ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次の一部分の翻訳です。 使用している絵も英語版の Wikipedia の絵から作ったものです。

Turret clock - Wikipedia (塔時計)

以下では striking clock を打鐘時計と訳しており、これは定時に鐘を鳴らす時計のことです。 英語の clock (時計) は「鐘」からきており (中期英語 (Middle English) の ckok は中期オランダ語 (Middle Dutch) の clocke (bell、ベル) に由来)、もともとは塔時計には文字盤がなく、定時に鳴るだけのものと思われます。 町中の人に時を知らせるには 1 時には 1 回、2 時には 2 回、.. のように鐘を鳴らせるほうが効果的で、 夜間にも時を告げることができた。 当初は文字盤はあったにせよ、分単位で正確ではなかったので、分針は付いていなかった。 分単位で正確になるのは 振り子時計が発明された 17 世紀のことです。

『塔時計』は基本的に公共の時計で、ヨーロッパでは昔は水時計が使用され、 そのうちに機械式時計に変化します。この変化の時は文献からは知ることができません。 その理由はどちらもラテン語で horologe と呼ばれるためです。

「水時計」では機械を動かすために非常に多くの人手を必要とするので 極めて豊かな組織でないと持つことができません。(昔の日本の朝廷のような組織でないとだめなのです。) これに反し「機械式時計」では 人手をほとんど必要としないので、それほど豊かでない町でも持つことができるようになります。 そのため、「機械式時計」に変化する時はヨーロッパで塔時計が爆発的に増える時期と一致しているのです。 以下に書かれていることは基本的には 13 世紀と 14 世紀の塔時計のリストで、 ここから「機械式時計」に変化する時が大体わかります。 少なくとも 13 世紀に比較して 14 世紀に時計の記述が随分増えているので、 これが機械式時計の理由によっていることが断定できる。

15 世紀にはヨーロッパ中に塔時計が普及し、塔時計のリストを作ることが現実的ではなく、 この時点では塔時計はすべて機械式の時計となったのです。塔時計は当初は富や権威の象徴であったものが、 どの町にもあるようになり、 次第に人々の生活必需品となっていくさまが読み取れます。 (1388 年、フランスのベテューヌの鐘楼の備考を参照のこと、この時点で機械式時計がありふれたものになっている。)

塔時計 (Turret clock)

塔時計は普通は塔に設置した時計のことで、 針で盤面に現在の時刻を表示したり、鐘を鳴らして時刻を知らせたり、 あるいはその両方をすることがある。 また、盤面は 1 つ以上あることもあり、日付、月の相や他の天文学的データを表示することもある。


14 世紀の時計の絵
訳注
古い塔時計に関しては ソールズベリー大聖堂の時計が参考となり、 これは現物が残っています。 この時計は世界最古の機械式時計と思われていますが、記述された直接の証拠がないので 断言はできません。しかし、非常に古い時計であることは間違いありません。1956 年にもとの形に 復元したときに 2 度の改修の跡が見つかっています (X 線写真)。これは、それぞれ
  1. フォリオットを振り子で置き換えた時 (振幅の大きい振り子)
  2. バージをアンカー・エスケープメントで置き換えた時 (振幅の短い振り子)
に対応しており (振り子時計を参照)、少なくとも振り子時計以前からある時計を改修したもので、 それを元のバージとフォリオットに戻すことによって復元したものです。
  1. 歴史
  2. 公共の塔時計の既知の設置場所の表
歴史
日時計

もっとも最初の公共の時計は日時計である。

水時計

水時計は BC 4000 年までさかのぼるといわれている。 ヨーロッパでは水時計は AD 1000 年から AD 1350 年頃まで使用された。

ろうそく時計

ろうそく時計も時の経過を測るのに使用された。 非常に洗練されたデザインが幾つかあり、これらは「ろうそく」の重さが減少することに基づいている。 もっと単純なデザインでは、金属のピンをろうそくの所定の位置に挿しておき、 ピンが挿してある箇所までろうそくが燃えると、ピンが落ちる。

