ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Detroit River - Wikipedia

デトロイト川: Google map

デトロイト川 (Detroit River)

デトロイト川 はセント・クレア湖からエリー湖までの 28 海里 (44 km, 28 マイル) を西へ、そして南へ流れ、 これは五大湖システムの海峡 (strait) である。 川はミシガン州デトロイトとオンタリオ州ウィンザー (Windsor) の大都市地域 -- デトロイト - ウィンザーと集合的に呼ばれる場所 -- を分断し、カナダと米国の間の国境の一部分を形成している。 「大使橋」 (Ambassador Bridge)、 「デトロイト - ウィンザー・トンネル」 (Detroit-Windsor Tunnel)、 そして 「ミシガン中央鉄道トンネル」 (Michigan Central Railway Tunnel) が 2 つの都市を接続してしている。

デトロイト川、ウィンザーのカナダ警察
のボートがデトロイトのルネッサンス・
センターを通過、2007 年
米国におけるデトロイト川の位置、

川の英語名はフランス語の Rivière du Détroit (リビエール・デュ・デトロワ、"River of the Strait" (海峡の川)) に由来する。 デトロイト川はデトロイトとウィンザーの歴史で重要な役割を果たし、世界で最も繁忙な水路である。 これはミシガン湖、ヒューロン湖、そしてスペリオル湖を、 セント・ローレンス海路エリー運河に接続する重要な輸送ルートである。 デトロイトが 20 世紀の変わり目に急速な産業化を被った時に、 デトロイト川は汚染され、有毒であると悪名が高かった。 しかしながら、20 世紀末以来、川の生態系の重要性から、 広大な復元努力が実施された。

21 世紀の始めには、今日の川は広範囲な種類の経済用途、リクリエーション用途がある。 多くの島がデトロイト川にあり、川の下流部分の多くは 「デトロイト川国際野生生物保護区」 (Detroit River International Wildlife Refuge) である。 デトロイト市における川の部分は、 デトロイト国際河岸地域 (Detroit International Riverfront)、 ウィリアム G. ミリケン州立公園 (William G. Milliken State Park) そして港に組織されている。 デトロイト川は、米国歴史遺産の川 (American Heritage River) とカナダ歴史遺産の川 (Canadian Heritage River) のどちらにも指定され、 このように二重に指定されている唯一の川である。

  1. 地理
  2. 歴史
  3. 経済
  4. 橋と横断 (bridges and crossings)
地理

デトロイト川は セント・クレア湖からエリー湖までの 28 マイル (45 km) を流れる。 定義によれば、これは川であると同時に海峡 (strait) に分類される -- 海峡 (strait) とは 2 つの大きな水域を接続する狭い通路のことであり、 これはこの川が、より初期のフランス人の定住者から名前をもらった理由である。 しかしながら、今日では、デトロイト川はめったに海峡とは呼ばれない、 というのは海峡に言及される水域は典型的にはもっと広いからである。

五大湖システムにおけるデトロイト川の位置

デトロイト川はたった 0.8 - 4.0 km (0.5 - 2.5 マイル) の幅しかない。 これはセント・クレア湖から 東西方向の流れとして開始するが、曲がって、南北方向に走る。 デトロイト川の最も深い部分は北の部分の 16 m (53 フィート) である。 源泉で、川は海抜 175 m (574 フィート) である。 川は比較的平坦で、174 m (574 フィート) のエリー湖に進入する前に、0.9 m (3 フィート) しか降下しない。 川にはダムと水門がないので、最小の船舶でさえ航行できる。 デトロイト川の集水域 (watershed basin) はおよそ 1,800 km2 (700 平方マイル) である。

川は非常に短いので、支流がほとんどなく、 最大のものはミシガン州のルージュ川 (River Rouge) である; これはデトロイト川よりも 4 倍長く、集水域の大半を含んでいる。 デトロイト川の他の唯一の大きな支流は、ずっと小さなイコース川 (Ecorse River) である。 カナダ側の支流には、 リトル川 (Little River)、 ターキー川 (Turkey Creek)、 そしてキャナード川 (River Canard) がある。 デトロイト川の流出量はこの大きさの川としては比較的高い。 川の流出量は 1 年を平均すると、5,300 m3/s (190,000 立方フィート/s) で、 川の流れは比較的一定である。

