ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

University Heights Bridge - Wikipedia

ユニバーシティ・ハイツ橋: Google map

ユニバーシティ・ハイツ橋
(Unversity Heights Bridge)

ユニバーシティ・ハイツ橋はハーレム川を横断し、 マンハッタンのインウッド (Inwood) の近辺のウェスト 207 番ストリート (West 207th Street) をブロンクスのユニバーシティ・ハイツのウェスト・フォードハム道路 (West Fordham Road) に接続している。 鋼製トラスの回転する旋回橋はニューヨーク市輸送局により操業・保守され、 双方向に 2 車線を通し、橋の南側には側道がある。 かっては、今や退役したニューヨーク州ルート 9x を通していた。


メトロ・ノース鉄道のユニバーシティ・ハイツ駅から (2014 年)

橋には 3 基の石の橋脚があり、進入スパンは鋼でできている。 側道には 4 ヵ所のシェルターがあり、鋳鉄製の柱が付いている。 一方橋自身には飾り立てた鉄の手すりと石のあずまやがあって、優雅な外形がある。

訳注
  1. シェルター: ストリートビュー
  2. 石のあずまや (stone pavilion): ストリートビュー
  1. 歴史
  2. 公共輸送
  3. ギャラリー
歴史

コンサルティング・エンジニアのウィリアム H. バー (William H. Burr) がアルフレッド・パンコースト・ボラー (Alfred Pancoast Boller) -- 美学にとりわけ責任を負った -- とポール W. バーゾール (Paul W. Birdsall) と共に橋をデザインし、 橋は 1893 年 - 1895 年に 「ハーレム船舶運河橋」 として元々の場所に建設され、 その場所はアッパー・マンハッタンとマーブル・ヒル (Marble Hill) の間にあった。 橋は新しい 2 階建ての橋と交換され、 IRT の 「ブロードウェイ・7 番街線」 を通すことになった。 そこで橋を切り離して浮かべ、 ハーレム川を下って (1906 年 6 月)、 現在の場所に移動した。 ここで中央橋脚に設置され、 追加スパンが西側の進入路に加えられた。 すべては主任技術者のオスニエル F. ニコルズ (Othniel F. Nichols) の監督の下に実施された。 橋は 1908 年 1 月 8 日に開通した。

1984 年 9 月 11 日に橋は 「ランドマーク保存委員会」 (Landmark Preservation Commission) により 「ニューヨーク市のランドマーク」 に指定された。

新しくて幅の広い橋が 1989 年から 1992 年にかけて建設され、 衰退するそれ以前の橋に取って代わった。 新しい橋は元の橋の格子造りの一部を使用した。

2008 年 6 月 12 日に 「ニューヨーク市橋の百年祭委員会」 はパレードを組織して、 橋の 100 周年記念をした。イベントにはブロンクス区長のアドルフォ・カリオン・ジュニア (Adolfo Carrión, Jr.) とマンハッタン区長のスコット・ストリンガー (Scott Stringer) が列席した。

公共輸送

ユニバーシティ・ハイツ橋は MTA ニューヨーク・シティー・トランシット (MTA New York City Transit) が操業するバスルート Bx12 を通している。 Bx12 は地方路線としても、 「Bx12 選択バス・サービス」 (Bx12 Select Bus Service) と呼ばれる急行バスとしても操業されている。

ブロンクス側では橋は歩行者道を経由して メトロ・ノース鉄道のハドソン線 (Hudson Line) の ユニバーシティ・ハイツ駅へのアクセスも提供している。

訳注
駅への降り口 (Google 3D)
ギャラリー
東からの光景 側道のシェルター 北からの光景