水銀時計

水銀時計は 幾つかの部屋に分かれたドラムを使い、 この部屋は目盛を付けた穴でつながっていた。 ロープがドラムの周りに巻きつけられ、重しがその端に付けられる。 下の方に引き寄せる重さが、ドラムを回転する。 ドラムの部屋に入れられた水銀は、回転の動きに抵抗して、 1 つの部屋から別の部屋にゆっくり移動し、ドラムの動きを抑制し、 ドラムは多かれ少なかれ、一定の速さで回転することになる。 ドラムの回転が時を測ることに使用できる。

訳注
江戸時代の「からくり」に「段返り人形」というものがあるそうです。 水銀を使用し、ちょうど上の方法で人形をゆっくり回転させています。次に説明があります。
江戸からくりに学ぶ日本のものづくり力
「段返り人形」はまず間違いなく西洋の水銀時計のマネをしたと思われ、 ページの標題の「日本のものづくり力」と矛盾していると思う。 自動人形は時計と接点が多いので、この可能性は極めて高い。 日本人がヨーロッパの古い装置を知らないため、類似点に気が付いていないのかもしれない。 (類似のことに 円周儀のコピーである 「わんか羅針」がある。)
バージとフォリオットによる時計

第三世代の機械式時計には バージとフォリオットがあり、 14 世紀に登場している。 14 世紀の後半には、500 台以上もの鐘を打つ塔時計がヨーロッパ中に設置され、 これに関しては何らかの文献が存在している。 もっと多くの時計が作られた可能性もある。 これは、整備することが容易である最初の公共時計であった。 というのは水時計は多かれ少なかれ常に人がそばにいなければならず、 そのため人手が十分にある富裕な組織のみがこれを整備できたのである。 バージとフォリオットにより機械式時計では比較的整備することが簡単で、 そのため、多くの教会、鐘楼 (bell tower) や市役所に設置された。 この新しい技術は非常に速く普及した (10 年もたたない間にヨーロッパ中に広まった)。

振り子時計

第四世代の時計は振り子を使用した機械式時計であった。 これは 1657 年に クリスティアーン・ホイヘンスによって発明された。 振り子は、フォリオットよりも正確であったため、 幾つかのフォリオット時計は振り子時計に改造された。 再び、この新しい技術はヨーロッパ中で素早く採用され、 多くの時計が改造された。

訳注
機械式時計は 2 度改変されます。 最初は振幅の大きなバージ振り子時計になり、 次に振幅の小さな振り子時計になります。 これは 振り子時計 ソールズベリー大聖堂の時計 を読めば事情がよくわかります。
電気時計

電動の塔時計は同期モーターを使用し、1960 年に導入された。 幾つかの機械式の塔時計では電動モーターで巻き上げている。 こういうものも、機械式時計とみなされる。

公共の塔時計の既知の設置場所の表

以下の表は、ヨーロッパで設置された塔時計の幾つかを示している。 これは完全なものではなく、主に採用された速度を目に見せるためのものである。

残念なことに、塔時計のメカニズムで生き延びたものはほとんどなく、 1400 年かそれ以前の時計に関してはもとのままかどうかの議論がある。 建造方法の詳細に関しては推測しかない。 (パリの von Wieck 時計に関しては計時装置の絵が存在しており、これは例外である。)

注意: 国名の欄は現在 (2012 年) の国境にもとづいています。 例えば、 コルマールは 1370 年にはドイツに属していましたが、 現在はフランスに属しています。

