ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Grosse Ile Toll Bridge - Wikipedia

グロス・イール有料橋: Google map

この橋は旋回橋です。

グロス・イール有料橋 (Gross Ile Toll Bridge)

グロス・イール有料橋は旋回橋でデトロイト川のトレントン水路 (Trenton Channel) を横断し、ミシガン州グロス・イールと ミシガン州リバービュー (Riverview) の本土を接続し、 リバービューはミシガン州ウェイン郡 (Wayne County) に属している。


グロス・イール有料橋
歴史

グロス・イール有料橋は 1912 年から 1913 年にかけて、 グロス・イール橋会社 (GIBC、Grosse Ile Bridge Company) により、資金提供・デザイン・建設された。 GIBC は 1912 年 5 月 12 日にミシガン州の法人として、橋会社として設立され、 グロス・イールの地主であるエドワード W. フォークト (Edward W. Voigt) が主要法人設立者、大株主 (majority stockholder)、設立時の社長となった。 フォークトはグロス・イール有料橋の建設を指図し、 1913 年 11 月 27 日 (感謝祭の日) に橋を一般に開通させた。 この有料橋は島に至る最初の自動車用の橋であった。

フォークトはドイツ人の移民で、 著名なデトロイト地域の実業家・起業家となった。 彼はグロス・イールの北端の大半の土地を所有し (およそ 400 エーカー)、 ここに彼はアイランド・ホーム・ストック農場 (Island Home Stock Farm) を所有・維持していた。 フォークトが GIBC を設立したのは荷馬を農場に、あるいは農場から輸送することを、 より迅速に、より容易にするためであり、 更に島を自動車に開放することは無論のことであった。

グロス・イール (この時は Maguagon タウンシップの一部であった) は 1913 年には人口が 1000 名未満で、 ウェイン郡は島の北端に自動車用の橋を建設することに興味を持たなかったため、 地元の住民はフォークトの橋の建設計画を支持した。

1913 年以来、GIBC は有料橋を刷新・拡張した。 GIBC は 1965 年に貨物船が橋の大きな区間に衝突した時に 橋に重要な修理を施し、1992 年にも再び同じことが起きた。 GIBC は 1986 年に橋の路面を交換し、 1994 年に新しい中央旋回ベアリングを建造し、 2004 年にリバービューに料金所を開設した。 橋の改良と通常の保守の資金は GIBC が課す通行料によって賄われている。 橋横断の片道料金は (現金では) $2、 (GIBC のトークンを使用すれば) $1.80、 (橋の定期券 (Bridge Pass) を使用すれば) $1.50 である。 橋の保守計画が称賛されて、GIBC は、 ミシガン州や国内のインフラや工学の組織により、多くの賞を受賞し、 これには米国土木学会、 米国助言技術者協議会、 ミシガン州助言技術者協議会がある。

橋の世話役と GIBC の所有権はフォークトから彼の子孫に伝えられた。 GIBC の現在の社長と所有者はポール J. スモーク (Paul J. Smoke) で、 フォークトの曾孫 (Greate grandson) である。