ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Oregon Slough Railroad Bridge - Wikipedia

オレゴン・スラウ鉄道橋: Google map アップされた写真

以下 Spokane のカナ表記の「スポーカン」はグーグル・マップの表記に従いました。 (面倒なので原則的にグーグル・マップのカナ表記にあわせてますが、これも間違っていることが時々ある。) しかし、日本語のページを見ると「スポケーン」のカナ表記の方が圧倒的に多いことに気づき、発音を調べてみました。

How to Pronounce Spokane - YouTube
How to pronounce Spokane in English - Forvo.com

Spokane のカナ表記はスポーカン、もしくはスポカーンとする方がよいようです。 もっともこれも厳密ではない。しかし「ケーン」の発音はない。

オレゴン・スラウ鉄道橋
(Oregon Slough Railroad Bridge)

オレゴン・スラウ鉄道橋は BNSF 鉄道橋 8.8 とも呼ばれ、 米国オレゴン州ポートランドの通り抜けトラスの旋回橋である。 現在は BNSF 鉄道により、所有・操業され、コロンビア川の分流を横断している。 この分流はノース・ポートランド・ハーバーと呼ばれ、歴史的にはオレゴン・スラウ (オレゴン沼地、Oregon Slough) と呼ばれた。 橋の北端にはヘイデン島 (Hayden Island) があり、 トマホーク島 (Tomahawk Island) と共に水路の北岸を形成している。 1906 年に完成した、この複線の橋はポートランドで生き延びている 2 基しかない旋回橋の 1 基であり、 ポートランドにはこの種の橋がかって、道路用にも鉄道用にも幾つか 存在していた。 ポートランド地区で、これ以外に唯一残された旋回橋は同じ鉄道線の別の旋回橋で、 コロンビア川にかかっている近くの BNSF の橋 9.6 である。

オレゴン・スラウ鉄道橋の
旋回区間、2011 年
オレゴン・スラウ鉄道橋の位置
オレゴン州ポートランド

橋は BNSF とユニオン・パシフィック鉄道の貨物列車によって定期的に使用され、 更には ポートランドとシアトルをつなぎ、 ポートランドとワシントン州 スポーカンを経由してシカゴをつなぐアムトラックの客車によっても使用されている。 名称の 8.8 はポートランドのユニオン駅からの距離をマイルで表したもので、 (ウィラメット川にかかる) 橋 5.1 と同じ鉄道路線の橋 9.6 も同様である。

歴史

オレゴン・スラウ鉄道橋は 1906 年 - 1908 年にノーザン・パシフィック鉄道 (NP, Northern Pacific Railway) により建設され、 スポーカン・ポートランド & シアトル鉄道 (SP & S, Spokan, Portland and Seattle Railway) に使用させることを目的とし、バンクーバー、ワシントンとポートランドの間の新線建設の一部であった。 SP & S は NP とグレート・ノーザン鉄道により共同で作られ、 当初は 「ポートランド & シアトル鉄道」 と呼ばれ、ポートランドからシアトル、 そしてポートランドからスポーカンに至る新鉄道線を建設し、究極的に操業することになった。 名称は 「スポーカン・ポートランド & シアトル鉄道」 に変更された。 これはどの軌道も開通する以前の 1908 年のことで、 シアトル線建設の前にポートランド・スポーカン線が建設され始めた後のことであった。 計画された新しい鉄道は 「北岸道路」 (道路とは鉄道のことを指す) あるいは北岸線と呼ばれた。 というのはシアトル線はケルソー (Kelso) までコロンビア川の北岸に沿い、 スポーカン線もバンクーバーから北岸に沿って東に走るからであった。 ポートランドの東ではコロンビア川の南岸にはすでに鉄道があり、 オレゴン鉄道・水路会社が所有していた。 (これは後に ユニオン・パシフィック鉄道に吸収された。) 同じポートランド・バンクーバー線で同時に建設された他の 2 つの可動橋と同様に この橋は橋技術者のラルフ・モジェスキーによりデザインされた。

アムトラックのカスケーズ (Cascades)
が橋の固定スパン区間を通過中

建設は 1906 年に開始し、橋の構造の大半は 1908 年中頃までに完成した。 最初の列車が 1908 年 10 月 23 日に橋を横断し、橋は 1908 年 11 月に定期使用に開通した。

334 フィート (102 m) の旋回区間は南端に位置している。 残りは 7 基のより短い固定トラスで構成され、各々およそ 162 フィート (49 m) の長さである。 橋の所有・操業者は 「スポーカン、ポートランド & シアトル鉄道」 であったが、 1970 年に会社は他の鉄道会社と合併してバーリントン・ノーザン鉄道 (BN, Burlington Northern Railroad) となり、BN は 1996 年に アチソン、トピーカ & サンタフェ鉄道 (Santa Fe, Atchison, Topeka and Santa Fe Railway) と合併して BNSF 鉄道となった。