ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Exeter Cathedral - Wikipedia

以下人名のカナ表記はあまり信頼できないのですが次の発音に関しては一応聞くことができます。

Leofric (リオフリック) の発音: How to Pronounce Leofric - YouTube

エクセター大聖堂 (Exeter Cathedral)

エクセター大聖堂は、厳密に言えば、 エクセターのセント・ピーター大聖堂教会 (Cathedral Church of Saint Peter in Exeter) となるが、、 アングリカン教会で、南西イングランド、デボン (Devon) のエクセター市の エクセター司教 (Bishop of Exeter) の座 (seat) である。 現在の建物は 1400 年頃に完成し、幾つかの顕著な造作があり、 これに含まれるものに、初期のミゼリコードのセット、 天文時計、イングランドで最長の途切れがないヴォールト天井がある。

エクセター大聖堂 エクセター市内の位置
  1. 歴史
  2. 顕著な造作
  3. 首席司祭とチャプター
  4. 埋葬
  5. 伝説
  6. 野生生物
  7. 音楽
歴史

セント・ピーターに捧げられたエクセター大聖堂の創設は 1030 年であり、 この時デボンとコーンウォールの司教の座が海からの侵略の恐れからクレディトン (Crediton) から移された。 サクソンの大聖堂 (Saxon minster) はすでに町の中にあって、 (セント・メアリーとセント・ピーターに捧げられ)、リオフリック (Leofric) により 彼の座 (seat) として使用されていた。 礼拝はしばしば戸外で開催され、現在の大聖堂の建物の近くであった。

1107 年に William Warelwast -- 征服王ウィリアム (William the conquuror) の甥 -- が (司教) 座に任命され、これが新しい大聖堂をノルマン様式 (Norman style) で 建設する刺激になった。 この公式の創立は 1133 年で、Warelwast の時代であるが、完成するまでにもっと多くの年月が かかった。 ウォルター・ブランスクーム (Walter Branescombe) が 1258 年に司教に任命されたことに引き続き、 建物はすでに時代遅れとみなされ、ソールズベリーの実例に従って、装飾ゴシック様式で 再建された。 しかしながら、ノルマンの建物の多くは維持され、これに 2 つの巨大な正方形の塔と壁の一部分が 含まれた。 これは完全に地元の石で建設され、これにパーベック大理石 (Purbeck Marble) が含まれた。 新しい大聖堂はチャプター・ハウスと 寄進礼拝堂 (チャントリー・チャペル) を除いては、 1400 年頃までに 完成した。

イングランドの大半の大聖堂と同様にエクセターは修道院の解体の最中に苦しんだが、 修道院が基礎になっていた場合ほどひどくはなかった。 更なる被害は イングランド内戦の時に被り、この時 回廊が破壊された。 チャールズ 2 世の復帰に引き続き、新しいパイプオルガンがジョン・ルースモア (John Loosemore) により大聖堂に建設された。 チャールズ 2 世の姉妹であるイングランドの ヘンリエッタ・アン (Henrietta Anne) はここで 1644 年に洗礼を受けた。 ビクトリア時代の最中に、 ジョージ・ギルバート・スコット (George Gilbert Scott) により、少々の刷新が実施された。 作曲家の マシュー・ロック (Matthew Locke) は子供の時にエクセター大聖堂の聖歌隊で、 オーランド・ギボンズ (Orlando Gibbons) の兄弟であるエドワード・ギボンズ (Edward Gibbons) の下で訓練した。 彼の名前は石のオルガンの仕切りに刻まれていることが見出せる。

