ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Burlington Northern Railroad Bridge 9.6 - Wikipedia

バーリントン・ノーザン鉄道橋 9.6: Google map ストリートビュー

近辺の地図も参考にしてください。(鉄道は近くの部分だけ描いてあります。)

バーリントン・ノーザン鉄道橋 9.6 の近辺の地図
バーリントン・ノーザン鉄道橋 9.6
(Burlington Northern Railroad Bridge 9.6)

バーリントン・ノーザン鉄道橋 9.6 あるいは BNSF 鉄道橋 9.6 は、 コロンビア川鉄道橋とも呼ばれ、 コロンビア川を横断する通り抜けトラス鉄道橋で、 オレゴン州ポートランドとワシントン州バンクーバーの中間にあり、 BNSF 鉄道により所有・操業されている。 この橋はスポーカン・ポートランド & シアトル鉄道 (SP & S, Spokane, Portland and Seattle Railway) により建設されて 1908 年に完成し、 コロンビア川下流を横断して建設されたどのような橋の中でも、最初のもので、 最初の道路橋である近くの インターステート橋 (州間橋) よりも 8 年少々早かった。

バーリントン・ノーザン鉄道橋 9.6
列車が橋を通過
オレゴン州における位置

長さ 2,807 フィート (856 m) の橋には旋回スパンがあり、 これは基礎の上で旋回して、より背の高い船を通過させる。 橋には 2 つの鉄道軌道があって、 BNSF 鉄道 ユニオン・パシフィック鉄道 アムトラックが使用している。 ポートランド都市圏で現在まで生き延びた旋回スパンを持つ 2 つの橋の一つで、 かってはこの形式の橋がこの地域にいくつか存在していた。 もう一つ生き延びた橋は別の BNSF の近くの橋で、 同じ線にあって、同時期に建設されたオレゴン・スラウ鉄道橋である。 (BNSF 鉄道橋 8.8 とも呼ばれる。) (橋の) 名前の 9.6 はポートランドのユニオン駅からの距離をマイルで表したもので、 同じ線にある 橋 5.1 (ウィラメット川にかかる橋) と 橋 9.8 も同様である。

  1. 歴史
  2. 操業
  3. ギャラリー
歴史

同じ場所での単線軌道の鉄道橋の建設は 1890 年に始まり、 ジョージ S. モリソン (George S. Morison) が技術者となり、 ポートランド & ピュージェット・サウンド鉄道会社 (ユニオン・パシフィックと合併) のために建設したがプロジェクトは初期の段階で見捨てられた。 1905 年にコロンビア川の別の横断が提案され、 今度は ノーザン・パシフィック鉄道 (NP) が新しく作られた ポートランド & シアトル鉄道に使用させるためであった。 ポートランド & シアトル鉄道は NP と グレート・ノーザン鉄道により共同で作られ、 ポートランドからシアトルまでとポートランドからスポーカンに至る新しい鉄道を建設し、 究極的には操業することになった。 しかしながら名称は スポーカン・ポートランド & シアトル鉄道に変更された。 これはどの軌道も開通する以前の 1908 年のことで、 シアトル線の前にポートランド・スポーカン線が建設され始めた後のことであった。 計画された新しい鉄道は 「北岸道路」 (道路とは鉄道のことを指す) あるいは北岸線と呼ばれた。 というのはシアトル線はケルソー (Kelso) までコロンビア川の北岸に沿い、 スポーカン線もバンクーバーから北岸に沿って東に走るからであった。 ポートランドの東ではコロンビア川の南岸にはすでに鉄道があり、 オレゴン鉄道・水路会社が所有していた。 (これは後に ユニオン・パシフィック鉄道に吸収された。)

訳注
  1. ビュージェット・サウンド (Buget Soiund) は別名 ビュージェット湾とも言います。
  2. スポーカン (Spokane) のカナ表記は Google map に従っています。 Spokane の発音

橋はバンクーバーから北西ポートランドに至る総合的に計画された新線の一部で、 これには 3 つの新しい橋が含まれた: コロンビア川鉄道橋、オレゴン・スラウ鉄道橋、ウィラメット可動橋。 ノーザン・パシフィックは橋梁建築家のラルフ・モジェスキーを採用し、 3 つの橋をすべてデザインさせた。 1905 年 11 月 14 日に SP & S の委員会はモジェスキーの推薦を承認した。 橋の計画は 戦争省 (War Department) に提出され、 まもなく 1906 年 2 月に承認された。 コロンビア川鉄道橋の橋脚 2 -- この上で旋回スパンが回転する -- は中止になった 1890 年のプロジェクトの 1 部として建設されたもので、 1906 年の橋の計画に組み込まれた。

訳注
橋の建築計画が戦争省に提出されたとありますが、多分これは 米国陸軍工兵隊に宛てたものです。 ブルー・ウォーター橋には、 橋の建設に際し、河川交通に支障がないことを工兵隊が要求している話が登場します。

2016 年の空からの光景、
バンクーバーの方を見る。
旋回スパンがハシケのために開放

最初の工事は 1906 年 2 月 8 日に実施され、 この時、工事班はケーソンの組み立てを開始した。 鋼はニューヨークの アメリカン・ブリッジ社 (American Bridge Company) により製造された。 建設はおよそ 26 ヶ月かかった。 工事現場での建設は 1907 年 6 月 15 日に開始した。 橋の構造工事は 1908 年 6 月に完成したが、 開通が遅れた。 これは同じ線にある新しいウィラメット川橋に必要とされる巨大な旋回スパンの回転に必要となる重機械の設置に 問題があったからである。 この橋はコロンビア川下流を横断して建設されたどのような橋の中でも、最初のもので、 最初の道路橋である近くのインターステート・ブリッジ (州間道路橋) よりも 8 年少々早かった。

最初の列車は 1908 年 10 月 23 日に橋を横断し、 1908 年 11 月に定期使用に橋が開通した。 これにより、ポートランドと パスコ (Pasco) の間の当初の SP & S ルートが完成した。

橋の所有・操業は 1970 年にバーリントン・ノーザン鉄道 (BN) に手渡され、 この時、 SP & S、ノーザン・パシフィックと他の鉄道が BN に合併した。 1996 年末に、BN は アチソン・トピーカ & サンタフェ鉄道 (Atchison, Topeka and Santa Fe Railway) と合併して、 バーリントン・ノーザン & サンタフェ鉄道となった (2005 年に公的に名称が省略されて BNSF 鉄道となった。)

操業

旋回スパンは橋の北端にあって、ワシントン州に属し、 バンクーバー・アムトラック駅の近くにある。 橋を利用するすべての列車は横断する許可を得るために橋の世話人に電話をかけることが要求されている。 橋の開放を要請するボートは VHF チャンネル 13 で橋とコンタクトする必要がある。

ギャラリー
旋回スパンが回転中 旋回スパンが閉鎖間際 列車が固定スパンの
区間を通過中
オレゴンの岸からの光景