13 世紀

13 世紀の時計はどれもフォリオットを持っていなかったであろう。 これらの時計は、水、水銀あるいは「ろうそく」を使用した可能性が大きい。

国名場所位置名称型式言及備考
1283英国ダンステブル小修道院horolgium不明 1283 年の小修道院の年史 - Eodem anno fecimus horologium quod est supra pulpitum collocatum. 恐らくは水時計
1284英国 エクセター大聖堂エクセター
大聖堂の
時計
不明 1284 年 6 月に鐘の製造者である Roger de Ropford に対して、orologium の修理の下賜金 1284 年の時計がバージとフォリオットの時計であることはあり得そうもない。下賜金で言及されている時計は恐らく水時計。 1423 年に新しい時計が設置される。今日でも見ることができる報時装置の残滓はこの時のものであろう
1286英国ロンドン セント・ポール大聖堂Bartholomo
Orologiario
clock
不明 Compotus Bracini 1286 恐らくは水時計
1288 (?)英国 オクスフォードマートン・カレッジ 不明 会計報告書 "Expense orologii"恐らくは水時計
1290英国 ノリッチノリッチ大聖堂 不明 1290 年の聖具室係の文書 "In emendacione orologio" 恐らくは水時計
1291英国 イーリーイーリー大聖堂 不明 1291 年の聖具室係の文書 "pro custodia orologii"恐らくは水時計
1292英国 カンタベリー カンタベリー大聖堂novum
orolgium
不明 イーストリーの副院長ヘンリーの仕事のリスト"novum orologium mangum in Ecclesia"恐らくは水時計
訳注
  1. ダンスタブルの Google マップ
  2. horologium - Wiktionary によると、 ラテン語で horologium (ホロロジウム) は時計を意味するようです。またここに語尾変化も書いてあります。 上の引用で 1283 年の場合だけが綴りが正しく、それ以外は最初に h が抜けているような気がします。
14 世紀

14 世紀の間に、フォリオットの登場から、整備に手間のかかる水時計が置き換えられた。 正確にいつそれが起きたのか、また 14 世紀の初期の時計でどれが水時計で、どれがフォリオットを使用したのかは不明である。

1362 年のパリのハインリッヒ・フォン・ヴィック (Heinrich von Wieck) による時計はフォリオットとバージ・エスケープメントを使用したことが確定できる最初の実例である。 記録されている塔時計の数が突然に増えたことは、これらの新しい時計がバージとフォリオットを使用したことを示している。 これは 1350 年代とそれ以降に起きたことである。

訳注

下の表から 1350 年代には 10 個の記述がありますから、確かに激増しており、この時期にフォリオットとバージ・エスケープメント を使用した塔時計が作られるようになったようです。しかし、これは最初のフォリオットとバージ・エスケープメントを使用した 塔時計よりは少し遅いはずです。誰かが、それを作っても他の人が真似するには若干時間が必要なためです。 従って、1336 年のデ・ドンディの時計がその最初の時計であることは大いに可能性としてあるようです。 これは表から読み取れる事実ですが、少し意味不明な部分があります。それは 1304 年と 1305 年の alarm clock です。 字義通り訳すとこれは「目覚まし時計」となります。意味不明なので「警鐘時計」としました。 バージ・エスケープメント では フォリオットとバージ・エスケープメントを使用した時計は 13 世紀には存在したとしていますが、 1304 年と 1305 年の塔時計はどうだったのでしょうか ?

なお英語版の Wikipedia の Clock にはこのページとかなり違うことが書いてある。 例えば, 1283 年のダンステブル小修道院 (Dunstable Priory) の時計を機械式時計と言っているが、あまり根拠がない。 このページは控えめな評価をしているが、かなり信頼できる。