デトロイト川は米国とカナダの間の国際境界の重要な要素になっている。 アメリカ側の川はすべて、ミシガン州ウェイン郡 (Wayne County) の管区にあり、 カナダ側は、オンタリオ州エセックス郡 (Essex County) の管理下にある。 デトロイト川沿いの最大の都市はデトロイトで、 川沿いの人口の大半はミシガン州に住んでいる。 デトロイト川には 2 つの自動車交通の横断があり、米国とカナダを接続している: 大使橋 (Ambassador Bridge) とデトロイト - ウィンザー・トンネルである。 どちらも、 米国税関・国境警備局 (US Custom and Border Protection) と カナダ国境サービス庁 (Canada Border Services Agency) により強固に防御されている。

川の上流部分はカナダの都市が、アメリカの都市のすぐ南にある少ない場所の 1 つである。 この場合には、デトロイト市はオンタリオ州ウィンザーのすぐ北にある。 これが起きている唯一の他の場所は、オンタリオ州フォート・エリー (Fort Erie) であり、 ここはニューヨーク州ナイアガラ郡の幾つかの市の南にある。 川の米国側に沿ったデトロイトの南西の市と共同体は 「下流」 (Downriver) 地域と一般に呼ばれている。 というのは、これらの地域はデトロイトからの 「川の下流」 であるからと言われている。 これらの共同体の幾つかはデトロイト川を境界にしていないが、 「下流」 (Downriver) の用語はデトロイト市の南西にあって、デトロイト川の西にある 18 の郊外の共同体の集まりを広く言及している。

デトロイト川には多くの島があり、 所有者と管理者は違っている。 大多数は川の米国側にあり、どれも国境で分断されていない。 多くはとても小さく、人が住んでいないが、 米国側のグロース・イル (Grosse Île) とカナダ側の Bois Blanc (Boblo) Island のどちらにも恒久的な居住者がいる。 大半の島は水路の南部にあり、エリー湖への川の流出口の近くにある。 川の北部のベル島 (Belle Isle) はデトロイトとの橋の接続を経由して公開されている。 かっての市の公園は今ではミシガン州立公園として運営されている。 ハクトウワシ (Bald eagle) などの鳥は島と川の地域に戻ってきた。

歴史

17 世紀にヨーロッパ人がデトロイト川を航行した記録がある。 イロコイ (Iroquois) はデトロイト川を旅して、 ニュー・アムステルダムのオランダ人の植民地で毛皮をトレードした。 フランス人は後にこの地域をニュー・フランス (New France) として領有権を主張した。 有名な帆船であるル・グリフォン (Le Griffon) は五大湖を通り抜ける処女航海で 1679 年 8 月中頃に デトロイト川の河口に到達した。 後に、フランス人がこの地域に定住を始めた時に、彼らは カバノキ (birch) あるいは ニレ (elm) の樹皮 (bark) で作った カヌーを使用して川を航行した。 手作りの船舶は川を移動する普通の方法で、 ピロウグ (pirogue、丸木舟) とバトー (bateaux、小平底船) も使用された。

北米の毛皮トレードが激しくなると、ヨーロッパ人の定住者は西方の公認されていない領域にトレードを拡張した。 フランスの探検家のアントワンヌ・ロメ・ド・ラ・モト、シュル・ド・カディラック (Antoine Laumet de La Mothe, sieur de Cadillac) は 1701 年 7 月 23 日にデトロイト川を遡上した。 翌日に彼は Fort Pontchartrain du Détroit (フォール・ポンシャトラン・デュ・デトロワ) を設立し、これはデトロイト (Detroit) に発展した。 フランス人は川をリビエール・デトロワ (Rivière Détroit) と命名した。デトロワ (Détroit) はフランス語の「海峡」 (strait) である。 川は文字通り、「海峡の川」 (River of Strait) と呼ばれた。

英国 (Great Britain) が 7 年戦争 (Seven Year War、北米戦線では フレンチ・インディアン戦争 (French and Indian War) と呼ばれた) でフランスを破った時、 英国はデトロイト川をコントロールし、はたまたミシシッピ川東のフランス領をコントロールした。 新たに作られた米国が独立戦争の時にこの領地の所有権を主張したが、英国は 1796 年まで、これを移譲しなかった。

