ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Portal Bridge - Wikipedia

ポータル橋: Google map、 ストリートビュー:

ポータル橋 (Portal Bridge)

ポータル橋は米国ニュージャージー州北東で、 シコーカス・ジャンクションのすぐ西で ハッケンサック川にかかる鉄道橋である。 これは複線の可動旋回橋で、カーニー (Kearny) とシコーカス (Secaucus) の 2 つの町の間にあり、 北東回廊の一部として アムトラックが所有・操業し、 ニュージャージー・トランジットによっても使用されている。 2015 年現在、この橋は西半球で最も多忙な橋と思われ、 一日当たり 150,000 人から 200,000 人の乗客を運んでいる。

ポータル橋 位置

元々 1910 年に開通し、新たに建設されたニューヨークの ペンシルバニア駅への旅客事業に関連して、 ペンシルバニア鉄道によって建設された。

橋は時代遅れと見なされ、交換を検討中である。 現在は、橋の制限速度は時速 60 マイルで、 (高さが) 非常に低いため、しばしば開放して商用船を通過させる必要があり、 もっと遅延が生じる。 これらの理由から、橋は北東回廊の 「アキレスのかかと」 と呼ばれてきた。 橋交換の既存のデザインと工学計画は 2 基の固定橋を必要とする。 交換の橋の工事は資金のなさから立ち往生し、2014 年現在、橋を建設するための $9.4億 の資金元が決まっていない。

アムトラックはゲートウェイ・プロジェクト (北東回廊の拡張計画) の第一段階として橋の交換を考えている。 ニューヨーク・ニュージャージー港湾局は計画に $3億 を貢献する計画である。

  1. デザインと建設
  2. 操業
  3. 事故と事件
  4. 交換
デザインと建設

ポータル橋は 961 フィート (293 m) の鋼の構造物で、石造の橋脚がある。 橋は 300 フィート (91 m) の通り抜け旋回スパンと 6 基の 110 フィートの長さの開放路面ガーダー・スパン (中央スパンの両側に 3 基ずつある) から構成される。 橋自身は部分的には木造である。 橋の一番下の梁は満潮時にはハッケンサック川の水面上ほんの 23 フィート (7.0 m) である。

州間道路 95 から見たポータル橋

河川交通に閉鎖すると、 橋は 6 個のクサビのブロック (wedge block) の上に支えられる。 2 つのブロックが橋の各々の側にあり、もう 2 つは橋の中央に隣接している。 ブロックが退避して橋が開放すると、中央ベアリングが橋の構造を支える。河川交通が 1 方ないしは両方の水路を通り抜けると閉鎖状態に復帰する。

橋の建設は 1905 年 8 月に開始し、 1910 年 11 月 27 日に橋が任務に就いた。 これらは 1840 年代の橋のデザインに基づいていた。 橋は 100 年以上もつようにデザインされていた。 電気機関車に動力を供給するために頭上の架線が 1930 年代に設置された。 橋の機械の幾つかが 1931 年に更新された。 1970 年に小規模な修理が実施され、 1982 年から 1984 年にかけてのアムトラックの 「北東回路改良プロジェクト」 の一部として、 構造・機械装置と電気装置の重要な修理がニュージャージー州イースト・ハノーバー (Hanover) のウィリアム F. ヘガティ社 (William F. Hegaty, Inc.) により実施された。

操業
鉄道事業

鉄道事業の容量は 2005 年の 1 日 40,000 人から 2015 年の 1 日 150,000 人から 200,000 人に成長し、 およそ 1 日に 400 編成の列車が通り、 これは アムトラック ニュージャージー・トランジットのものである。

2011 年現在、アムトラックはニューアークのペンシルバニア駅 (Newark Penn Station) とニューヨークのペンシルバニア駅 (New York Penn Station) の間の北東回廊の区間で、 双方向に 103 本ほどの列車を操業している。 ニュージャージー・トランジットの鉄道ルート (北東回廊線、ノース・ジャージー海岸線、 モリス・エセックス線 (Morris and Essex Lines)、 モンクレア・ブーントン線 (Monclair-Boonton Lines)) は双方向に週日 393 編成の列車を運行し、 この橋を利用している。

河川交通

ハッケンサック川の河川交通は旋回橋が開放状態の時に旋回橋の下を通ることができる。 橋は週日の AM 6 から AM 10 と PM 4 から PM 8 まで開放することが免除され、 これは橋の通勤時間帯である。 橋はこれ以外の時間帯で信号機により開放する。

2015 年現在では、 川で定期的に予定された商用交通は汚物を満載したハシケで、 リトル・フェリー (Little Ferry) のバーゲン郡公共事業公社複合施設から ニューアークの下水処理場に向かうものである。 2014 年の最後の 4 ヶ月に橋は 90 回開放し、そのうち 75 回が汚物ハシケのものであった。 橋は河川交通のために、数々の列車の遅延を引き起こしているが、 アムトラックは遅延の個々の記録を取っていない。

操業上の問題

橋の 1 年間の保守に何百万ドルもの経費が必要である。 幾人かの当局者によると橋は渋滞地点 (choke point) と見なされ、 鉄道の潜在的な速度と容量を削減している。 これらの当局者には次の人がいる: 米国上院議員のボブ・メナンデス (ニュージャージー州、Bob Menendez); ドルー・ギャロウェイ (Drew Galloway)、 アムトラックの計画・開発の副社長補佐 (Assistant V.P.) で、 北東回廊の計画・実行主任 (Chief)、 ニュージャージー・トランジットのエグゼキュティブ・ディレクター (常任理事、executive director) のリチャード・サール (Richard Sarles) がいる。

