ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Berkley Bridge (Virginia) - Wikipedia

バークレー橋: Google map 3D

バークレー橋 (バージニア州)
(Berkley Bridge (Virginia))

州間道路 264 バークレー橋は 2 枚リーフのバスキュール橋で 米国バージニア州ノーフォーク (Norfork) でエリザベス川の東支流を横断している。 橋を通るのは州間道路 264 (I-264)、 US ルート 460 代替 (US 460 Alt)、 州道 337 (SR 337) で、 川の南岸のバークレー近郊と北岸のノーフォークのダウンタウンを接続している。 この通行料が無料の橋は州間道路システムにおける数少ない可動橋の 1 つで、 ハンプトン・ローズに二基ある可動橋の最初のもので、 もう一つはハイ・ライズ橋 (High Rise Bridge, バスキュール橋) である。 橋はかってのバークレー町にちなんで名付けられたが、 町は今ではノーフォーク市の一部である。

訳注
I-264 バークレー橋 橋と周辺道路
  1. 歴史
  2. 説明
歴史

バークレー橋の具現化が幾つかあった。 初期の一つのバークレー橋は 1922 年より前に建設され、 現在の橋の東にあって、メイン・ストリートにつながっていた。 この橋の交換の橋が、現在の場所で 1922 年に建設された。 これはノーフォーク市とポーツマス市の間の 元々の 「ノーフォーク・ポーツマス、橋トンネルプロジェクト」 (Norfolk-Portsmouth Bridge-Tunnel project) の一部であった。 プロジェクトは通行料収入債権で資金集めをした。 債券が完全に返済された時に通行料が無料となった。

1991 年の州間道路 264 の拡張時に、ダウンタウン・トンネルは 4 車線に拡張され、 平行なバークレー橋が建設され、バークレー橋の全容量が 8 車線になった。 この建設には州間道路 464 (I-464) との新しいジャンクションも含まれ、 I-464 はチェサピーク 独立市で州間道路 64 と接続している。

説明
I-264 の東向き

ダウンタウン・トンネルを出て、 橋を横断中に直ぐに、I-264 のすべての交通に、右側から I-464 の 2 車線の交通がランプ (ramp) で合流し、 I-264 となる。 一方、セント・ポール・ブールバードと SR 337 (ウォーターサイド・ドライブ) に向かう交通は左側の出口から外に出なければならない。 西に向かう US 460 代替/SR 337 (タイドウォーター・ドライブ) に向かう交通は上で述べた分岐の直後に 左に出るための I-264 の左側の分岐車線を使用する。

訳注
説明が理解しにくいので地図を作りました。
バークレー橋の地図
I-264 の西向き

バークレー側で I-264 と US-260 代替は西に向かって、 (川の南支流の下を通る) ダウンタウン・トンネルを通り抜け、 一方州間道路 464 が分岐して南に向かい、SR-337 が I-464 を利用して 下道 (surface street) に到達する。

歩行者交通

橋の東側には歩行者用の歩道がある。 歩道はウォーキングやサイクリングに適しており、 ノーフォークのダウンタウンやエリザベス川を一望できる。 これは車道から分離され、柵で囲まれている。

2014 年に、ハンプトン・ローズの放送局のニュースで サイクリストのケリー・ハウエル (Kelley Howell) のユーチューブ・ビデオが放映され、 ビデオの中で彼女が橋の管理人が所有する車にはねられた。 VDOT (バージニア州輸送局) によると、管理人は交替勤務の途上で歩道を合法的にドライブしていた。 サイクリストは軽傷で、調査の後で VDOT は橋の管理人が交代勤務の時に歩道を運転することを禁止し、 更に VDOT の車両が歩道を通らなければならない時には見張りを付けるようにした。

放送されたニュース (英語、最初にコマーシャル)