ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Wayne County Bridge - Wikipedia

ウェイン・カウンティ橋: Google map

ウェイン・カウンティ橋
(ウェイン郡橋、Wayne County Bridge)

ウェイン・カウンティ橋は旋回橋でデトロイト川のトレントン水路を横断する。 この橋はミシガン州ウェイン郡に属し、グロスー・イール・タウンシップを本土のトレントンに接続し、 グロス・イール島と本土を繋ぐ 2 つの橋の 1 つで、 もう一つは北にあるグロス・イール有料橋である。 この橋は 「無料橋」 とも呼ばれている。


ウェイン・カウンティ橋
歴史

1931 年にウェイン郡はトレント水路を横断するミシガン中央鉄道のかっての鉄道橋をウェイン・カウンティ橋に 転換して、自動車、自転車そして歩行者用にした。 カナダ南部鉄道会社 (Canada Southern Railroad Company) の子会社である カナダ南部橋梁会社 (Canada Southern Bridge Company) が 1873 年鉄道橋を作った。 幾つかの支持橋脚と橋の他の部分がウェイン・カウンティ橋の基礎となった。

島を横断する鉄道軌道は道路に転換され、現在ではグロス・イール・パークウェイと呼ばれている。 ウェイン・カウンティ橋はグロス・イールの住民に俗に 「無料橋」 と呼ばれている。 これは橋をわたるのに通行料がいらないからである。 今日ではグロス・イールを出入りする自動車の 3/4 がウェイン・カウンティ橋を利用し、 1/4 がグロス・イール有料橋を利用する。

2007 年 5 月 2 日から 2007 年 12 月 21 日まで自動車用に完全閉鎖して、 橋の路面の交換と関連した重要な修理をした。 橋の路面のこれ以前の交換は 1979 年に実施された。 1979 年の閉鎖中の大半で、1 車線が開放され続けた。 橋が完全閉鎖された時には、島を出入りする自動車の唯一の進入路はグロス・イール有料橋であった。