ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Corporation Bridge - Wikipedia

コーポレーション橋: Google map ストリートビュー アップされた写真

コーポレーション橋 (Corporation Bridge)

コーポレーション橋は シェルツァー・ローリング・リフト型式のバスキュール橋であり、 イングランド、北東リンカンシャー州グリムズビー (Grimsby) のオールド・ドック (アレクサンドラ・ドック (Alexandra Dock)) にかかっている。 この橋は 1925 年に建設され、 1872 年建設の古い旋回橋に取って代わった。


コーポレーション橋
  1. 1872 年の橋
  2. 1925 年の橋
  3. 操業
1872 年の橋

1869 年の 「グレート・グリムズビー改良法」により、 オールド・ドックの西の土地を開発することが許可され、 ドックを横断する橋が建設された。

橋はチャールズ・サクレ (Charles Sacre) のデザインの下に、 ヘッド・ライトソン (Head Wrightson) とティーズデール鉄工場 (Teesdale Ironworks) により建設された。 2 つのスパンの間に、非対称豚の背プレート・ガーダー (asymmetric hogback plate girder) のデザインで、 水平に回転する旋回橋があり、開放した時に 45 フィート (14 m) の余地ができた。

訳注
「豚の背」と言っているのは、なだらかな山形をしていることを意味しています。 セルビー旋回橋は「豚の背旋回橋」 の型式です。
セルビー旋回橋: Google map、 ストリートビュー: 横から

橋は 1872 年に開通した。

1925 年の橋

この橋はビクトリア・ストリート、ビクトリア・ミルズの近くのアレクサンドラ・ドックにかかり、 旋回橋に取って代わった。

訳注
ビクトリア・ミルズと呼んでいるのは、このページの最初の写真で橋の後ろに見えるレンガ造りの建物と思われます。 元々は製粉工場で、現在はアパートになっています。 この建物が面しているのがビクトリア・ストリート (アレクサンドラ・ドックのすぐ東の南北の通り) です。

通りからの光景 (2008 年)

橋は電動の道路橋で、シェルツァー・ローリング・リフト橋の原理で建造され、 ロンドン & ノース・イースタン鉄道のドック技術者であるアルフレッド C. ガードナー (Alfred C. Gardner) のデザインで 1925 年に建設された。 請負業者はサー・ウィリアム・アロル社 (Sir William Arrol & Co.) であった。 橋はウェールズ皇太子 ( エドワード 8 世) が公式に開通式を挙行し、 橋の銘板に記念されている。

橋はグレート・グリムズビー・バラ (Great Grimsby Borough) により復元された。

操業

オールド・ドックは今や輸送で活動していないが、 議会法により、ある要請によって持ち上げることが要求されている。 1990 年代に要請があり、 歴史的な船であるロス・タイガー (Ross Tiger) とリンカーン・キャッスル (Lincoln Castle) をオールド・ドックに進入させた。そこで 2 隻は永久に停泊し、それぞれ博物館とレストランになった。

訳注
Google の衛星写真で現在オールド・ドックに船が見えますが、この 2 隻ではないと思われます。 ロス・タイガーはトロール船、リンカーン・キャッスルの方が渡し舟で、 後者の方に関してはスクラップにされたことを言及したページがありました。

橋は時々、試験用に持ち上げられ、最も最近には 2016 年 5 月に実施された。 それ以前には 2008 年に実施された。