デトロイト川は世界で最も重要な水路の 1 つで、
大きな貨物船は普通の光景である。

1812 年の戦争の最中に、デトロイト川はアメリカの ミシガン準州 (Michigan Territory) と英国領 アッパー・カナダ (British Upper Canada) の間の重要な障壁となり、とりわけ 1812 年 8 月の デトロイト砦の戦い (Battle of Fort Detroit) の最中にこうなった。 1817 年のエリー運河の完成後に、 この運河は米国の東海岸からエリー湖への容易な旅程に道を開き、 五大湖をハドソン川とニューヨーク市の港 (port of New York City) に接続し、 デトロイト川は北ミシガンに移住する多くの移民のルートになった。 デトロイトは急速に新しい住民の一部を引き付けた。 祖国戦争 (Patriot War、[訳注:カナダ・米国の国境紛争]) の後で、 この戦争で、英国正規兵 (British regular) とミシガン民兵 (Michigan militia) は氷の張りつめたデトロイト川でほとんど武装衝突しそうになり、 米国はデトロイト川にウェイン砦 (Fort Wayne) を建設した、 これは対岸のアマーストバーグ (Amherstburg) の川沿いの英国のモルデン砦 (Fort Malden) に対抗するためであった。

南北戦争 (1861 年 - 1865 年) の最中に、 ユニオン (Union、北軍の事) が恐れたことは離脱する アメリカ連合国 (CSA, Confederate States of America) が カナダから北方攻撃を計画することであった。カナダは大英帝国 (British Empire) によって、 コントロールされ、戦争には中立であった。 ユニオン (Union) が恐れたことはこの攻撃をするために、CSA がデトロイト川を横断することであった。 北軍 (Union forces) は定期的にデトロイト川をパトロールし、ウェイン砦 (Fort Wayne) の要塞化を改良した、 もっともこれは主要な戦闘からはかけはなれていた。 南軍 (Confederate) が計画したことは、米国海軍の戦艦である USS ミシガン (USS Michigan) を奪い、 エリー湖西のジョンソン島 (Johnson Island) から南軍 (Confederates) の捕虜を解放することであり、 これは南軍 (Confederates) が 2 隻の蒸気客船を奪ったあとに、 辛くも回避された。

20 世紀始めに、デトロイトの産業は前例のないスケールで離陸した。 デトロイト川は世界で最も繁忙な川となり、 1908 年にはデトロイト・ニューズ (Detroit News、[訳注:新聞]) により 「地球上で最も偉大な商業動脈」("the Greatest Commercial Artery on Earth") とあだ名された。 1907 年にデトロイト川は 67,292,504 トン (610 億 kg) の 輸送商業 (shipping commerce) をデトロイトを通して世界中の市場に輸送した。 比較すると、ロンドンは 18,727,230 トン (160 億 kg) を輸送し、 ニューヨークは 20,390,953 トン (180 億 kg) を輸送した。

禁酒法 (Prohibition)

1920 年から 1933 年にかけて、米国は 禁酒法時代を強制した。 飲むためのアルコールの販売、製造、及び輸送は全国で禁止された。 デトロイトは、カナダとの国境を接する最大の都市で、 禁酒法の最中にカナダではアルコールは合法であったため、 ラム・ランニング (rum-running、酒類密輸) -- 米国への酒類の密輸 -- と呼ばれる新しい産業の中心となった。 カナダのオンタリオ州と米国のミシガン州を接続する橋はなかったが、 終に、大使橋 (Ambassador Bridge) が 1929 年に完成し、 デトロイト - ウィンザー・トンネル (Detroit - Windsor Tunnel) が 1930 年に完成した。 密輸業者は夏季には、色々な大きさのボートを使用して、川を横断してアルコールを輸送し、 冬季には凍り付いたデトロイト川の上を車で行き来した。 ある場合には積み過ぎた車が氷を破って落下した。 21 世紀には、この違法時代の車の部品が川底で時々なお見つかっていた。 ウィンザーのラム・ランニング (rum-running) と密造酒の製造は一般的なことであった。 米国のギャング (mobstger)、例えばデトロイトのパープル・ギャング (Purple Gang) は、暴力を使用して、 デトロイト - ウィンザー・ファンネル"(Detroit - Windsor Funnel") と呼ばれるルートをコントロールして、 トレードからの儲かる利益を得続けようとした。 この名称は都市間、国家間に新たに建設された橋のパロディーであった。 デトロイト川、セント・クレア湖、 そしてセント・クレア川は禁酒法時代に米国に密輸された 全てのアルコールの 75% を運んだと見積もられている。 政府当局者はこの流れを阻止することもできず、またその意欲もなかった。