国名場所位置名称型式言及備考
1304 エアフルトベネディクト
修道院
聖ペトロ
Schelle不明 Petronella と Scolastica の献納恐らくは機械式の警鐘時計
(alarm clock)
1305 アウクスブルク大聖堂 不明 ニュトリンゲンのドムクストス家が大聖堂に良好でよく調節された時計を寄付 恐らくは機械式の警鐘時計
1306英国 ソールズベリーソールズベリー
大聖堂
 不明 1306年8月26日に書かれた作文「大聖堂の時計が 1 時を打つ前は誰も....買わないし、買わせようとしない」 恐らくは機械式水時計
1308 カンブレー大聖堂 不明 1348 年に時計が修繕され、動く人形が取り付けられ、1398 年には鐘と天使が取り付けられた  
1309 ミラノSt. Eustorgio
教会
 不明 金属製の時計が 1333 年と 1555 年に修理されている 
1314 カーン聖ピエール教会 不明 打鐘時計の言及 
1316ポ|ランドブジェク市役所 不明 時計の重しが現存, 新しい鐘を 1370 年に鋳造、1414 年に新しい時計と交換 
1322英国 ノリッチノリッチ大聖堂 天文時計 1322 年から 1325 年の聖具室係の文書で時計の建造と設置が言及されている。 時計には天文盤面と自動人形が取り付けられ、59 の像と修道士の聖歌隊あるいは行列があった そのような計画に必要とされる組織、職人、材料に関してのもっとも初期の詳細な記述
1325 - 1343 クリュニー大学の教会 不明 Petrus de Chastelux が新しい時計を作った 
1327英国 セント・オールバンズセント・
オールバンズ
大聖堂
  天文時計描画ウォーリンフォードのリチャード (Richard of Wallingford) は時計を完成しなかった
1336 ミラノ 24 時間制
の公共の
打鐘時計
Annales Mediolanenses Anonymi ビルフィンガー (Bilfinger) によれば、これが最初の機械式の打鐘時計でデ・ドンディ (de Dondi) によって製造された可能性がある。 この時計は、順番に時を打つ (夜昼問わず 1 時には 1 回打ち、2 時には 2 回打つ、等々) と言及されている最初の時計である。 時計が何をしているのかの詳細な記述があるため、目新しいと考えられる。 時計に関しての初期の記録では、単に言及するのみで、熱意もなく、仕組みを記述していない。 これは、まさしく水時計とバージエスケープメントを備えた機械式の時計の分岐点である可能性がある。
1348 - 64 パドヴァ城の塔Astrarium打鐘天体時計,バージと冠バランス輪 Il Tractatus Astariiジョバンニ・デ・ドンディ (Giovanni de Dondi)
1351英国 ウィンザー城グレート・タワー   イタリアの 3 人のロンバルド人によってロンドンで製造された。1352 年 4 月 8 日に到着、5 月 24 日に去る。 
1351 オルヴィエート城の横の時計台  打鐘時計,鐘をたたく自動人形   
1352 - 54 ストラスブール大聖堂  天文時計, 3 つの盤面,下は年の盤面,聖者の日,中央は時間の盤面,上の盤面では聖母マリアの前を 3 人の王が 1 時間で行進,一番上で雄鶏が時を打つ   1547 年に退役
1353 ジェノヴァ  打鐘時計  
1354 フィレンツェ ヴェッキオ宮殿    
1355 - 71 レッジョ  打鐘時計  
1356 ボローニャ城の塔 打鐘時計  
1356 - 61 ニュルンベルク聖母教会 (Frauenkirche)  打鐘時計、皇帝の周りを 選帝侯が囲む  1508 年と 1509 年に聖母教会の外側の時計と共に交換
1359フランケンベルク教区教会
(Pfarrkirche)
  天文時計,
3 人の王が
聖母マリア
を囲む
  
