ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Willis Avenue Bridge - Wikipedia

ウィリス・アベニュー橋: Google map

ウィリス・アベニュー橋 (Willis Avenue Bridge)

ウィリス・アベニュー橋は旋回橋で、北向きの自動車交通 (自転車、歩行者は双方向) を通し、ハーレム川を越えて、 ニューヨーク市の区 (バロウ、borough) であるマンハッタンとブロンクスの間にある。 この橋はマンハッタンの ファースト・アベニュー (1 番街、First Avenue) をブロンクスのウィリス・アベニューに接続している。 ニューヨーク市輸送局が橋の保守と操業に責任を負っている。


ウィリス・アベニュー橋 (新しい橋)
訳注
上の写真の左側に旋回橋の回転テーブル (turntable) が見えますが、これは古い橋のものです。 まだ完全に取り壊されていない。

橋は年に 1 度の ニューヨーク・シティー・マラソンのコースの一部である。 走者は、この橋 -- 彼らはこの橋を 「壁」 と称している。というのはこれが走行の 20 マイル地点であるからである -- を経由して、マンハッタンからブロンクスに横断してから、 ブロンクスで短いコースを走り、 マディソン・アベニュー橋を経由してマンハッタンに戻って最後の行程を走る。

  1. 歴史
  2. ポピュラー・カルチャー
  3. 公共輸送
歴史
古い橋

橋は 1901 年に開通し、元々の建設費は $1,640,523.11 で用地の費用は $803,988.37 であった。 重要な補強工事が 1916 年に実施された。 しかしながら 1941 年に月に 1 度の試験に合格しなかった。 そのため 8 月 5 日に北向きの一方通行になり、 同じ日にサード・アベニュー橋 (3 番街橋、Third Avenue Bridge) は南向きの一方通行になった。


古い橋、1901 年 8 月 22 日に開通

橋の貧弱な状態により、 橋の交換が開始され、この橋は 3 年間歩行者専用になり、 新しい橋に一旦側道ができると、取り壊された、

訳注
この説明は間違っています。次の節に正しい説明があります。
新しい橋

2005 年 11 月に、ニューヨーク市は橋を交換することにした。 橋を保存する試みから、市は橋を $1 で売りに出し、 15 マイル以内なら配送費を無料にした。 橋を移動することが困難なため、2007 年 7 月現在までに入札がなかった。 橋の花崗岩は近くの公園に与え、 金属部分は 2011 年 4 月 12 日にジャージー・シティーに移動して、 金属を溶かし、コンクリートの部分は埋立材料になった。

輸送局は $41700万 の予想経費で、新しい橋を古い橋の南に建設することを選択した。 2007 年 3 月 8 日に、入札が開始された。2 つの入札があり最低額が $61200万 であった。 局長であるアイリス・ワインシャル (Iris Weinshall) が述べたことによれば、 市はプロジェクトで前進する必要があり、 これは既存の橋の保守経費が非常に高く、進入路のデザインにより、しばしば事故が起きているからであった。 これはニューヨーク市輸送局による橋の建築プロジェクトでは最も高価なものになることになった。 ワインシャルの予定では、プロジェクトは 5 年継続し、建設が 2007 年末ごろに開始することになった。

代わりの橋はオールバニー (Albany) の南 10 マイルにあるコイーマンズ港 (Port of Coeymans) で 建設された。 2010 年 7 月 13 日に、橋を、互いに溶接して接続した 2 隻のハシケに載せて、 ハドソン川を下った。 橋は長さ 350 フィート、高さ 65 フィート、幅が 77 フィートであり、 これを動かすのに 3 隻のタグボートが必要であった。 浮かぶ橋の光景はハドソン川沿いの見物人に騒ぎを引き起こした。 ジャージー・シティーのジャージー港で停泊してから、 橋はイースト川を遡上し、目的地に 7 月 26 日の朝に到着した。 自動車交通は 2010 年 10 月 2 日に新しい橋に移動した。 もっとも古い橋の歩道は数週間歩行者と自転車の役に立ち続けた。

交換の橋がイースト川を遡上
2010 年 7 月
2010 年 10 月 2 日に
自動車交通が新しい橋に移動

すぐ上流で、サード・アベニュー橋がハーレム川越しに南向きの交通を通して、 ブロンクスからマンハッタンに至り、一方交通の組となる橋のかたわれになっている。 この橋は 2004 年に取り換えられた。

ポピュラー・カルチャー

「ウィリス・アベニュー橋」 はデービッド・バークリー (David Berkeley) の 2009 年のアルバム 「ストレンジ・ライト」 (Strange Light) の歌の名前である。

公共輸送

MTA ニューヨーク・シティー・トランシット ( ニューヨーク・シティ・トランシット・オーソリティのこと) が操業するバスルート Bx15 がウィルス・アベニュー橋を通っている。 このルートの週日の乗客数の平均は 19,951 人である。