ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Casco Bay Bridge - Wikipedia

キャスコ湾橋: Google map 3D

キャスコ湾橋 (Casco Bay Bridge)

キャスコ湾橋はバスキュール橋で、フォア川を横断し、米国メイン州のサウス・ポートランドとポートランドを接続している。


キャスコ湾橋
  1. 歴史
  2. デザイン
  3. SNS テキスト警告システム
歴史

1987 年に、メイン州が周辺の町と共同して結論したことは、 既存の百万ドル橋は、できてからほとんど 70 年近くも経ち、 現在の必要性に不十分であることであった。 この橋も可動橋で、2 車線のみで、水上交通にひどく制限された余地しか提供しなかった。 タンカーの交易が増え、橋の使用が増えて、 橋の交換が決定され、建設が 1993 年に開始した。 キャスコ湾橋は 1997 年に完成した。

2015 年 10 月に、メイン州輸送局は橋の保守と操業を民営化するための入札を求めることを表明した。 もし実施されれば、州が橋の操業を民営化する最初の時になる。 メイン州従業員協会は私企業が橋を操業することに関しての公共の安全問題を質問し、 現在、橋を操作している従業員がどうなるかに関しても疑問を呈した。

デザイン

新しいキャスコ湾橋には 12 フィート (3.7 m) 幅の車線が 4 つあり、 東側に歩道がある。 橋は幾つかの 7 フィート (2.1 m) の厚さのコンクリート製の H 形杭の円筒により支えられ、 この上に橋のスチール・ガーダーが設置されている。 新しい橋には、もっと多くの水平と垂直の余地があり、 これにより、もっと大きな船がフォア川を遡上でき、バスキュールもあまり頻繁に開放する必要がなくなる。 余分な注意が払われて、橋脚の保護が十分であることを確実にした。 (橋の建設中に、既存の百万ドル橋の橋脚にタンカー ジェリー N (Julie N) が衝突し、およそ 179,600 ガロン (679,860 リットル) の灯油がキャスコ湾に流出した。) 橋の鋼材は赤く塗られ、美的に心地よいものとなっている。 キャスコ湾橋の最終経費は $1.3億 となり、その当時メイン州輸送局が着手したプロジェクトでは最大のものとなった。


キャスコ湾橋が建設中
スパンは前任のはしよりもっと大きい
SMS テキスト警告システム

バンゴール・デイリー・ニューズ紙 (Bangor Daily News) によると、 サウス・ポートランドの起業家が 2012 年 10 月にキャスコ湾橋を通る通勤者に独特なサービスを開始した。 このサービスは cascobaybridge.com と題されて、 キャスコ湾橋が船の通過で持ち上がることになった時に加入者にテキスト・メッセージの警告が送信されるものである。 現在はこのサービスは朝と夕方のラッシュ時のみに提供されているが、 需要があれば拡大されるかもしれない。