ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Pyrmont Bridge - Wikipedia

ピアモント橋: Google map、フォト・スフィア: 斜め横

ピアモント橋 (Pyrmont Bridge)

ピアモント橋は、コックル湾 (Cockle Bay) を横断する旋回橋で、 ポート・ジャクソン (Port Jackson) の一部である ダーリング・ハーバー (Darling Harbour) にあり、 オーストラリア、ニュー・サウス・ウェールズ州 シドニーの中央ビジネス地区 (central business district) の西にある。 橋は 1902 年に開通し、 当初は中央ビジネス地区とピアモントの間をピアモント・ブリッジ道路を経由して、 自動車交通を通していた。 1981 年以来、橋は歩行者と自転車のみを通し、自動車は隣接した高速道路の高架橋に迂回した。


ピアモント橋、2014 年
  1. 歴史
  2. 説明
  3. 変更
  4. ギャラリー
歴史

最初のピアモント橋は 1858 年 3 月 17 日に開通し、一本の木の杭の橋で、 中央に鉄の旋回パネルがあり、船を通すことができた。 最初の 2 週間に 20,000 人の歩行者が 1 ペニーの通行料を払った。 932 台の荷車 (cart) と大荷車 (dray)、43 台のギグ馬車 (gig, 一頭引き二輪馬車)、 17 台の四輪馬車 (carriage) そして 125 組の馬と騎手も横断した。 政府が 1884 年にピアモント橋梁会社から £52,500 で橋を購入した時に通行料が廃止された。 木造のピアモント橋は、新しい鋼の橋が 1902 年に建設された時に、姿を消した。 新しい橋を建設するには 33 ヶ月かかり、完成はシドニーで最初の車を通すのに間に合った。


ピアモント橋、1902 年 - 1917 年頃
説明

新しい橋の基礎石は 1899 年 12 月 6 日に E. W. オサリバン (O'Sullivan) が置き、1902 年 6 月 2 日にニューサウスウェールズ提督ハリー・ローソン (Hary Rawson) が開通式を挙行した。 橋はパーシー・アラン (Percey Allan) の技術監督の下でデザインされた。 橋にはその建設時に、 世界で最長の旋回スパンの 1 つがあり、 世界で最初の電動旋回橋の 1 つであった。 アランは類似のグリーブ・アイランド旋回橋 (Gleve Island Swing Bridge) もデザインし、これは 1903 年に完成した。

ピアモント橋は長さ 369 メートル (1,211 フィート) で建設するのに £112,500 かかった。 橋は 14 スパンから構成され、12 スパンはオーストラリアの 「鉄の樹皮」 (ironbark, ユーカリの一種) で建造され、旋回する 2 スパンは鋼で建造した。 旋回スパンは 1000 トンの重さがあり、コンクリートとホークスベリー砂岩 (Hawkesbury Sandstone, シドニー砂岩) で作られた基礎で支えられた。 旋回軸は直径 13 m (43 フィート)、深さ 19 m (62 フィート) である。 水は 6.5 m (21 フィート) の深さがあり、基礎は更に海底の 10 メートル (33 フィート) 下まで延びている。

ピアモント橋は完全に開放するのにおよそ 60 秒かかり、83度 の角度になる。 高さ 7 メートル (23 フィート) 以上の船には開放する必要がある。 幅 21.5 メートル (71 フィート) までの 船舶/ハシケ は一旦開放すれば水路を通過できる。 ピアモント橋は元々の 50 馬力 (37 kW) の直流 500V のゼネラル・エレクトリック社のタイプ 57 の 電動モーターで駆動する。 手動のドラム式のゼネラル・エレクトリック社のトラムウェイ・コントローラーが使用されて、 旋回スパンのモーターとゲートを駆動する。 橋を操作する動力は元々はアルティモ・パワーハウス (Ultimo Power House、アルティモ動力棟、現在のパワーハウス博物館) から引いていた。 若い技術者の J. J. C. ブラッドフィールド (Bradfield) は ピアモント橋両端の砂岩の橋台のデザインを助けた。

訳注
ブラッドフィールドはシドニー・ハーバー・ブリッジのデザインと建設を監督した人です。

1981 年に Wran 政府は橋を取り壊す命令を与えたが、後にこの決定を取り消した。 橋は 1981 年 8 月 7 日に車両通行に閉鎖され、車両はコックル湾の更に南に建設された ウェスターン・ディストリビューター高速道路の橋に迂回した。 橋は次に歩行者用の橋として再開通し、 これはダーリング・ハーバーのリクリエーション用の歩行者地区としての再開発の一部であった。 旋回橋は動作し続け、 「シドニー・ハーバーなぎさ公社」 (Sydney Harbour Foresore Authority) が管理する予定に基づいて開放している。

1992 年に 「オーストラリア技術者協会」 (Engineer Australia) は 橋を 「国の工学ランドマーク」 (National Engineering Landmark) に指定した。

変更

1988 年と 2013 年の間には、橋は高架シドニー・モノレールを通し、 モノレールはダーリング・ハーバーとシドニー中央ビジネス街を往復した。 モノレールの軌道は回転軸の上に据えられ、 これにより橋が下で旋回しても軌道が静止したままでいることができた。 (静止した) 回転軸により、橋が開放しても、モノレールは橋を横断し続けることができた。 2013 年のモノレールの閉鎖により、油圧持ち上げピストンと支持構造が取り除かれ、 (旋回橋の) コントロール室が橋の中央の下の場所に移された。

訳注
旋回橋の方式には色々ありますが、 この場合の旋回方法は軸の周りの輪が回転します。従って軸自身は回転しない。
ギャラリー
橋が回転する場所 ピアモント橋が半回転 旋回動作は橋の中央の
塔で制御される。
2013 年の制御室の移動
CBD (中央ビジネス街) を見る 橋の区間の円弧状のすき間 ピアモント橋とモノレール
橋が開放した時に
モノレールが上を通過
シドニー・タワーから
見た橋