事故と事件
1996 年の脱線

橋は 1996 年 11 月 23 日の脱線場所で、この時、橋は適切に閉鎖することに失敗していた。 12 名の乗客と郵便車両からなるアムトラックの高速郵便列車 No. 12 がワシントン・ボストン間の走行で、 88 名の乗客と 20 名の乗務員が乗る列車と 2 台の機関車で牽引され、 橋に近づいた時に脱線した。 列車は対向する客車をこすったが、橋を渡り、主軌道に平行する誘導レールにより、 架台を通り抜けて川に突っ込むことが防止された。 次いで、2 台の機関車と手荷物列車 (baggage car) と 3 台の客車が堤防に突っ込んだ。 死者はなく、34 名が入院した。 脱線の原因は一本のレールが所定位置より 5 インチ高く、 進入ランプ (坂道) の役割を果たしたからであった。 脱線の結果、橋の最高速度は時速 60 マイルに減速され、 全ての北東回廊の中で橋が 1 つの渋滞箇所 (choke point) となった。 脱線による損失は $360万 と見積もられている。

訳注
列車の接続方法の説明がわかりにくいですが、文面からのみ判断すると、 2 編成の列車をそのまま直列につないだ編成をしているようです。しかし少しわかりにくい。 そこで英文ページを検索して次のページを見つけました。
Fast Mail (Amtrak train)
これによると、2001 年まではアムトラックは郵便列車をワシントン DC から ボストン/スプリングフィールド の間で 1 日 1 便走らせ、 北上する列車は 「列車 12」 (Train 12) と呼ばれ、南下する列車は 「列車 13」 (Train 13) と呼ばれていました。 北上する列車はワシントン DC を午前 3 時に出発し、これには乗客ものせていましたが、南下する列車の方は貨物だけだったそうです。 北上する列車はニューヘブンでボストン行きとスプリングフィールド行きに分離します。 ここから判断すると、上の説明は間違いで、脱線した列車全体が 「列車 12」 で、前半分がボストン行きで後ろ半分がスプリングフィールド行きです。 (ニューヘブンはポータル橋の北にあります。) 重連運転も参考にしてください。
火災

2005 年 5 月 13 日に橋に火災が発生した。 ニュージャージー・トランジットの技術者が信じていることは、 13 kV の頭上の電線がオーバーヒートして金属の破片が橋の基礎にある クレオソートを塗った木造の防護島 (fender) に落ちたことである。 火災による直接の結果、翌朝まですべての交通が不通となった。 この事件の損失は $500万 であった。 2014 年 8 月 4 日に、橋に火災が発生し、 鉄道交通が半時間不通となった。

交換

2008 年 12 月に、 連邦鉄道局はポータル橋を 2 つの新しい橋 -- 3 軌道からなる北の橋と 2 軌道からなる南の橋 -- で置き換える $13.4億 のプロジェクトが承認した。 新しい橋は 2017 年に完成することが予定され、完成時点でポータル橋は取り壊されることになっていた。

デザインの過程で、北の橋の軌道数は 3 から 2 に縮小された。

デザイン作業が 2009 年と 2010 年に進展した。 2009 年にニュージャージー州は 2009 年アメリカ復興・再投資法から $3850万 の資金を申請した。 2010 年 1 月 28 日に連邦資金が TIGER 助成金 -- すべての北東回廊のための、より大きな $11200万 の資金の一部 -- として認められた。 $3850万 の連邦資金は新しい橋の最終デザインに意図されていた。

橋交換の建設の開始はデザイン作業にしたがい、2010 年に開始する予定であったが、 これは実施されなかった。元々のプロジェクトの予定では新しい橋の建設は 2010 年に始めることを求め、 橋の交換が 2017 年に完成することを求めていた。 しかしながら、部分的には「地域核進入」 (Access to the Region's Core) がキャンセルされ、 更には資金の問題から、 この元々の計画は現在の橋の北に建設される 1 本の複線の橋に削減され、現在の橋の南に新しい橋の余地が残されて 後を追うことになった。

2014 年に新しい 「ポータル橋北」 (Portal Bridge North) のデザイン作業が終了した。 提案された 「ポータル橋北」 は 50 フィート (15 m) の高さで、旋回橋ではなくなり、 列車の速度を少なくとも 90 マイルにすることになった。 この新しい橋はアムトラックのゲートウェイ・プロジェクト -- これ自身アムトラックの 「地域核進入」 (Access to the Region's Core) の部分的な置き換えの一部 -- は $135億 の経費と見積もられている。

ポータル橋の進展は資金不足により中断した。 2011 年 4 月にアムトラックは建設のために連邦政府に $5.7億 の建設費用を申請し、 ニュージャージー州が $1.5億 を引き受けることになっている。 しかしながら、2015 年現在では、プロジェクトには $9.4億 の資金が不足している。

2015 年 10 月に $1600万 の TIGER 助成金が認められ、初期の建設活動の支援に使用される。 例えば 138kV の送電塔 (transmission monopole) の再配置、 一時的な光ファイバー・ケーブル架線、突堤埠頭 (finger pier) 進入構造、 進入道路、560 フィートの支え壁の建設に使用される。