1830 年の大聖堂

第二次世界大戦中に、エクセターは文化的・歴史的重要性を持つ英国の都市に対しての ドイツの空襲の標的の 1 つになり、これは ベデカー爆撃 (Baedecker Blitz) と呼ばれた。 1942 年 5 月 4 日の早朝にエクセターに空襲があった。 大聖堂はセント・ジェームズ礼拝堂に大きな爆弾 (high-explosive bomb) の直撃を被った。 この上の文書保管室 (muniment room)、側廊の 3 区画、 そして 2 つのフライイング・バットレスが爆破で破壊された。 礼拝堂の反対側の中世の木造スクリーン (仕切り) は爆破により、多くの破片に粉砕された。しかし、これは再建・修復された。 大聖堂の最も重要な工芸品の多く -- 例えば、古代ガラス (大きな東窓を含む)、 ミゼリコード、司教の椅子 (bishop's throne)、 エクセター本 (Exeter Book)、 古代の勅許状 ( アゼルスタン王 (King Athelstan) と エドワード懺悔王 (Edward the Confessor))、 及び図書館の貴重な文献 -- は攻撃に備えて取り除かれていた。 ウォルター・ブランスクーム (Walter Branscombe) の貴重な肖像 (effigy) は土嚢で守られていた。 これに続く修理と、建物の西端の周りの跡片付けから、より古い構造の 1 部分が露呈し、 これにはローマの都市の遺物と元々のノルマン大聖堂の遺物が含まれていた。

顕著な造作

内部の顕著な造作に含まれるものに: ミゼリコード吟遊詩人のギャラリー (minstrel's gallery)、 天文時計 (astronomical clock) 及び オルガンがある。 内部の顕著な建築的造作に含まれるものに: 多重リブ天井 (multiribbed ceiling) と ネイブアーケードの合成柱 (compound piers) がある。

大聖堂の内部、ヴォールトの天井
が見える。中世のヴォールト天井
で、途切れがないもので世界最長
ヴォールトの天井の詳細

クワイヤにある高さ 18 m (59 フィート) の司教の椅子 (bishop's throne) は 1312 年から 1316 年にかけてデボンのオークで製造され、 そばの聖歌隊の椅子 (choir stall) は 1870 年代に ジョージ・ギルバート・スコット (George Gilbert Scott) により作られた。 大きな東窓 (Great East Window) の大半は 14 世紀のガラスを含み、 400 個以上の天井ボスがあり、 このうちの 1 つは トマス・ベケット (Thomas Becket) の殺人を描いている。 ボスはヴォールト天井の頂上に見ることができ、リブを互いにつないでいる。 中心の塔がないため、エクセター大聖堂には世界で最長の途切れがないヴォールト天井があり、 およそ 96 m (315 フィート) である。

ネイブで、オルガン
がある東を向く。
クワイヤでオルガンから、
東の聖母礼拝堂を向く
大きな東窓 西窓
ミゼリコード

50 個のミゼリコードは英国で最も初期の完全セットである。 これらは 2 つの時期 -- 1220 年 - 1230 年、及び 1250 年 - 1260 年 -- のものである。 ここには他の物の中に英国で最古の木造の象の表示がある。 これらは支援者がある。

ミゼリコードの 1 つ、笛と太鼓 (pipe and tabor) の演奏
吟遊詩人のギャラリー

ネイブ吟遊詩人のギャラリーはおよそ 1360 年頃のもので、 イングランドの大聖堂ではユニークである。 この前面を飾るのは: 彫刻・着色された 12 体の天使で、 中世の楽器を演奏している、これには シターン (cittern), バグパイプ (bagpipe), hautboy ([訳注:オーボエ]), クルース (crwth (/ˈkruːθ/)、[訳注:弦楽器の一種]), ハープ (harp), トランペット (trumpet), オルガン (organ), ギター (guitar), タンブリン (tambourine) そして シンバル (cymbals) で、 残りの 2 つは不明である。 上の一覧が 1921 年に編集されてから、 音楽学者の中での研究から、 幾つかの楽器が現在でどのように呼ばれているのかに関して変更された。 変更された名称を使用すると、 この一覧は今では左から右に述べると: ギタン (gittern、[訳注:ギターに似た楽器]), バグパイプ (bagpipe), ショーム (shawm), ヴィエール (vielle), ハープ (harp), 口琴 (jew's harp), トランペット (trumpet), オルガン (organ), シトル (citole), リコーダー (recorder), タンブリン (tambourine), シンバル (cymbals) となる。