ラム・ランニング (rum-running) 産業は禁酒法が 1933 年に、21 回の修正で無効にされて消滅した。

水中に沈んだオブジェクト

ブームになった事業と「大都市圏デトロイト」 (Metro Detroit) とオンタリオ州デトロイトの 長い歴史により、デトロイト川は多くの工芸品 (artifact) の (見つかる) 場所であり続け、 あるものは沈没船と共に失われ、あるものは、殺人の武器あるいは盗まれたブロンズ像のように捨てられた。

DMC デロリアン (DMC DeLorean) も川から取り戻された。 取り戻された工芸品は川の真水によって良く保存されていたが、 視界が悪く、見つけるのが困難であった。

1940 年代のブロンズ像で、古典的な女性の裸像が、 元々グロース・ポイント戦争記念館 (Gross Pointe War Memorial) で、 反射池 (reflecting pool) を見下ろすように設置されていた。 これはザ・ヌード (The Nude) とあだ名され成功裏に盗まれ、 どこかのアート・ディレクターの私的隠し場所に展示されていたと思われている。 水に沈んだジープの近くの警察によるダイビングの訓練の最中に、この像が 2019 年に見つかり、復元されて記念館に戻された。

1924 年 - 1950 年にデトロイト川を巡った豪華蒸気船 SS グレーター・デトロイト (Greater Detroit) と 1975 年の恐ろしい嵐で沈没した有名な湖上貨物船の SS エドモンド・フィッツジェラルド (Edmund Fitzgerald) の錨は、(共に) 良く知られているように、川から取り戻された。 SS グレーターデトロイト (Greater Detroit) の 6000 ポンドの錨は 2016 年 11 月に引き揚げられ、 デトロイト / ウェイン郡 (Detroit / Wayne County) の港湾局ビルディング (Port Authority Building) に設置された。 SS エドモンド・フィッツジェラルド (Edmund Fitzgerald) の失われた錨は 1992 年 7 月のプロジェクトの最中に取り戻され、 錨はベル島 (Belle Isle) の「ドッシン五大湖博物館」 (Dossin Great Lakes Museum) のヤードに設置されている。 1980 年代以来、ダイバーは全部で 6 基の 1700 年代の大砲を川から引き揚げた。 最後のものは、2011 年にコボ・センター (Cobo Center) の近くで見つかった。 これらは、この地域の英国守備隊によって保持されていた 1812 年の戦争前の在庫の一部分と 信じられている。 歴史学者が信じることは、もう 3 基の大砲がまだ川にあることである。 在庫文書は全部で 17 基の大砲を記録し、 14 基が説明された。 信じられていることは、英国人は凍り付いた川に大砲を引きずり、 春の雪解けで (川に) 沈み、敵のアメリカ人に使用されないようにしたことである。 別の 7 基はオンタリオ州アマーストバーグ (Amherstburg) に近いハシケから落ちた可能性があり、川で見つかるかもしれない。

汚染と保護努力

デトロイト川を囲む土地の多くは、ある場所では、 100 年以上も産業目的に使用された。 化学物質、産業廃棄物、ゴミと下水の無規制の投棄から、川の水の過度な汚染があった。 デトロイト川とその川岸の多くは汚染され、 リクリエーション使用には安全ではなかった。 何千匹もの渡り鳥が毎年死に、 これはエリー湖におけるデトロイト川の河口のまわりの 油膜 (oil slick) と汚染された水の理由からであった。 川の酸素レベルは魚が住めないレベルまで枯渇していた。 この汚染がしばしばエリー湖に排水され、影響を与えたため、 湖は死んでおり、水生生物を支えることができないと見なされた。

