ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

North Avenue Bridge - Wikipedia

コートランド・ストリート可動橋: Google map 3D

ノース・アベニュー橋 (North Avenue Bridge)

ノース・アベニュー橋は (歴史的に) イリノイ州シカゴの北でシカゴ川の北支流を横断するノース・アベニュー (イリノイ州道 64) を通した 3 つの橋の 1 つを指す。 1877 年建設の中央橋脚を持つ旋回橋は 1907 年にバスキュール橋で交換され、 グース島 (Goose Island) のすぐ北のノース運河の出入りで、河川交通に操船の余地をもっと与えた。

(現在の) ノース・アベニュー橋 1907 年建設のノース・アベニュー橋の
西の入口

バスキュール橋の劣化する状態と容量不足から、 バスキュール橋は 2006 年に取り壊されて、吊り橋とケーブル支え橋のハイブリッドに道を譲った。 つり橋とケーブル支え橋のハイブリッドは 2008 年 5 月 23 日に完全開通した。

  1. 歴史
  2. 2007 年 - 2008 年の橋の交換
歴史

シカゴが 19 世紀後半に産業と商業の中心に育つにつれ、 多くの固定橋が、中心に橋脚を持つ旋回橋で交換された。 旋回橋はもっとも普通な型式で歩行者と荷車を横断させるとともに、 時々船舶を通過させた。 1877 年に、これらの 1 つの橋がグース島のすぐ北に建設された。

バスキュール橋の発展

1877 年の橋とその類似の橋は 19 世紀中頃にはもっとも普通な橋であったが、 シカゴの水運業者と不動産業者により批判された。 19 世紀の終わりに近くなると、船舶は大きくなり、旋回橋の中央橋脚は航行上の危険となった。 付け加えると旋回スパンは橋のまわりに広い土地が必要で、 橋の近くに接岸施設 (docking facility) を開発する邪魔となった。 シカゴ川沿いの開けた土地が少なくなるにつれ、不動産業者と水運業者はますます旋回橋に批判的となった。

1890 年に至るまで何らの進展も見なかったが、国会は戦争省に水路を横断する新しい橋を認可し、 航行に危険を与える既存の橋に変更を強制させることを認可した。 1892 年に命令がシカゴで実際に行使され、カナル・アベニューで建設されたばかりの橋が、 米国工兵隊により取り除くことが命令された。 この年、シカゴ市の技術者たちは危険な旋回橋の代案を調査し始めた。

調査はシカゴのシェルツァー・ローリング・リフト会社とシカゴの公共工事局 (Department of Public Works) の技術者であるジョン E. エリクソン (John E. Ericson) の間の不和を引き起こした。 ローリング・リフト橋 (バスキュール橋の一型式) は機械的にはもっとも単純な代替であったが、 技術者たちはすぐにも揺れ動く動作が基盤におよぼす荷重が貧弱な基盤を壊すことに気が付いた。 エリクソンは彼のスタッフに米国とヨーロッパの他の橋を調査することを指示し、 まもなくタワーブリッジ (1894 年) が適切な出発点であることに気が付いた。

モデルとなる橋は特許が取られておらず、重心が固定され、単純な機械的動作であったため、 1900 年にエリクソンは劣化し続けている 5 基の旋回橋を交換するための資金をシカゴ市議会にすぐにも割り当てさせた。 最初の 5 つの橋は 1902 年のクライボーン・プレース (後のコートランド・アベニュー) の橋 (コートランド・ストリート可動橋)、 ディビション・ストリート (Division Street) が北支流運河 (North Branch Canal) を横断する箇所 (1903 年) とシカゴ川を横断する箇所 (1904 年)、 95 番ストリートがキャルメット川を横断する箇所 (1903 年)、 ウェスターン・アベニューが北支流運河を横断する箇所 (1904 年) であった。 同じ時期にシェルツァー会社はシカゴ衛生・船舶運河に彼らのローリング・リフト橋を 7 基建設した。 運河は拡幅されて最近流れの向きを変えたシカゴ川の大きな流れを通していた。 これらの橋はシカゴ衛生地区 (Chicago Sanitary District、現在の都市下水処理場) の管理の下に建設され、 工兵隊の承認のみが必要で、 公共工事局の承認は必要でなかった。

訳注
コートランド・アベニューはコートランド・ストリートの間違いと思われます。

決意をして、シェルツァーはエリクソンとの議論を法廷に持ち込み、 公共工事局は 「悪意を持って、不正に、不法に」 シェルツァーが彼らの橋のデザインを入札することを妨害したと議論し、 彼らの橋の方が品質で優れ、低価格であると主張した。 1905 年 8 月に調停が成立し、新しいノース・アベニュー橋の建設が 1906 年に開始した。

エリクソンは公共工事局の橋梁部門から解任され、 橋梁デザインの管理はトーマス G. ピルフェルト (Thomas G. Pihlfeldt) が長となる別の管理部門に移された。 しかしながらピルフェルトの指導の下で市はトラニオン・バスキュールのデザインを優先し続けた。

