ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Crook Point Bascule Bridge - Wikipedia

クルック・ポイント・バスキュール橋: Google map 3D

クルック・ポイント・バスキュール橋はバスキュール橋です。

クルック・ポイント・バスキュール橋
(Crook Point Bascule Bridge)

クルック・ポイント・バスキュール橋 (あるいはシーコンク川可動橋 (Seekonk River Drawbridge)) は機能していないシェルツァー・ローリング・リフト型式の鉄道橋で、 シーコンク川にかかり、 ロード・アイランド州プロビデンス市とイースト・プロビデンスを接続している。 1976 年に放棄されて以来、開放状態に刺し止められて (stuck)、 近くの住民から 「お高くとまった (stuck-up) 橋」 と呼ばれ、 幾分、都会衰退の地元の偶像のようになっている。

クルック・ポイント・バスキュール橋 位置
  1. 歴史
  2. 衰退
  3. 未来
歴史

クルック・ポイント・バスキュール橋はイースト・サイド鉄道トンネル・プロジェクトの一部として、 1908 年に建設され、 ニューヨーク・ニューヘイブン & ハートフォード鉄道により、昔のユニオン駅との直接接続が提供されることになった。 橋はシカゴのシェルツァー・ローリング・リフト橋梁会社によりデザインされ、 全長が 850 フィート (260 km) あり、 64度 の角度まで上昇して、 幅 125 フィート (38 m) の水路を開く。 鉄道使用が 1970 年代に衰退し、ユニオン駅を取り壊すことが計画された時に その結果、イースト・サイド鉄道トンネルとシーコンク川可動橋は 1976 年に見捨てられ、 橋は現在の開放状態に固定され、河川交通を通している。

訳注
ユニオン駅はまだ残っています。現在の鉄道駅はユニオン駅よりずっと小さく、少し北のプロビデンス駅です。
駅、トンネル、橋の地図
衰退

橋が見捨てられてからは、 橋は落書き、 バンダリズム、芸術、考古学的興味の対象になった。 橋の西の入口はガーノ・ストリート (Gano street) とウィリアムズ・ストリート (Williams street) の交差点の近くの運動場から出る地道によって 簡単に近づける。 軌道の木造部品は腐ったり焼失したりしており、 色々な電気ケーブルは接続が立たれているが、金属の構造は無傷である。 もっとも、これは錆びている。 これらの要因の組み合わせにより、色々な人を軌道に引き寄せ、 可動橋を登るものさえいる。もっともこれはとても危険な状態である。 近くの大学生は橋を呼び物にした写真プロジェクト、ドキュメンタリー、 調査も実施した。ブラウン大学の考古学の学生の調査では橋は 1976 年以来、 体育競技の入門の中心地、 パンク反体制文化の集会、 あるいは自殺場所として機能したことを示唆している。

未来

2003 年、ブラウン大学大学院生のロバート・マンチェスター (Robert Manchester) はクルック・ポイントの開発を呼び掛ける $3000万 の計画を提案した。 これには橋の東の接地点が含まれている。 彼の提案の呼び物としたのは、 橋とトンネルを軽鉄道用に再開し、 イースト・プロビデンスからセイヤー・ストリートとプロビデンスのダウンタウンへの通勤に使用することであった。

2006 年 5 月に、デイビッド・シシリーン市長 (Mayor David Cicilline) は 「交通 2020」 (Transit 2020) を組織した。 これは顧問グループで RIPTA の幾つかの制約を克服するための プロビデンスの代替の交通解決を見つけるためのものであった。 「交通 2020」 の最初の報告に含まれていたのはイースト・サイド鉄道トンネルとシーコンク川橋を 軽鉄道やバスの高速交通システムの回廊として使用する可能性の分析であった。

訳注
RIPTA = Rhode Island Public Transit Authority = ロードアイランド州公共交通局