbrug)

ファン・ブリーネンオールト橋はオランダの自動車用の大きな双子の結合アーチ橋である。 橋はロッテルダムの東側にあって、 ライン川の主な分流であるニューウェ・マース川 (Niewuwe Maas, 新マース川) を横断している。 橋は実際は 2 基の分離したほとんど同一なアーチ橋と、 更には北端の 3 基の平行なバスキュール橋から構成されている。


西から見たファン・ブリーネンオールト橋
正面にハシケが見える。
バスキュール橋は最左端。

橋は自動車道路 A16 の 12 車線の交通を通し、オランダで最も多忙な基幹道路となっている。 付け加えると、東側のアーチ橋の外側に隔離された双方向の自転車道が搭載されている。 進入路も含めファン・ブリーネンオールト橋は長さ 1320 m で、高さ 24 m までの船は (橋を開放することなく) 下を通過できる。 西側のアーチは 300 m のスパンがあり、オランダで最長スパンを持つ橋である。


南から双子橋を見る。双子橋の 1 つが、もう一つよりも
25 年長く経過していることを区別することは困難である。
各橋は 2 つの道路を通し、内側は 3 車線の高速道路で、
外側は 3 車線の 地方道路 / ディストリビュータ である。

道路交通は毎日 250,000 台を越え、4 つの 3 車線の分離されていない道路 (carriageway) を使用し、高速道路、地方道路 / ディストリビューター の配置になっている。

歴史

東側のアーチ (長さ 287.5 m) は 1965 年に建設され、元々のファン・ブリーネンオールト橋を構成した。 1990 年に橋に主要な高規格化 (upgrade) が実施され、 第二の、ほとんど同一なアーチ (長さ 305 m で、わずかに広い) が追加された。

橋は川の中のブリーネンオールト島 (Einland van Brienenoord) にちなんで名付けられ、 橋の橋脚の幾つかは、この島に建設されている。 この小さな島はかっての所有者である Arnoud Willem van Brienen van de Groote Lindt 男爵にちなんで 1847 年に命名された。 オランダ語の接尾子のオールト (oord) は場所を意味している。

平均して 140,000 隻の船が毎年、橋を通過している。 これらの船のおよそ 500 隻の船では橋を開放する必要があり、 この行程は全部で 18 分かかる。 道路交通を閉鎖して、橋を開放するのに 4 分かかり、 船を通過させるのに 10 分かかり、橋を閉鎖するのにもう 4 分かかる。 この時に道路交通は遮断機で閉鎖される。 2005 年 11 月現在に、橋はもはや地元で制御されているのではなく、 近くのローン市 (Rhoon) で制御されており、 ここに地域の道路交通制御センターがある。


橋の北東にある管制塔とレーダーは
2005 年以来機能していない。

水運に橋を開放する要求は少なくとも 3 時間前に港湾局にする必要がある。

2006 年 3 月 17 日の電気機械の故障により、橋はおよそ 1 時間、真昼のさなかに、開放状態となり、 長さ 7 km の渋滞の列ができた。 西側の橋が最初に閉鎖し、ブレダー (Breda) に至る交通が復帰した。 東側の橋はおよそ AM 1 に閉鎖され、ハーグとユトレヒトに向かう交通が復帰した。 2006 年 11 月 5 日に橋は再び故障して閉鎖できず、 今回は電気的な故障で、技術者は手動で閉鎖することを余儀なくされた。