ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次の一部分の翻訳です。 使用している絵も英語版の Wikipedia の絵から作ったものです。

Wells Cathedral clock - Wikipedia (ウェルズ大聖堂の時計)
ウェルズ大聖堂の時計

ウェルズ大聖堂の時計はイングランドの ウェルズ 大聖堂の北の翼廊 (transept) にある天文時計である。 この時計は、イングランド西部に見られる 14 世紀から 16 世紀にかけての有名な一群の時計の一つである。 1386 年から 1392 年までに作られた現存する時計は 19 世紀に交換され、その後、ロンドンのサイエンス・ミュージアムに 移動され、ここで動き続けている。 盤面は、地球中心的な宇宙観を表示し、太陽と月が中心の固定された地球の周りを回っている。 コペルニクス以前の哲学モデルを示しているという点では特徴的であるかもしれない。

同じ機械によって駆動される別の時計が外部の壁面に設置されている。 これが最初に設置されたのは 14 世紀か 15 世紀のことで、何度も改修されている。



ウェルズ大聖堂の内部の時計の盤面


外部の盤面
  1. 説明
  2. 歴史
説明

時計は宇宙モデルを提唱している。 多くの星を背景にして、 太陽 (外周の大きな金メッキした星) は円を動き、 24 時間制のアナログ文字盤 -- これはローマ数字の I から XII で番号が付けられている -- で時刻を表示している。 正午は、文字盤の一番上で、 その時における太陽の空における位置を反映している。

角には 4 人の天使がいて、基本方位 (東西南北) からの風をつかんでいる。 これが宇宙を動かすための力を生成しているのかもしれない。

分は内側の輪の中の小さな星で表示されている。

内部の円には月が表示されている。 指示棒が月齢 -- 1 日から 30 日 -- を表している。 中央の上にある白黒の円板は月の相を表し、 円板は 1 朔望月 で 1 周する。 月の相の周りの銘文には「archetypum globus hic monstrat microcosmum」 とあり、これを訳せば「この天球はここでは原型となる microcosmum を表示している」となる。 Howgrave-Graham は、筆記者 (scribe) は間違えて microcosmum (小宇宙) としたのだろうと言っている。 macrocosmum (全宇宙) の方が明らかに正しい。 月の円の反対側には重しを付けて軸を回る円板があり、これには 月を表す ポイベー (Phoebe) の小さな絵がある。 銘文には次のように書いてある。「Sic peragrat Phobe」あるいは「このように Phoebe が歩む」。

盤面の中央には球があり、地球を表しており、雲も地球を表している。

時計の上の右手には Jack Blandifers として知られる人形があり、 右手のハンマーでベルを打っており、 彼の下にぶら下がっている 2 つのベルを踵で蹴っている。 1 組の馬上試合の騎士が 15 分ごとに互いに追いかけている。

訳注
  1. 次でウェルズ大聖堂の時計が鳴るのを見ることができます。
    Wells Catheral Clock -- You Tube
  2. Jack Blandifers は意味不明ですが、Jacquemart (bellstriker) のようにも言うのではないかと思われます。「Jack 何とか」は鐘 (ベル) をたたく自動人形です。
歴史

14 世紀後半にウェルズの時計に関した言及があり、 そこで 1392 年から 1393 年に時計守に支払いをしたことが書かれている。

1388 年に主教の Ralph Ergham がソールズベリーからウェルズに移動した。 彼はそれ以前には 1375 年から 1388 年までソールズベリーの主教であった。 彼が時計職人をウェルズまで連れてきたのかもしれない。 2 つの時計は、建造法がほとんど同一である。 但しウェルズの時計の方がいくらか改良されており、追加されているものがある。 これにより、貴重な経験を積んだことが示唆される。 例えば、ウェルズの打鐘装置では二重レバーを使用しており、こちらの方がソールズベリーで 使用されたものよりは信頼性が高い。 ウェルズの時計とソールズベリーの時計はほぼ同じ年代のものと仮定しても間違いではない、 それは多くの詳細な点で建造法が同じだからである。 しかしどちらの時計も 14 世紀に建造されたという仮定は検証することができない、 時計守に支払いをしたことが言及されているのみであり、 当時の時計に関しての詳細は知られていない。

時計は 17 世紀に振り子とアンカー・エスケープメントに改造され、 1884 年にサイエンス・ミュージアムに設置された。

2010 年 8 月に現在のウェルズの大時計の時計守であるポール・フィッシャー (Paul Fisher) は引退を表明した。 大聖堂の権威者たちは時計を巻くのに電気モータを考えているので、 彼の引退により、時計を手で巻く慣習が終わることになる。

訳注
サイエンス・ミュージアムのウェルズの時計