1359 シエーナシティー・タワー   Bartolo Giordi がシティー・タワーに時計を設置 
1361 フランクフルト大聖堂 天文時計  Jacob により製造,1383 年に改良, 1605 年に退役
1361 ミュンヘンシティー・タワー  時計があることが言及 
1362ベルギ| ブリュッセル聖ニコライ聖堂
(St Nicholas church)
 不明 塔時計の言及 
1362 フェラーラ城の塔  時計が城の塔に設置 
1362 - 70パリ時計台 (Tour de l'Horloge) バージと
フォリオットの
打鐘時計
フロワサールの詩「ほれた大時計」(L'Horloge amoureuse) の中に時計の言及, 絵が存在 計時装置の絵から「扉枠組み立て」(door frame construction) が見える。ドイツ人のハインリッヒ・フォン・ヴィック (Heinrich von Wiek) により建造
1364 アウクスブルクPerlachturm
(塔の名前)
 打鐘時計  時計は 1369 年に修繕され、1526 年に 15 分置きの打鐘 (quarter strike) も付け加えられた。
1365 - 67英国ロンドン ウェストミンスター
宮殿
 不明  大広間の入り口の反対側にある王の庭の端の北壁の時計塔は 1365 年に開始,1367 年に完成
1366スペイン トレド大聖堂   金細工人の Gonzalo Perez が大聖堂の塔に時計を供給 
1366 - 68スイス チューリッヒPetersturm
(聖ペトロの塔)
  打鐘時計名匠 Chunrad von Cloten が Petersturm のために打鐘時計を建造 
1366英国 ケントクイーンバラ城 打鐘時計  
1367ポ|ランド ヴロツワフ市役所   市役所に時計があることが言及 
1368英国キングズ ラングリーキングズ
ラングリー
大邸宅
 打鐘時計 エドワード III 世はパテントを与え 3 人のフランドル人に安全な実施を提供した。 これらの人々は恐らく時計を建造した 1369 年にパテントの期限が切れた後で、ジョン・リンカーンは国王の時計守に任命された
1368ポ|ランド オパヴァ    市議会は名匠 Swelbel と時計を備え付ける契約に署名 
1369 マインツ教区教会
St. Quentin
 打鐘時計  
1370 コルマール大聖堂の塔 打鐘時計  
1370ポ|ランドシュフィドニツァ    市議会は名匠 Swelbel と契約を結び,ヴロツワフと同じ,もしくはそれ以上の時計の設置を依頼 
1371英国 ヨーク ヨーク・
ミンスター
 打鐘時計 ヨーク・ミンスターの Fabric Rolls は John Clareburgh による新しい時計の購入を記録, 13 ポンド 6 シリング 8 ペンス 
1372ベルギ|ゴルザンヌ 打鐘時計 Louis Defiens は城に打鐘時計を設置 
1372 - 73 ストラスブール大聖堂 打鐘時計 Heinrich Halder は大聖堂の塔に打鐘時計を搭載 
1376ベルギ| ヘント鐘楼
(Belfried)
 打鐘時計  
1376ベルギ|サンス (Sens)    幾つかの鐘がついた時計が製造 
1376 ノジャン・シュル・マルヌボテ・シュル・
マルヌ(城)
   Pierre de S. Béate が城に時計を設置 
1377ベルギ|デンデルモンデ鐘楼
(belfry)
   Jan van Delft が鐘楼のために時計を製造 
1377 ヴァランシエンヌ市役所   市役所の時計が交換され 2体の打鐘人形を設置 
1377 ヴィチェンツァ市役所 打鐘時計 名匠 Facius Pisanus は市役所のために新しい打鐘時計を製造 
1377ベルギ| イーペル鐘楼 幾つかの
鐘を備えた
時計
  