吟遊詩人のギャラリー
天文時計

エクセター大聖堂の天文時計は、 イングランド西部 (West) で、14 世紀から 16 世紀にかけて見出さられる一群の天文時計の一つである。 これ以外のものはウェルズ (Wells)、 オタリー・セント・メアリー (Ottery St. Mary)、 及び ウィンボーン・ミンスター (Wimborne Minster) にある。

天文時計

主文字盤 -- 下のもの -- はこの時計で最古の部分であり、1484 年の ものである。 フルール・ド・リス (fleur-de-lys) の針は 24 時間のアナログ文字盤で時刻 (従って太陽の位置) を表示する。 番号付けはローマ数字 I から XII の 2 セットから構成されている。 銀のボールと内部の文字盤が月齢 (age of the moon) とその相 (phase) を示す (回転する黒いシールドを使用して、月の相を表示する)。 上部の文字盤は 1760 年に追加され分を表示する。 ラテン語のフレーズ Pereunt et imputantur -- 時計と日時計の好みのモットー (motto) -- がラテン語の詩人のマーシャル (Martial) により記された。 これは通常は 「これは朽ち、我々のために刻む」 のように翻訳され、 賢明であるにせよ、そうでないにせよ、我々が費やした時間を言及する。 元々の時計仕掛けの機械 -- 随分改造・修理されて、20 世紀初頭に交換されるまで放置された -- は下の階に見ることができる。 時計の下にある扉には下に丸い穴がある。 これは 17 世紀に開けられて、司教の猫が害獣を阻止するための入り口で、 時計機械の潤滑に使用される獣脂に害獣が引き寄せられたのである。

図書館

図書館はリオフリック (Leofric) の司教職 (1050 年 - 1072 年) の時に始まり、 彼は大聖堂に 66 冊の本を提供し、このうちの 1 冊のみが図書館に残っている; これはアングロ・サクソンンの詩の エクセター本 (Exeter Book) (エクセター大聖堂図書館 MS 3501) である。 他の 16 冊は現存し、これが所属するのは 大英図書館 (British Library)、 ボドリアン図書館 (Bodleian Library, /ˈbɒdliən, bɒdˈliːən/)、 あるいは ケンブリッジ大学図書館 (Cambridge University Library) である。 10 世紀の ラバヌス・マウルス (Hrabanus Maurus) の De Computo セビリャのイシドールス (Isidore of Seville) の De Natura Rerum もリオフリック (Leofric) に属していたかもしれないが、 これらの最初の記録は 1327 年の目録にある。 この目録は副司教 の William de Braileghe がまとめたもので、 230 冊がリストされた。礼拝の本は含まれておらず、 最後の覚書で言及していることは、 フランス語、英語、およびラテン語の他の多くの本は当時無益であると考えられたことである。

1412 年 - 1413 年に、2 人の大工が 40 週間かけて、新しい読書台を装備した。 修理をする必要がある本は修理され、ある本には鎖が装着された。 1506 年に作られた大聖堂のカタログからわかることは、90 年ほど前に 設備した図書館には読書のための 11 台の机があり、530 冊以上の本の 記録があり、このうち 1/3 以上が礼拝に関するものであった。

Si quis illum inde abstulerit eterne subiaceat maledictioni. Fiat. Fiat.
もしも誰かが盗めば、永久に呪われることであろう、かくあれ、かくあれ、
図書館の何冊かの本に書かれたリオフリック (Leofric) の呪い。

1566 年に、首席司祭 (dean) とチャプターはカンタベリー大司教 (Archibishop of Canterbury) のマシュー・パーカー (Matthew Parker) に アングロ・サクソンの福音書 (Anglo-Saxon Gospel) の写本を 手渡した。 これはリオフリック (Leofric) によって与えられたものであった; 1602 年に図書館の 81 冊の写本がオクスフォードの ボドリアン図書館のために サー・トーマス・ボドリー (Sir Thomas Bodley) に手渡された。 1657 年に、 コモンウェルスの下で、 大聖堂は幾つかの補助建造物を奪われ、これには 1412 年 - 1413 年の読書室が 含まれた。 何冊かの本は失われたが、大多数は Dr. Robert Vilvaine の努力により救われ、 彼が本をセント・ジョン病院 (St John's Hospital) に移動した。 後に、彼は聖母礼拝堂を図書館に変更する資金を提供し、 本が元に戻された。