1961 年に議会命令によって、ワイアンドット国立野生生物保護区 (Wyandotte National Wildlife Refuge) が設立された。 これにより、政府が産業により厳しい制限を置くことが始まった; 色々なレベルの多くの政府資金が川の清浄化に割り当てられた。 この初期の時代には、反対者はこのような努力はデトロイトの産業と経済に悪い影響を与えると信じた。 1970 年に水中の水銀の有毒濃度により、 セント・クレア川セント・クレア湖、 デトロイト川、 そしてエリー湖の漁業産業が完全に閉鎖されることになった。 最後に大規模な保護努力が始まり、デトロイト川を清浄化することになった。 何年もの間、 川からの汚染物を取り除く何百万ドルもの経費と近くの産業の政治的影響により、保護努力が邪魔された。 2001 年に、ワイアンドット国立野生生物保護区 (Wyandotte National Wildlife Refuge) は、 より大きなデトロイト川国際野生生物保護区 (Detroit River International Wildlife Refuge) -- この地域を生態学的避難場所 (ecological refuge) として保存する米国とカナダの協調努力 -- に吸収された。 この時以来、デトロイト川から汚染物質を浚渫するために、何百万ドルが費やされ、 これにより、すぐれた復元になった、もっとも問題は残っている。 今日、人間の開発によって駆逐された多くの種類の土着の動物がこの地域に戻ってきている。 この川はますます多くの種類の鳥の住処となり、 例えば ワシ (eagle) (再導入された ハクトウワシ (bald eagle) を含む)、 ミサゴ (osprey)、 ハヤブサ (peregrine falcon) がいる。 大量の シロマス (lake whitefish)、 チョウザメ (sturgeon)、 シルバーバス (silver bass)、 ブラックバス (black bass)、 サケ (salmon)、 パーチ (perch)、 そして ウォールアイ (walleye) が再び川で繁栄している。

川の下流部分の大半 (写真はマッド島 (Mud Island))
は今ではデトロイト川国際野生生物保護区の一部分である。

1998 年に、デトロイト川は、 米国環境保護庁 (US Environment Protection Agency) により 米国歴史遺産の川 (American Heritage River) として指定され、 2001 年にカナダ歴史遺産の川 (Canadian Heritage River) として指定された。 これは、このような二重の指定を受けた唯一の北米の川である。

経済

デトロイト川は輸送とトレードに使用されている。 このような経済活動の最も初期の使用は、早くも 17 世紀のトレードのための毛皮の輸送であった。 毛皮トレードが減少する時までに、 ミシガンは、木材が豊富な北ミシガン (North Michigan) と アッパー半島 (Upper Peninsula) の利用を始めた。 デトロイトは重要な産業地帯に変わり、これは大まかにはデトロイト川の理由である。 船が上層五大湖システム (upper Great Lakes System) の外に移動できる唯一の方法は、デトロイト川 を下ることである。 ここから、船はセント・ローレンス海路あるいは ニューヨーク市に至るエリー運河から、 世界のどの場所にも移動できた。 20 世紀の始めには自動車産業がブームとなり、 多くの製造業者が、鉄鉱石、砂、石灰岩、そして木材を潤沢に原料として輸入した。

デトロイトの中心街の ルネッサンス・センター
デトロイト川の岸辺沿いの最も認識できる造作の 1 つ。

デトロイト川は地元の経済に十分な収入を提供している。 1991 年の調査からわかることは、 $2010万 がデトロイト川沿いの水鳥猟 (waterfowl hunting) に関連した販売からきている。 同じ年に バードウォッチング、 写真、 食料利用でない水鳥使用は更にミシガン州の経済に、 $19280万 を貢献している。 地元経済はボートの登録と魚釣り許可書 (fishing licence) により、 恩恵を被っている。 毎年春に、下流デトロイト川沿いの共同体の経済に、 ウォールアイ (walleye) の釣りのみで $100万 をもたらしていると見積もられている。 リクリエーションの釣り人が捕らえる他の魚に含まれるのは、 ホワイトバス (white bass)、 ブルーギル (bluegill), クラッピー (crappie), フレッシュウォーター・ドラム (freshwater drum、真水のドラム)、 コクチバス (smallmouth bass)、 ノーザンパイク (northern pike) そしてマスキー (muskie) である。 ミシガン州には 800,000 隻以上のリクリエーション・ボートがあり、 この内半数以上がデトロイト川、あるいはその近くで使用されている。 デトロイトの人気の高い川の目的地に含まれるものは: デトロイト国際リバー・フロント (Detroit International River Front)、 そしてベル島公園 (Belle Isle Park) であり、 どちらも年中イベントを開催している。 川沿いのレストランによってはボート用のドックがある。 遊覧ボート (tour boat) とディナー・クルーズ (dinner cruise) は デトロイトの名所と下流の、未開発の島を通り抜ける。 クルーズ船 (cruise ships) は五大湖の観光を支え、 下流のデトロイト港乗客ターミナルに接岸する。 偶像的な ルネッサンス・センター (Renaissance Center) はデトロイト川の川沿いにある。