1380 バンベルク大聖堂  時計が大聖堂に設置 
1380ニエップ   Pierre Daimville は城のために 300 ポンドの金属製の時計を設置することに従事. この城にはすでに時計があった 
1382 - 84 ハンブルクNikolaikirche
(ニコライ教会)
 打鐘時計 鍛冶屋の Schinkel はニコライ教会のために公共の打鐘時計を設置 
1383 - 84 ディジョンノートルダム・
ド・
ディジョン
 打鐘時計 1382 年にベルギーの コルトレイクから取ってきた時計をノートルダムの塔に設置 
1383フリッツラール    塔の時計に関して言及 
1383 リオンSt. Jean 教会 打鐘時計 St. Jean の小さな打鐘時計のことが言及 
1384フリートベルク  打鐘時計 Wernher von Ilbenstedt は打鐘時計を製造 
1384 ミンデン大聖堂   大聖堂の時計が修繕されたことが言及 
1385スイス ルツェルンGraggenturm
(塔の名前 ?
turm=塔)
 打鐘時計 鍛冶屋の H. Halder は Graggenturm のために打鐘時計を設置, 時計の取り扱いに関しての手引きを残す これは、操作方法が記載された最初の時である. 明らかにバージやフォリオットを言及している。「幸福な揺れ動く気分」とはフォリオットである。 [訳注:原文ではこれ以後、独語文と英訳がある。ここでは英訳の邦訳のみ] 時計を調節して,進めたり遅らせたりしたければ,エスケープ輪からフォリオットを離し, エスケープ輪を手で安全に持つ. そうでないと重さで落ち,時計仕掛を損傷する危険がある。 エスケープ輪を持ちながら,時を短くしたければ重りを下げ,長くしたければ重りを上げる。 この際に多すぎてもいけなし,小さすぎてもいけないし,カウント・ホイールも注意すること。 もしも (鐘の) 輪を下げたければ,カウント・ホイールを好きな場所 I, II, III 等に設定すること. もしも,フォリオットが速いと感じれば,鉛の重りを軸から遠ざけ,遅いと感じれば軸に近づけて (フォリオットを) 阻害したり,促進したりする。 時計仕掛は大抵,昼間よりも夜間の方が遅いので,夜間は速くしたいと思うかもしれない。 両方の重りに注意すること。もしもロープにゆとりがなくなれば,巻き戻すこと。 これはいつでもできる.
1386 ブラウンシュヴァイクKatharinen
kirche
カタリーナ教会
   Marquard はカタリーナ教会のために時計を設置.大聖堂は 1346 年にすでに時計を持っている 
1386英国 ソールズベリー大聖堂ソールズ
ベリー
大聖堂の
時計
打鐘時計 Deed大聖堂で展示している時計とは違うかもしれない
1386 ヴュルツブルク大聖堂   大聖堂の時計を言及 
1388 ベテューヌ鐘楼 打鐘時計 ベテューヌ市民は鐘楼を作りなおし時計を設置しようとした. [以下に仏語の文が引用 (省略、右を参照)] この引用は如何に塔の時計がありふれたものとなったのかを示している。 また「時計は今や他の場所や良い町でありきたりとなっているように夜も昼も時を告げてくれる」と言っている。 これは塔の時計が昼夜を問わずに鳴っていたことを示すものである。
1388 マクデブルク大聖堂 打鐘時計 大聖堂の打鐘時計の言及 
1389 ルーアン鐘楼 打鐘時計, 15 分置きにも鳴る Jehan de Felains は鐘楼の 15 分置きに打つ時計のために 70 リーブル支払った. 
1391 メス大聖堂 15 分置きに鳴る時計 ハインリッヒ・フォン・ヴィック (Heinrich von Wieck) によって製造 
1392 シャルトル  打鐘時計 時計職人で鍛冶屋でもあった Philibert Mauvoisin は パリ城の時計と似ている打鐘時計を製造することを指示した.  
1392 ハノーファー市場の教会   鍛冶屋の Meistorpe と Hans Krieten は市場の教会に時計を設置した. 
1392 - 93英国 ウェルズウェルズ
大聖堂
 打鐘時計  これが現在サイエンス・ミュージアムに展示されている時計と同じものかに関しては疑問がある
1394 シュトラールズントNikolaikirche
(ニコライ教会)
  天文時計 Nikolaus Lilienfeld はニコライ教会のために時計を設置した. 
1395バート・ドベラン教会 天文時計 シュトラールズントの時計と似た天文時計が教会に設置された 
1395 シュパイアーAltburgtor 打鐘時計 Altburgtor と Predigerkirche (伝道者教会) における打鐘時計が報告されている 
1398 - 1401Villingen  天文時計 名匠 Claus Gutsch はストラスブールの時計の後で天文時計を製造した。 

小さな町でさえ、打鐘時計を設置することができることが明らかである。 塔の時計は今やヨーロッパ中でありきたりなものとなった。

当時のものと主張されている ソールズベリーの時計ウェルズの時計以外には現存する時計はない。

訳注
  1. 1316 年のブジェク (Brzeg) の Google マップ
  2. 1355 年のレッジョ (Reggio) はイタリアに 2 ヶ所ありますが、どちらか不明
  3. 1359 年のフランケンベルク (Frankenberg) もドイツに 2 ヶ所ある。
  4. 1368 年のキングスラングリー (Kings Langley ) の Googl マップ
  5. 1370 年のシュフィドニツァ (Swidnica) の Googl マップ
  6. 1372 年のゴルザンヌ (Golzinne) の Googl マップ
  7. 1376 年の サンス (Sens) はベルギーではなくフランスかもしれません。原文のリンクをたどると フランスのサンスに行きつきます。
  8. 1377 年の デンデルモンデ (Dendermonde) の Google マップ
  9. 1380 年の ニエップ (Nieppe) の Google マップ
  10. 1383 年の フリッツラール (Fritzlar) の Google マップ
  11. 1383 年のフリートベルクはドイツに 2 ヶ所ありますが、どちらか不明
  12. 1395 年のバート・ドベランの Google マップ
  13. Villingen の正式名称は Villingen-Schwenningen。Google マップ
    Google マップでは日本語名を後半のシュヴェニンゲンとしている。
  14. 1336 年の Anonymi はラテン語の anonimous (匿名)、anonymus - Wiktionary
15 世紀

塔の時計はヨーロッパ中であまりに、ありきたりなものとなったのでリストを作ることが現実的ではない。