ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Twin Sails Bridge - Wikipedia

ツイン・セイルズ橋: Google map、 ストリートビュー: 橋の上。 アップされた写真: その 1 その 2、、 その 3 YouTube

このバスキュール橋はひどく変わっていて、二枚の帆が開くように開放します。

ツイン・セイルズ橋 (Twin Sails Bridge)

「ツイン・セイルズ橋」 は (「第二港湾横断」 (The second harbour crossing) とも呼ばれ)、 イングランド、ドーセット州プール (Poole) の二枚リーフ (葉) のバスキュール橋である。 橋はプールの町から、ハムワーシー (Hamworthy) の中心地への 第二の道路接続を提供している。 (建設の) 意図は 4 つの重要な場所の開発をすることにあり、 2 つがプールの中心地、2 つがハムワーシーの中心地で、これには 1988 年に閉鎖された古い発電所が含まれている。


建設中のツイン・セイルズ橋、2011 年 11 月
  1. 位置
  2. デザイン
位置

橋はホールズ湾 (Holes Bay) とプール港 (Poole Harbour) を接続するバックウォーター水路 (Backwater Channel) にかかっている。橋とその進入路は東ではウェスト・キー・ロード (西岸壁道路、West Quay Road) のジャンクション (接続部) につながり、 西では都市道路の支道につながっている。

デザイン

新しい橋は既存のプール橋のそばで操業し、 2 つの橋の 1 つが常に車両交通に開放され (但し、保守による閉鎖と水上の緊急事態は除く)、 道路情報表示版 (variable-message sign) が交通を通過可能な橋に導くことを意図している。 橋は幅が 10.8 メートル (35 フィート) の路面から構成され、 車両用の 2 車線と 2 つの分離した自転車用の車線がある。 これに付け加え、2 つの 2.5 メートル (8 フィート) 幅の歩道が提供され、 歩道は橋からカンチレバーで支えられている。 橋は 5 スパンで建設され、全長がほゞ 139 メートル (456 フィート) である。 進入区間は 2 つの 27 メートル (89 フィート) スパンから構成され、 中央の持ち上げ区間は三角形のリーフ (葉) から構成され、 これが主ベアリング間の 23.4 メートル (77 フィート) を横断し、 開放した時に 19 メートル (62 フィート) 幅の水路を提供する。 航行水路を通り抜けるボートに水路を提供するために、 持ち上げスパンは 88度 まで回転することが計画されており、 動力は油圧ラム (ラム = ram = ピストン) で 提供され、これが 1 日に 15 回まで操業し、全開するまで 2 分である。 2 つの 55 メートル (180 フィート) の高さのマストが持ち上げリーフに装着され、 トップ 2 m は白色 LED で照明されている。 遮断機、ライト、スピーカー、交通制御を格納する 7 m の高さの塔 -- これが橋と制御室を接続する -- が持ち上げ区間に隣接する固定区間にある。

訳注
油圧ラムは身近で随分お目にかかり、 例えば油圧クレーンでアームを持ち上げるピストンが該当します。 ピストンは本来はレシプロ・エンジン用に使用される用語なので日本語で言葉の乱用をしている。

ホーフティーフ建設 (Mochtief Construction, UK) は £1850万 の橋の建設契約を与えられ、 およそ 900 トンの鋼の供給契約は 「クリーブランド橋梁 & 技術会社」 (Cleveland Bridge & Engineering Company) と 「ギフォード社」 (Gifford) に与えられ、 2 社は主要なデザイン・コンサルタントであるウィルキンソン・エア・アーキテクツ (Wilkinson Eyre Architects) と共同で仕事をした。 メタモント社 (Metamont Ltd.) は海洋クラスのステンレスの欄干と色調可変な DMX 照明を設置した。

歴史

新しい橋を建設する計画は 1980 年代にさかのぼり、第二の持ち上げ橋が 2000 年に提案された。 これはホールズ湾を横断して A31 道路と接続する固定橋の建設が 1998 年に政府がキャンセルした後のことであった。 市議会は 2004 年に輸送省 (Department for Transport) に詳細な計画を提出し、 2005 年の公開調査 (public inquiry) の後に 「ツイン・セイルズ橋」 プロジェクトは 2006 年/2007 年に承認されたが、建設は当初、市議会と地主の交渉の行き詰まりから遅延した。 交渉が 2009 年 8 月に決着した後で、政府の助成金 £1414万 の割り当てで更に遅れ、これは 2010 年 3 月に終に合意した。

建設は 2010 年 5 月に開始し、完成・開通が 2012 年 2 月末に予定されたが、 路面の問題から橋は閉鎖されたままであった。 もっとも 王女アン (HRH The Princess Royal) による訪問と開通式は 2012 年 3 月初めに開通以前に実施された。 路面が敷き直されてから、橋は 2012 年 4 月 4 日に開通した。 最初の車両は AM 9:38 に通過した。 橋の操業上の問題は 2012 年の夏にも続き、遮断機と持ち上げ機構による遅延が生じ、更には路面の欠陥が継続した。