ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Omaha Road Bridge Number 15 - Wikipedia

以下の本文からわかるように、オマハ道路は鉄道です。 初期には鉄道 (railroad) のことを単に道路 (road) と呼ぶことがあった。

オマハ道路橋 No. 15: Google map アップされた写真

オマハ道路橋 No. 15
(Omaha Road Bridge Number 15)

オマハ道路橋は旋回橋で、 米国ミネソタ州セント・ポールのミシシッピ川で旋回している。 橋は 「シカゴ、セント・ポール、ミネソタ & オマハ鉄道」 (オマハ道路) により建設された。 もっとも橋と、セント・ポールからメンドータ (Mendota) に至る鉄道は 「シカゴ、ミルウォーキー & セント・ポール鉄道」と共同所有している。


オマハ道路橋 No. 15
橋の南端、コンクリート製の「切り尾」

橋はシカゴの I. F. スターン (Stern) によりデザインされた。 橋は普通と違い、旋回スパンが非対称である。 地元の伝説によると、元々の橋のデザインでは回転軸の両側には長さの等しいスパンがあった。 一旦橋が完成すると、川の南側の地主は旋回スパンが自分の土地を横断することを望まなかった。 それに応えて、旋回スパンの南側の大半を取り除き、重量を補うためにコンクリートのカウンターウェイトを追加した。

伝説は別にして、橋が 「切り尾」 (bobtail) の外形をしている理由はこの区間で川が十分深くなく、標準の旋回橋を収容できるほど広くなかったからである。 カウンターウェイトは橋の両端が中央橋脚で均衡を取るために必要で、 中央橋脚は右岸の下降する堤防の近くにある。 伝説は魅力的であるが、資格のある技術者が資材の無駄遣いをして、 陸上の上を旋回するスパンを作るはずがない。

この橋により、川を遡上するハシケは川の左側に横断しなければならない (右側通行)、 一方、川を下る船は通常の航行ラインを維持できる。

この場所における、より以前の橋は 1869 年に建設され、 木造のハウ・トラスであった。 これはミシシッピ川を横断した元々の 15 基の橋の 1 基である。 この最初の橋は 8 スパンの可動橋であったが、 元々の水平な、松の梁が腐食したため、上部構造の多くは 1877 年に交換された。