橋と横断 (Bridges and crossings)

2004 年の調査によると、150,000 件の仕事と年産 $130億 が デトロイトからウィンザーへの川の横断に依存している。 2004 年に、アメリカのオンタリオ州とのトレードだけで $4070億 で、 そのうち 28% ($1133億) はデトロイト川 を横断した。

完全に川を横断する唯一の自動車交通ルートは私的に所有された 「大使橋」 (Ambassator Bridge) と 「デトロイト - ウィンザー・トンネル」 (Detroit - Windsor Tunnel) で、 どちらもミシガン州デトロイトをオンタリオ州ウィンザーに接続している。 鉄道トンネルと商用トラック・フェリーのサービスもデトロイトとウィンザーの間を移動している。 ミシガン州には本土をグロウス・イール (Grosse Ile、/ˌɡroʊs ˈiːl/) に接続する 2 本の橋とマッカーサー橋 (MacArthur Bridge) があり、 後者は一般に「ベル島橋」 ("Belle Isle Bridge") と呼ばれ、デトロイト市をベル島公園 (Belle Isle Park) に接続している。 アメリカ側のすべての横断 (入国港) は 米国税関・国境警備局 (US Custom and Border Protection) の実地作業オフィス (Office of Field Operation) により確保され、 カナダ側では カナダ国境サービス庁 (Canada Border Services Agency) により確保されている; アメリカの入国港の間のすべての地域と 川のアメリカ側のすべての地域は 「米国国境パトロール」 (United States Border Patrol) により確保されている。

デトロイトとウィンザーを接続する第三の横断を作る提案がなされている。 この横断の正確な場所は最も議論される要素である。 というのは、これは多くの環境造作と川沿いの共同体に悪い影響があり得るからである。 ゴードン・ハウ国際橋 (Gorden Howe International Bridge) は新しい橋のプロジェクトで、 2015 年に建設が始まった; これはカナダのハイウェイ 401 を直接米国の州間道路 (Interstate) 75 に接続する。

米国とオンタリオ州の全ての
商品トレードの 28%は大使橋
でデトロイト川を横断する。
デトロイト川はデトロイト
とウィンザーの間を流れる。
デトロイト川とウェイン郡橋
ミシガン州トレントン (Trenton)、
エリザベス公園から見る。
横断 通すもの 場所 座標
ウェイン郡橋
(Wayne County Bridge)
グロウス・イール・パークウェイ
(Grosse Ile Parkway)
トレントン - グロウス・イール
(Trenton – Grosse Ile)
42°07′39.2″N 83°10′31.2″W
グロウス・イール有料橋
(Grosse Ile Toll Bridge)
ブリッジ・ロード
(Bridge Road)
リバービュー - グロウス・イール
(Riverview – Grosse Ile)
42°10′20.9″N 83°09′34.3″W
デトロイト - ウィンザー・トラック・フェリー フェリー デトロイト - ウィンザー 42°16′40.9″N 83°06′03.2″W
大使橋
(Ambassador Bridge)
大使橋ストリート
(I-96 / I-75 / Hwy. 3)
42°18′43.0″N 83°04′26.8″W
ミシガン中央鉄道トンネル
(Michigan Central Railway Tunnel)
カナダ太平洋鉄道
(Canadian Pacific Railway)
42°19′06.6″N 83°03′37.8″W
デトロイト - ウィンザー・トンネル
(Detroit-Windsor Tunnel)
I-375 / M-10 / Hwy. 3B 42°19′28.2″N 83°02′24.2″W
マッカーサー橋
(MacArthur Bridge)
E. グランド・ブールバード /
カシーノ・ウェイ
(E. Grand Boulevard /
Casino Way)
デトロイト - ベル島公園
(Detroit – Belle Isle Park
42°20′30.1″N 82°59′52.3″W
訳注
I = Interstate = 州間道路、M = Michigan = ミシガン道路、Hwy = Highway = ハイウェイ、