ページの最終校正年月日 :

以下の文書はオランダ語版の Wikipedia の英訳の日本語訳です。

ブールバード橋: Google map

ブールバード橋 (Boulevard Bridge)

ブールバード橋はアントワープ市の自治体であるウィッレブルーク (Willebroek) にあるバスキュール橋で、 ブリュッセル・スヘルデ海運河にかかっている。 この橋はロペル川 (Rupel) にかかるロペル橋の延長線にあり、N177 道路にある。 通り抜け交通は海運河とロペル川の下を通るロペル・トンネルを使用する。

全長57 m
20 m
垂直余地 9.10 m
開通2008 年 12 月 24 日
ブールバード橋 位置
  1. 海運河
  2. 2 つの橋
  3. 交換
  4. 写真
海運河

ウィッレブルーク運河をブリュッセルからウィンタム (Wintam) のロペル川に至る海運河に延長することで、 1900 年に国王レオポルド 2 世は延長工事を開始した。 この工事は数段階で実施されることになっていた。 旋回橋の建設が 1907 年に予定されていたが、 計画はバスキュール橋に調節され、ここにベルギー政府はアントワープからブリュッセルに至る 「ブールバード」 (大通り、現在の N177 道路) を建設することを表明した。これが橋の名の由来である。

第一次世界大戦の前夜である 1914 年 9 月に、工事が完了し、 水路と付随するインフラが使用可能となっていた。 しかし戦争中に水路と幾つかの橋はひどく損傷した。 修理は 1917 年にすでに修復され、最初の船が 1918 年 7 月 6 日に新水路を通り抜けることになった。 1922 年になって初めて、新しい海水門が公的に 国王アルバート 1 世 王妃エリザベートにより落成式が挙行された。

2 つの橋

第二次世界大戦の最中に、ブールバード橋は再び深刻な被害を被った。 橋は一時的に任務から離れ、1953 年に第二のリフト橋が既存の橋のそば (東側) に建設された。 数年後に損傷した橋が使用可能となり、 エクスポ 58 のブリュッセルに向けた予期される交通の増大に呼応した。 各々の橋は、従って、一方通行となった。

交換

1982 年にロペル・トンネルが使用可能となり、通り抜け交通が 2 重のブールバード橋を必要としなくなった。

ウィンタムにおける新しい海水門の建設により、海運河は 1997 年に 10,000 トンまでの船舶に 利用可能となった。古いブールバード橋は大きさが、もはや十分でなく、船舶に頻繁に開放しなければ ならなくなった。これは道路交通にも必要であった。 水運交通にもこの橋のシステムはネックとなり、17.88 メートルの限定された通過幅しかなかった。

1999 年に、1953 年以来のリフト橋は激しい衝突により、破壊された。 2004 年に古いリフト橋を新しい橋で交換する工事が始まった。 この橋は時代の要求に、より良く適合するものであった。 1993 年と 2008 年の間は最も古い西の端を利用したできる限りの交通があった。 新しいブールバード橋の路面は 2007 年にすでに設置され、 折り畳まれていた。18 ヶ月の間、この橋は景色の中で青く目立つ目印で、 2008 年 12 月 24 日に橋は公的にフランドル政府の総理大臣 (Flemish Minister-President) のクリス・ペーテルス (Kris Peeters) により開通式が挙行され、 交通に開通した。 (水運にとっての) 通過幅は 67 メートルに拡張され、垂直余地は 2 m から 9.10 m に拡張された。 これにより、もっと多くの船が橋の下をくぐり抜けることができ、 道路交通の障害が少なくなった。 2009 年の夏には、公的な開通以来 90 年間にわたる、最初のブールバード橋が取り壊された。 飾りのブルーストーンの一部が保存され、 新しいブールバード橋のそばに名誉の場所を手に入れた。

新しいブールバード橋はゼムスト (Zemst) にある 「水路と海運河」 の中央制御ステーションで、 遠隔制御され、ここでは以下のものも遠隔制御されている。 ボーム (Boom) のロペル橋、 ウィッレブルークのビクトル・デュモン橋 (Victor Dumon)、 ティッセルト (Tisselt) の ヴレーデス橋 (Vredes、ピース)、 リング橋 (Ring)、 ブリーレン橋 (Brielen)、 グリムベルゲン (Brimbergen) の ヒュムベーク橋 (Humbeek)、 フェルブランデ橋 (Verbrande, 焼けた)、 ウィレムス橋 (Willems)、 そしてビルボールデ橋 (Vilvoorde)。

写真
新しいブールバード橋
後方でナイフェルハイト橋も開放