ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Misericord - Wikipedia
ミゼリコード (Misericord)

ミゼリコード (時には聖書のもののように、マーシー・シート (mercy seat, 慈悲の椅子、 恵みの座) と呼ばれる) は 教会の折りたたみ椅子の裏側に作られる小さな木造の構造で、 椅子が持ち上げられている時に、長い祈りの時間に、人を半ば立っている状態で支える棚として機能するように意図されたものである。

フランス、 アンドル=エ=ロワール
ノワゼ (Noizay, Indre-et-Loire)
のサン=プリ教会 (Saint-Prix)
のミゼリコード
座席を持ち上げる (左) と
ミゼリコードは使用者に
棚を提供する。
訳注
英文の Wiipedia にはマーシー・シート (mercy seat、慈悲の椅子) の項目があり、 これが日本語の Wikipedia の 恵みの座にリンクが張ってある。
  1. 起源
  2. 歴史
  3. ミゼリコード (部屋)
  4. 現在
起源

中世初期の教会で毎日の祈とう (divine offices、 マトンズ (Matins、 早課), ローズ (Lauds), プライム (Prime), タース (Terce), セクスト (Sext), ナン (None), べスパーズ(Vespers), そしてコンプリン (Compline)) の時に手を持ち上げて立っていたといわれている。 老人や体の弱い人は支えを使用することができ、 時が経つにつれミゼリコーディア (misericordia、直訳すれば「慈悲の行い」(act of mercy)) を使用した。 立つことが要求された時間には、椅子は座席が上に向くように作られていた。 しかしながら、下側には時々小さな棚 -- ミゼリコード -- があって、 使用者がそれにもたれることができ、不愉快を少々減らすことができた。 教会の大半の中世の木製品と同様に、これらは巧みに彫刻され、 椅子の下に隠れているのにもかかわらず、詳細な光景を見せ、 とりわけ祭壇の周りのクワイヤの聖歌隊席 (choir stall) がこうなっていた。

歴史

イングランドの教会のミゼリコードは 13 世紀の初めから 21 世紀直前まで続いていた。 もっとも、17 世紀始めの後には、これらは歴史的重要性がほとんどない現代的なコピーとみなされている。 レムナント (Remnant) の 1969 年のカタログでは、 その日以後をすべて「現代的」 として片づけ、ほとんど記述さえしようとしない。 しかし、ビクトリア時代、そして現代にも、多くの素晴らしい彫刻がある。 ミゼリコードの最も初期の一式はエクセター大聖堂 (Exeter Cathedral) の聖歌隊席見受けられ、 13 世紀中頃のものである。 14 世紀と 15 世紀のイングランドのミゼリコードの非常に大半が、奇妙なことに 現世や異教徒の画像の描画で、これを取り巻くキリスト教の聖像と美学と全くかけ離れている。

ミゼリコードの付いた座席は、かって修道院あるいはカレッジエイト教会 (collegiate church) の一部分であったが、宗教改革の下で、多くが壊されたり、分配されて教区教会に散り散りになった。 生き延びたものは、 17 世紀の偶像破壊主義者 (iconoclasts) とビクトリア時代の改革者により 更に使い果たされた。 チェスター (Chester) の一式は首席司祭のハウスン (Dean Howson) により破壊された。 というのは彼はそれが不適切と考えたからであるが、中世の 43 の光景が残っていた。 木彫りをした人は 14 世紀末のリンカン (Lincoln) の人で、3 年後にクワイヤが完成してから、 ウェストミンスター寺院に移動した。座席を彫刻するのを許されたのは見習いであると言われ、 親方はもっと印象的な仕事をした。

ミゼリコード (部屋)

この言葉の別の (しかし関連した) 用途は、 中世ベネディクト会の修道院のある部屋を指し、 どの日にも共同体の一部分がここで食事をとった。 セント・ベネディクトの規則に食堂 (refectory) で修道士に許される厳密な規則があり、 例えば病人以外には、4 つ足の動物の肉が完全に禁止されていた。 中世末期の修道院では、 スケジュールにより、すべての修道士の半分が食堂 (refectory) で食事をし、 残り半分がミゼリコードで食事をした。 ミゼリコードではセント・ベネディクトの規則が有効でなく、修道士は肉を食べることができた。 ウェストミンスター寺院では、ミゼリコードは 1230 年と 1270 年の間のいつかに建設された。

現在

ミゼリコードは今日、カシーズマータ (Kathismata) -- 東方正教会 (Eastern Orthodox) の修道院で使用される聖歌隊席 -- に見いだされる。 これらは西方のものよりももっと単純な傾向があり、 通常は丸い木切れで、飾りがほとんどついていない。 これらの使用はギリシャ正教の教会でとても一般的であるが、 ロシア正教の修道院では個々の聖歌隊席ではなく、同胞が腰を下ろすベンチの傾向がある。 正教のキリスト教徒は長い祈とうの時間を通じ、座ったり、ひざまずくことをせずに 立っている。 もっとも年寄りや病人のために、何らかの椅子が提供される。 ギリシャの修道士は祈とうの時に席にもたれる傾向があるが、 ロシアの修道士は通常、まっすぐに立っている。

ミゼリコードの隠れた場所と属世界の聖像 (vernacular iconography) により、 これらは逆転的な芸術の形 (subversive art form) と直ちにみなされ、 現代の芸術と文学でモチーフとして再び登場した。 (Misericords for Ninevah, Mike Freeman, Poetry Nation Review, pp 24–25, 2009 を参照。)