聖母礼拝堂、ここに
元々の図書があった。
聖母礼拝堂の東窓、第二次
世界大戦で破壊されたビクトリア
時代の窓ガラスの代りに設置。

1752 年に本のコレクションは随分と増え、 5000 冊程度になったと思われ、 多くが寄付金で賄われた。 1761 年にエクセター首席司祭のチャールズ・リッテルトン (Charles Lyttelton) は 6000 冊以上の本と幾つかの良好な写本があると述べている。 彼は修理をするために実施された仕事と写本の目次のリストを述べている。 同時に文書と記録が整理されて、適当な文書保管室に移動した。

1820 年に図書館は聖母礼拝堂からチャプター・ハウスに移動した。 19 世紀後半に、2 つの大きなコレクションを図書館が受領することになり、全図書 を収容するために、新しい建物を建設することが必要になった。 エドワード・チャールズ・ハリントン (Edward Charles Harington) とフレデリック・チャールズ・クック (Frederic Charles Cook) のコレクションをあわせると、 既存の図書の 2 倍の大きさになり、ジョン・ラフバラー・ピアソン (John Loughborough Pearson) は 昔の回廊の場所に新しい建物を建築する建築家になった。 20 世紀には図書の多くの部分は司教の邸宅 (Biship's Palace) の (複数の) 部屋に移され、残りはピアソン (Pearson) の回廊図書館に保存された。

今日、中世初期の本の良好なコレクションがあり、 このうちの一部分はエクセター医療ライブラリー (Exeter Medical Library、1814 年設立) から 1948 年に入り、 一部分は王立デボン・エクセター病院 (Royal Devon and Exeter Hospital、1300 冊、1965 年) からの永久ローンである。 図書館の中の最も飾り立てられた写本はソールター (psalter, 詩編) (MS 3503) で恐らくはウスター (Worcester) のセント・ヘレン教会 (Church of St. Helen) のために 13 世紀初頭に書かれたものである。 図書館で最も初期の印刷された本は、 今では一ページから成るものである: これは キケロ (Cicero) の 『義務について』 (De officiis) (Mainz: Fust and Schoeffer, 1465 年 – 1466 年) である。

ベル

大聖堂のどちらの塔にもベル (鐘) がある。 北の塔は 80 ハンドレッドウェイト (4.1 トン) の ブルドン・ベル (bourdon bell) で、ピーターと呼ばれる。 ピーターは揺れていたが今では鳴る (chime) のみである。 これには 15 分に 1 度なる時計ベル (clock bells) も含まれている。

南の塔はチェンジ・リンギング (change ringing、転調鳴鐘) を するために吊るされた 12 個のベルの組で、世界で 2 番目に重いものを 含み、テノール (tenor) は 72 英 cwt 2 qr 2 lb (8.1222 lb、あるいは 3,684 kg) である。 これらは重さでリバプール大聖堂に次いで 2 番目である。 12 個の組に付け加え、2 つの半音ベル (semitone bells) もある。

南の塔、ここに 12 個のベルが吊るされている。
首席司祭とチャプター

2019 日 1 月 30 日現在で、

キャノンでないもの。

訳注
priet vicar は Church of England の vicar choral のこととあるので、「合唱代理牧師」の訳を与えました。
埋葬

大聖堂のモニュメントと碑文の転写の完全な一覧は次に含まれる: Hewett, John William, Remarks on the Monumental Brasses and Certain Decorative Remains in the Cathedral Church of St Peter, Exeter, to which is Appended a Complete Monumentarium、 エクセター管区建築協会トランズアクション (ransactions of the Exeter Diocesan Architectural Society), Volume 3, Exeter, 1846–1849, pp. 90–138

