ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Erasmusbrug - Wikipedia

エラスムス橋: Google map、 フォトスフィア: 空から

エラスムス橋 (Erasmusbrug)

エラスムス橋 (オランダ語:Erasmusbrug) はケーブル固定橋とバスキュール橋を組み合わせた橋で、 ロッテルダムの中心で、市の北部と南部を接続し、オランダで 2 番目に長い橋である。 橋は デジデリウス・エラスムス、別名 「ロッテルダムのエラスムス」 にちなんで名付けられた。 彼は著名なキリスト教のルネッサンスの人文主義者であった。

エラスムス橋
  1. 歴史
  2. イベントでの使用
  3. ギャラリー
歴史

ニューウェ・マース川 (Nieuwe Maas, 新マース川) を横断する長さ 802 m (2,631 フィート) の橋は ベン・ファン・ベルケル (Ben van Berkel) によりデザインされ、1996 年に完成した。 ケーブル固定橋の区間は高さ 139 m (456 フィート) の非対称な薄青の塔 (pylon) と顕著な水平な基礎を持ち、 橋が 「白鳥」 のあだ名を持つことになった。

橋の最南端のスパンは長さ 89 m (292 フィート) のバスキュール橋で、 橋の下をくぐり抜けることができない船のためにある。 このバスキュール橋はヨーロッパで最も長く、最も重たいもので、 この種のパネルとしては世界最長である。

橋は建設するために 16500万ユーロ以上をかけてから、 1996 年 9 月 6 日に べアトリクス女王が公的に開通式を挙行した。 橋が 1996 年 10 月に交通に開通してから、まもなくして、 とりわけ強風化で橋が揺れることが判明した。 揺れを減少するために強力な緩衝装置が設置された。

イベントでの使用

橋は 1998 年の ジャッキー・チェンの映画 フー・アム・アイ ?で呼び物にされた。 2005 年には数機の飛行機が レッドブル・エアレース・ワールドシリーズの一部として橋の下をくぐった。 橋はロッテルダムの 「世界の港の日」 の一部でもある。

2005 年に DJ の ティエスト (Tiësto) のパーフォーマンスの背景に使用された。 このパーフォーマンスは 「ティエスト@ザ・ブリッジ、ロッテルダム」 とタイトルが付き、 消防艇が橋の前で空中に放水し、花火船が橋のそばで花火を打ち上げ、 色々な色のスポット・ライトとサーチ・ライトが橋自身に取り付けられた。

2010 年の ツール・ド・フランスのプロローグと開幕で橋が横断された。

ギャラリー
バスキュール区間が
持ち上がる
エラスムス橋 夜のエラスムス橋。
2012 年に
ヨーロマストから見る。
橋のパノラマ、背景の左から右へ:ニュー・ルクソール劇場、
KPNの地方本部、モンテビデオ (高層ビル)、ワールド・ポート・センター (高層ビル)