ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Market Street Bridge (Chattanooga) - Wikipedia

マーケット・ストリート橋: Google map 3D

マーケット・ストリート橋 (チャタヌーガ)
(Market Street Bridge (Chattanooga))

マーケット・ストリート橋は公的にはジョン・ロス橋 (John Ross Bridge) と呼ばれ、 バスキュール橋でテネシー川にかかり、テネシー州チャタヌーガと北岸地区 (Northshore District) を接続している。 橋は 「北マーケット・ストリート」 (以前は US ルート 127 に指定されていた) を通し、 チェロキー族酋長のジョン・ロスの栄誉を讃えて命名された。 橋は 1917 年に経費 $100万 で完成した。 1970 年代中頃に US 127 の南の終端が数マイル北に移動し、 デイトン・ブールバード (デイントン大通り、Dayton Boulevard) とレッド・バンク (Red Bank) 郊外の シグナル・マウンテン・ブールバード (シグナル・マウンテン大通り、Signal Mountain Boulevard) の交差点に移動した。

マーケット・ストリート橋 位置

橋はコンクリート・アーチが中央の可動スパンをはさみ、 可動スパンは鋼製の二枚リーフの シェルツァー・ローリング・リフト型式のバスキュール機構を備えている。 1917 年の建設時には 300 フィート (91 m) の主スパンは世界で最長の ローリング・リフト・バスキュール・スパンであった。 車両交通には元々路面電車が含まれいたが、 橋を横断する路面電車の事業は 1930 年代に終了した。 橋は 1950 年に公式に 「酋長ジョン・ロス橋」 (Chief John Ross) と命名された。

橋は修復のために 2005 年に閉鎖されたが、2007 年 8 月 4 日に再開通し、 元々予定されていた 9 月の完成よりも早かった。

橋は 2010 年 12 月 20 日に 「国の歴史登録財」 に登録された。

1 年に 4 回、短時間の点検のために閉鎖され、 蝶番 (ちょうつがい) の機構がテストされる。 これは米国沿岸警備隊により命令されている。

橋のバスキュール・スパンが開放