1907 年の橋の説明

橋は橋台から別の橋台までおよそ 260 フィート (79 m) の長さがあった。 橋は一般的なプラット・トラス橋の形を取っていた。 しかしながら、大半のプラット・トラスは岸では下方に傾くが、 ノース・アベニュー橋のトラスの末端は上方に曲がり、橋の中央に向けて下がっていた。 末端で最も高い場所で深い横方向の支えが橋を支えていた。


20 世紀初頭の米国で最も
普通なプラット・トラスの絵
1907 年のノース・アベニュー橋
修正されたプラット・トラス

1907 年建設のノース・アベニュー橋,
1999 年。グース島から北を見る。

橋の路面は侵入区間で 60 フィート (18 m) の幅があった。 建設時には侵入区間の道路は鋼が支えるコンクリートの厚板の上の木材から構成されていた。 侵入区間の側道はコンクリートで作られ、鋼の網で作られた柵があり、 川を見下ろしていた。 可動リーフの上には 42 フィート (13 m) 幅の木造の路面があり、この両側に各 9 フィート (3 m) 幅の金属の張り出しがあり、 これが側道の厚板を支えていた。 道路自身は中央のトラスで分離されていた。 元々、路面電車の軌道がどちらの側にも通っていた。

北支流水運地区の凋落

新しい製造施設がシカゴ南部のキャルメット川沿いに開業してから、 シカゴ川の水運は劇的に減少した。 1920 年代中頃までに、公共工事局は 1925 年 - 1935 年の 10 年間に可動橋を固定橋で置き換える提案を流布させ、 高い保守費用を挙げていた。 提案は部分的には工兵隊の反対によりすぐには実施されなかった。 しかしながら、第二次世界大戦中の短期間の水運の復活を除いては輸送量は低いままであった。

この橋が最後に持ち上げられたのは 1972 年であった。 1990 年代までに、シカゴ川の持ち上げ橋を固定橋に変換する市の計画に工兵隊が同意した。 周辺の地域が主に産業地帯から住宅地と商業地区に変化して、古い橋の交通量が増え、交通のネックになった。

国内歴史保存法 (National Historic Preservation Act) の 106 条に要求されるように、 市は興味を持つ関係者に、移設して別の場所で保存するために橋を提供した。 時代遅れの持ち上げ機構の複雑さから、どの市も橋を受領する申し入れをしなかった。

2007 年 - 2008 年の橋の交換

古さと高い保守費用の理由から代わりの固定橋が 2007 年 - 2008 年に建設された。 新しい橋は固定スパンで吊り橋とケーブル支え橋 (cable-stayed bridge, 斜張橋) の雑種 (ハイブリッド、hybrid) である。 元々の橋は 2 車線で、新しい橋は 4 車線で側道があり、 橋を渡る 1 日あたり 40,000 台による渋滞を削減する助けになる。

ジェームズ・マキュー建設会社 (James McHugh Construction Company) が新しいの元請け業者となった。 新しいノース・アベニュー橋のデザインは幾つかの理由から制約を受けた。 現役の鉄道が東の堤防を走り、平面交差にするか高架にするかの問題があった。 シカゴ川の堤防は開放したままとし、更なる開発に利用できないといけなかった。 米国工兵隊は橋の垂直余地が 18 フィート (5 m) あることを要求した。 最後に新しい橋はグース島の北の端にあり、シカゴのスカイラインがはっきり見え、 美的に喜ばせるものであることが要求された。

高騰する鋼の価格から、新しいバスキュール橋の建設は除外された。 橋の長さは純粋な吊り橋には短すぎ、一方、純粋なケーブル支え橋はその場所で望ましい高さよりも高い塔が要求された。 その結果、技術者は吊り橋とケーブル支え橋の雑種の考えに目を向けた。

新しい橋の工事の前に、 工事のチームは新しい橋のすぐ北に一時的な橋を作って開通させた。 一時的な橋により、水道、ガス管などの移設ができ、改良した川の壁を建設でき、 新しい橋の下部構造を邪魔されずに建設できた。 沿岸警備隊の規則により、水路を常に開放しなければならなかったため、 中央スパンはシカゴ川の三隻のハシケの上で建設された。 中央スパンは建設されてから、橋の位置にけん引され、 16 基のジャッキにより定位置に持ち上げられた。

新しい橋は 22 ヶ月で完成し、 建設するのに $25,000,000 の経費がかかった。 橋は 4 組の塔で固定され、 各塔は 95,000 ポンド (43,091 kg) の重さがある。 塔は 10 基のより小さな杭の上に設置され、杭は川底の中に 90 フィート (27 m) 延びている。 塔から、全部で 24 本の固定ケーブルが橋の進入スパン、更には中央スパンの端を支えた。 吊りケーブルが橋のすその固定場所から塔の頂上に走り、中央スパンの中央部を支えている。

橋の路面はポスト・テンションされ、橋の水平方向の力が橋の両端の固定ブロックに伝わるようになっている。 橋は 10 インチ (25 cm) の高性能コンクリートで建設され、 2 インチ (5 cm) のラテックスの上塗りがある。路面全体の分厚さは 4 フィート (1 m) しかない。


イリノイ州シカゴ、グース島から見たノース・アベニュー橋
ギャラリー
油圧、且つ吊り橋脚 グース島から見たノース・アベニュー橋