大聖堂で埋葬された人々には次が含まれる:

第 2 代デボン伯爵
ヒュー・コーテネイ
と妻のマーガレット・
ド・ボーンの肖像
サー・ピーター・コーテネイ
の真鍮の記念碑からの拓本
エクセター大聖堂南の側廊
サー・ピーター・カルー
(Sir Peter Carew)
の壁の記念碑、南の翼廊
ブライアン・ブランデル
少将様の壁の銘板、
北東の礼拝堂
伝説

19 世紀の作家の主張によると、 11 世紀の祈祷書 (missal) が断言するとこでは、前世紀の アゼルスタン王 (King Athelstan) はエクセター大聖堂の聖なる遺物 (holy relics) の一大コレクションを集めたとのことで、 これを手に入れるために、多額の費用をかけて大陸に使者を派遣した。 このようなものの中に the bush in which the Lord spoke to Moses が少々 と the candle which the angel of the Lord lit in Christ's tomb が少々あったと言われている。

半ば伝説的な物語によると、プロテスタントの殉教者であるアグネス・プレスト (Agnes Prest) は 1557 年に処刑されるまでの、エクセターにおける短い自由な時間の最中に、 大聖堂で彫像を修理している石工にあった。 彼女の述べることでは鼻を修理する理由がない、 というのは '数日以内にすべて首を失うことになるから' であった。 エクセターのリヴリー・ドール地区 (Livery Dole area) には 彼女と別のプロテスタントの殉教者である Thomas Benet の記念碑がある。 この記念碑は Harry Hems がデザインし、 1909 年に公的な寄付により設置された。

プレストの妻 (アグネスのこと) と石工、
「フォックスの殉教者の本」の 1887 年度版から
野生生物

チューブ・ウェブ・スパイダー (tube web spider) と 呼ばれる蜘蛛 Segestria florentina -- 虹色に光る緑色のキバで著名 -- が外壁に見受けられる。壁は炭酸カルシュームの石で製造され、 酸性汚染で腐食し、ひび割れと裂け目を作り、ここに蜘蛛などが生育する。

音楽
オルガン奏者

エクセターのオルガン奏者で記録されている名前は 1586 年の Matthew Godwin にさかのぼる。 エクセター大聖堂の著名なオルガン奏者に含まれる人に、 ビクトリア時代の作曲家の サミュエル・セバスチャン・ウェスレー (Samuel Sebastian Wesley) -- メソジストの創設者で、聖歌の作家である チャールズ・ウェスレー (Charles Wesley) の孫 -- 教育者の Ernest Bullock、 指揮者の Thomas Armstrong がいる。

オルガン

大聖堂のオルガンは華麗な中世のスクリーン (仕切り) の上に立ち、 このスクリーンはクワイヤとネイブの間の昔の古典的な区別を維持している。 最初のオルガンは 1665 年に John Loosemore により建造された。 1891 年に Henry Willis による急進的な再建があり、 1931 年に Harrison & Harrison により再び再建された。 最大のパイプは 32' のコントラ・ヴィオローネ (32' Contra Violone) の最低オクターヴであり、 南の翼廊のすぐ中に立っている。 オルガンは国内にある 3 台しかないトロンペット・ミリテール (Trompette militaire) の ストップ (stop) の 1 つ -- 他のものはリバプール大聖堂とロンドンのセント・ポール大聖堂にある -- を使用し、 Diapason pipe のコーラスと共に、吟遊詩人のギャラリーに格納されている。

17 世紀のオルガン・ケース (1891 年に拡張)

2013 年 1 月に、広範囲の刷新がオルガンで開始され、 Harrison & Harrison が請け負った。 工事はサウンドボード (soundboards) の内部的レイアウトと オルガン・パイプの列 (rank) のオーバーホールとデザインのやり直しから構成されていた。 2014 年 10 月に、工事は完成し、オルガンは、 最後の音響テストと新しい装置のチューニングを除いて、 再度組み立てられた。